フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

NKGIシリーズ第10戦

今回はロングボルダー。

1本目は垂壁で、2本目は110度壁から立体面を回り込んだところまで。

オブザベを行うが、2本目は早々にやばそうなので、1本目を重点的に行う。

コンペが始まり、順番が回ってきたので、もう一度軽くルートを見てから取り付く。

いきなり2手目と3手目を飛ばしてしまったが問題はない。9手目まで進んでクライムダウンにちょっと嵌る。

何とか降りてきて、しばらくはガバの連続だったので、軽快に進む。

が、23手目のデカホールドで腕がすごく張ってきた。しまった!ガバで休んでおけばよかったと思ったが、後の祭り...。

しかもスタンスが解らなくなり、無茶なクライムダウンをしてきたので、29手目のガバを取ったときにはもうヘロヘロ。レストしても回復しない。

何とか32手目まで進んだが、33手目に手を出そうとしたときによれ落ち...。

2本目は予想通り最初から難しくて、6手目をクロスで取りに行っったが、保持できずにフォール...。

むっちゃ難しい。

コンペが終わってからも挑戦するが、どちらも進展なし。

1本目は29手目から始めて終了点まで行けたので、落とせると思うが、2本目に関しては可能性すら見えなかった...。

来月は12/23に1周年記念のボルダーセッションがあるが、今のところ岩場へ行く予定があり、参加できそうにないので、今年のコンペはこれで終了。

はじめの頃はミドルで優勝をねらえるか?という位置にいたが、みんなどんどん上手くなり、今では最下位にならないか?という所まで落ちてしまった。

来年はもっと頑張るぞ!!

2007年11月27日 (火)

OCS

今日はOCSへ。

店内に入るなり、岩をもっとさんからお祝いのお言葉をいただく。(ありがとうございます。)

来られていたK中さんも話に加わられ、しばらく岩場の話や私の遠征についてしばらく話す。(岩をもっとさんは昔から私のHPを読んで下さっていて、きつーいお言葉(半分冗談だけど)もいただいた。)

岩をもっとさんは登りに戻られたが、K中さんともうしばらく話をしてから、ようやく着替えに行く。

降りてくるとT-ようこさんがおられたので、柔軟をしながらまた会話。

垂壁でアップしていると、ぶちょうが来られた。ここでまた岩場行きの件でぶちょうと話し込む。(どんだけ話好きやねん!登っているより、話している方が長い...。)

ぶちょうから課題を教えてもらって挑戦。初心者用に作ったので簡単らしい。

早速挑戦するが、結構難しい。1手目が保持できず、登りかけては降りることを繰り返す。

意を決して1手目をだましだまし保持して2手目を出すが、1手目がはずれてフォール。

「えー!!?」というぶちょうの声が飛ぶ中、何とか2手目を保持したが、そこからも難しくて完登ならず。(かなり悔しい...。)

もう一つ教えてもらうが、これも一撃できず、ますますへこむ。

でも課題は面白かった。

ぶちょうがトライしている赤テープにも挑戦するが、まったくお話にならなかった。

そろそろ右腕が痛くなってきたので、ぶちょうに「癒し課題」を作ってとお願いする。

するとトンネルに課題を作ってくれたが、一撃できず。

他にも課題を作ってもらったが、どれも登れず、ムーブを繋げるにとどまった。

垂壁でクールダウンして終了する。

2007年11月25日 (日)

備中3日目

今日は8時頃起床。

朝ご飯を食べて、今日も2ルンゼへ。

今日も2ルンゼは人が多く、その中にS野氏のグループもおられた。

何でアップしようと考える。入り口まで降りるのも面倒だし、「ダンゴのリズム(5.10c)」はちょっと苦手で、これを登ると腕が張って、しばらく登れそうにない。

よって今日も「半分バナナ(5.11b/c)」をムーブを確認がてら登ることにする。

3日目で体は疲れているはずだが、かえってそれで力が抜けていたようで、あまり腕が張ることなく「半分バナナ」を登れてしまった。

これは行けるのでは?と思い、続けて「バナナおくれ」に突入。

(注意:以下にムーブやルートのヒントを記載しているところがあるので、オンサイトを狙っておられる方は読まないで下さい。)

核心に突っ込みながらもまだ気持ちに余裕がある。いつも保持できなかったガバをつかんだ瞬間、右足が切れてしまったが、根性で耐えて無事クリップ。

ここでちょっとレストしてから遠いガバを取り、一気にハング下まで登ってクリップ。

後のムーブを頭の中でおさらいしながらレストする。昨日、ハング上の1本指ポケットを取り損なったので、位置を十分確認してから、ハング越えムーブに突入。

今回は距離もばっちりで、ポケットを保持。右手の1本指ポケットも保持できて、何とかクリップ。

遠目のガバを半分飛びつくように取りに行くと、これもがっちり保持できた。後は注意深くスタンスを上げて、終了点にかけておいたヌンチャクにクリップ。

「バナナおくれ」はここで終了だが、ルートは最上部の終了点も含めてクリップがまだ3つある。以前N貝氏と話したときに、「ルートが続いているのなら登った方がいいやん!」と言われていたのでここでテンションはかけず、レストしながらムーブをおさらいする。

さてスラブに突入。ここだけやれば5.10aも無いのだろうが、疲れた体にこのスラブはつらい!!

次のピンまでは問題ないが、その次のピンまでがちょっとやばかった。

何とか終了点1ピン前までクリップしてレスト。後は終了点のみ!

焦ってフォールしては今までの苦労が水の泡なので、ゆっくり気持ちを落ち着かせる。

最後のムーブをこなして終了点にクリップ。1つのカナビラにクリップ出来たが、遠い方のカナビラまで微妙に距離が足りない。

一旦深呼吸してスタンスを動かし、もう一つのカナビラにもクリップ。

やったー!!登れた!!あまりのうれしさに終了点で大騒ぎしてしまった。

(以上でムーブやルートの事を書いた部分は終わりです。)

通算5日の6便(「半分バナナ」のトライ数や本気トライでないヌンチャク掛けは除く)で完登できたのは私にあっていたからだと思う。

降りしなに左の方を見ると、ふゅきゃ君が「身の程知らず(5.12b)」に登られていたので応援。

残念ながらテンションがかかってしまったが、すでにワンテン(だったと思う)に持ち込んでいた。(すごいなぁ...。)

朝一番に今回の目標が達成してしまったので、後はまったりと過ごす。

昼過ぎにS野氏やO田氏などが挑戦されていた「寺島ルート(5.12a)」を登らせてもらう。

このルートは大好きなので、2ルンゼに来るたびに登っていて(すでに30回以上は登っているかも?)、ホールドも覚えてしまっているので、楽しく登れた。

BOTCHさんやドムさんはそれぞれ新しいルートにトライを始められており、BOTCHさんはなんと「バナナおくれ」を2便でRPされてしまった。

(やっぱりうまいなぁ。)

071125_15300001

(「象の鼻(5.11a)」を登るドムさん)

071125_16180001

(「バナナおくれ」(「半分バナナ」の部分)を登るBOTCHさん)

071125_16380001

(「バナナおくれ」を2撃でRPしたBOTCHさん)

071125_16080001

(じゃろう岩から戻ってきて再び「身の程知らず」を登るふゅきゃ君)

ひがぴょんさんもトライ中のルートで何か掴んだようだった。

4時半頃終了し、暗くなったアプローチを下る。

小屋で、まだもう少し滞在される山梨のK氏達やヤナ兄さんに挨拶をし、BOTCHさんとドムさんとの別れを惜しみながら帰阪する。

今回は「バナナおくれ」を落とせたが、一緒に登ってくれた人たちなど、周りの環境がよかったのだと思う。

BOTCHさん、ドムさん、ふゅきゃ君、本当にありがとうね!

BOTCHさんとドムさんには、九州に行くときにお世話になりますので、またよろしくお願いしますm(_ _)m

2007年11月24日 (土)

備中2日目

7時に起床。小屋に行くがみんなまだ寝ていて、早すぎたようだ。

昨日の鍋の残りでラーメンを作って朝ご飯。

今日も2ルンゼに行く。ふゅきゃ君はアップだけしてT末氏とじゃろう岩へ移動された。

「半分バナナ(5.11b/c)」でアップ。ワンテンで終了点まで登り切る。

J氏とSさんが来られたが、昨日飲み過ぎたようで、顔に覇気がなかったし、登りもしんどそうだった。

昼前に「バナナおくれ」の本気トライ。今回は核心の1手が止まったが、次の1手を取れば休めるというホールドにあと少し届かずフォール。

HDで休んでもう一度核心部に挑戦するがロープに足が入ってしまいそうになるのが嫌でばたばたしているうちに腕が張ってしまい、また同じところでフォール。

次で抜けたが、ハング越えで失敗してまたフォール。

計3テンで終了点まで登り切った。

071124_09580002

(「バナナおくれ」を登るyukio)

昼ご飯を食べたあと、ひがぴょんさんのビレイや来られていたY氏のビレイ、他の人の登りを観戦する。

ドムさんのRPを封切りに、BOTCHさん、ひがぴょんさんも挑戦していたルートをRP。私だけがRP祭りに取り残されてしまった。

071124_15150001

(「奥の手(5.10d)」を登るドムさん)

071124_15210001

(見事RP!)

071124_16390001

(「濡れた豆(5.12a)を登るBOTCHさん)

071124_16450003

(BOTCHさんも見事RP)

今日も2ルンゼは混んでいて、「半分バナナ」に挑戦される方も何人かおられた。なかなか調子が乗らない私は、どんどん順番を入れていたら暗くなってしまった。

どうも気が乗らないので、「半分バナナ」だけでも登ろうと思ったら、3-4ピン間でスタンスが見えなくなり、フォール。何とか「半分バナナ」の終了点まで登り、終了する。

後片付けをしていると私とBOTCHさん、ドムさんが最後だった。暗いアプローチを怖々下り小屋に戻る。

小屋はふゅきゃ君が一旦家に帰られた以外は昨日のメンバー。キャンプサイドにU辺氏とM田さんも来られていた。

晩ご飯を食べてしばらく話をしていると、10時頃にふゅきゃ君が自作のケーキを持って戻ってこられた。みんな大喜びでおいしくいただく。

11時前まで話して就寝する。

2007年11月23日 (金)

備中1日目

九州からBOTCHさん達が来られるので、備中へ行く。

用瀬に1時頃到着し、9時頃まで車で寝る。車から出るとBOTCHさん達も来られており、車で寝ておられた。

朝ご飯を食べるために小屋に行くと、小屋の前に大きな犬が。動物好きのひがぴょんさんとでちょっと遊んでから小屋の中に入る。山梨から来られていたK氏達がおられ、その方が連れてこられた犬だった。

朝ご飯を食べていると、BOTCHさん達も来られたので、ご挨拶。ヤナ兄さん達も来られて2ルンゼに行かれた。

私たちもご飯を食べて2ルンゼへ行く。

まずは「ダンゴのリズム(5.10c)」でアップ。岩が冷たくて、体が動かず、ほぼ正対で登ってしまったので、テンションこそかけなかったが、腕はパンパン...。

一人大汗をかいていたので、みんなから「え?なんで?」という目で見られた(^^;;

てつさんが来られて、「濡れた豆(5.12a)」に挑戦されていたので、ちょっと悩んだが、今回は「ばななおくれ(5.12a/b)」に挑戦することにする。

まずはヌンチャク掛け。前は「半分バナナ(5.11b/c)」より上の部分はヌンチャクが残置されていたが、回収されていたので、初めてのマスター。

テンションをかけ、ムーブを確認しながら、最後の終了点までヌンチャクをセットする。

ふゅきゃ君も来られ、「身の程知らず(5.12b)」に挑戦されていた。

071123_15070001

(「身の程知らず」を登るふゅきゃ君)

BOTCHさんは「濡れた豆」、ドムさんは「奥の手(5.10d)」に挑戦されていた。

071123_15050001

(「濡れた豆」を登るBOTCHさん)

昼ご飯を食べるために一度小屋に戻ってから、「バナナおくれ」の本気トライ。

「半分バナナ」は登れたが、力を使いすぎたようで、レストしても回復しない...。

意を決して登り始めるが、核心でフォールしてしまう。そこからやり直し、1テンで抜ける。

もう1便出す力も時間もなくこれで終了。あとはビレイや他の人の登りを観戦する。

4時半頃終了し、風呂に入ってからひがぴょんさん、ふゅきゃ君と3人で買い物へ。

今日はシェフふゅきゃ君による牡蠣鍋。これがまたむっちゃ旨かった。食後はこれまたふゅきゃ君手製のケーキで超満足。

小屋には私たち3人とBOTCHさん達2人、山梨のK氏達2人、京都から2人、OCS組の3人で計12人。

9時半頃まで盛り上がったが、みんな眠たかったので、就寝する。

2007年11月21日 (水)

ナカガイクライミングジム

今日はナカガイクライミングジムへ行く。

K中さんが来られていたので、少し話をする。

用意をして壁の方へ行くとH川さんがおられたので、またまた話し込む。先週末に備中で「水の泡(5.12b)」を落とされたそうだ。(すごいなぁ...。)

しばらく話し込んでいたが、ようやく重い腰を上げて登り始める。

今日も無理をせず、垂壁や石ころボルダーで以前に落とした課題を登る。

垂壁で青、緑、ピンクまでは問題ないが、深緑の核心でピンチすると手首が痛み出したので、断念。

まだ落とせていない黄色スラッシュも触るが、しばらく触っていなかったので、ムーブを思い出すのに苦労した。相変わらず最後の方の核心が抜けられず敗退。

石ころボルダーに移動してまだ落とせていない赤スラッシュと以前落としたことのある黄色スラッシュを触るが、お話にならなかった...。

(本当に黄色スラッシュを落とせていたのだろうか?)

垂壁に戻り、赤スラッシュと青スラッシュに挑戦するが、どちらも久しぶりなのでほとんど忘れていてOS状態。

案の定核心でしっかりフォールした。

S野氏にアドバイスをいただきながら、ムーブを繋いでいくと、青スラッシュは何とか登れた。(赤スラッシュはダメでした。)

S野氏はオレンジスラッシュをされていたが、ホールドを見ただけで断念...。むっちゃ悪いやん。

9時過ぎまでいろいろ登っていたが、週末まで疲れを残したくなかったので、早めに終了する。

2007年11月20日 (火)

OCS

久しぶりにOCSへ行く。

垂壁でアップするも、体がだるくて動きが悪い。5.10c(黒)でフォールしてしまったときはかなりヘコんだ。

ちょこちょこ課題を作って触るが、どれもダメ。

A-C壁の5.10bなら登れると思って取り付くが、途中で力つきてフォール。

調子が悪いときはいくら登ってもヘコむばかりなので、1時間ほどで切り上げる。

2007年11月18日 (日)

備中2日目

昨日早く寝たので、6時半には目が覚めてしまった。7時までゴロゴロしていたが、起きだしてご飯を炊いたり、メールをチェックしていると、車で寝ておられたM野夫妻が朝食のために小屋に来られたので、すこし話をする。

7時半頃になってみんなが起きだしてきた。

朝食を取って、後片付けをし、荷物を車に積んでいると出発が9時頃になってしまった。

今日は2ルンゼ。

岩場ではすでにM野夫妻がアップされており、ヤナ兄さんとM川さんも登られていた。

「ダンゴのリズム(5.10c)」は苦手なので、「寺島ルート(5.12a)」を登る。3回テンションをかけて無事終了点まで登り切った。

S手君が挑戦されるそうなので、「フェイス(5.11a)」にヌンチャクを掛けに登る。

久しぶりなのでどうかな?と思っていたが、今日は体が動く。自分でも驚くぐらいあっさり登れたが、終了点の安全環付きカナビラのスクリューが固かったので、ヌンチャクを使ってテンションをかけて終了点にクリップ。

後はビレイをしたり、登りを見てたりする。

Dsc00130

071118_12430001

(「ダンゴのリズム」に挑戦中のしのびちゃん)

071118_13220001

(同じく「ダンゴのリズム」を登るアニキ)

071118_13330001

(「フェイス」に挑戦中のS手君)

みんな久しぶりの岩場で疲れていたのと、アニキの家が和歌山なので、あまり遅くまで登っていると家に着くのが遅くなるので、早めに切り上げる事にする。

よって3時半頃「寺島ルート」の回収便を出す。

テンションをかけながら登っていくつもりが、真ん中の核心を越えられたので、再RP出来るかなと思ったが、最後の1手で力つき、フォール。次で抜けて無事回収できた。

071118_15260002

(「寺島ルート」を登るyukio)

4時頃終了し、小屋で荷物を整理して4時半頃大阪に向けて出発。

途中の総社で行きしにS手君が目を付けていたというラーメン屋で晩ご飯。小さな店だったが旨かった。

アニキ&S手君とは龍野西SAでお別れして、風呂に入ってから大阪に戻る。

今回はいつもと違う顔ぶれで登ったが、とても楽しかった。また一緒に行きたいと思う。

2007年11月17日 (土)

備中1日目

ひがぴょんさん、しのびちゃん、N田氏(以下アニキ)、S手君と備中へ行く。

メンバーの都合上朝出発。8時に十三でしのびちゃんを拾って、吉備SAでアニキとS手君と合流。イズミで買い物して長屋坂に着いたのがすでに2時前だった。

岩場にはヤナ兄さんとM川さんがおられただけで貸し切り状態。

まずは「ザグ(5.9)」でアップ。

071117_16260001

(「ザグ」を登るひがぴょんさん)

次に「プラナン1/10(5.9)」を登る。このとき痛めていた右手首がまた少し痛み、ちょっと不安になる。右手首に負担のかからないように、何とか登る。

しのびちゃんが「プラナン1/10」のOSトライをする。

Dsc00129

(「プラナン1/10」OSトライ中のしのびちゃん)

少し嵌りながらも、着実に登って行かれて、見事OSされる。おめでとう!!

「ミセスエリコ(5.10b)」、「スプリング(5.11a)」を登っておられたアニキとS手君も登り、問題なく完登される。(当たり前か...。)

最後にひがぴょんさんが回収で登られる。

しのびちゃんが「ザグ」に再び挑戦して、見事RPされる。おみやげ2つでとても嬉しそうだった。

アニキとS手君は「黒鳥の交差点(5.11c)」に挑戦。ブランクが長かったせいか苦労されていた。

071117_16200001

(「黒鳥の交差点」に挑戦中のS手君)

071117_16320001_2

(同じくアニキ)

どうしても登りたくなったので、「吹屋の娘(5.12c)」を途中まで登る。

何でもないところでワンテンかかってしまったが、楽しく登れた。

071117_16470001

(左「黒鳥の交差点」を登るヤナ兄さん、右「吹屋の娘」を登るyukio)

いい時間になったので終了する。

小屋に戻るとRyuta君のグループやM野夫妻などがおられてとてもにぎやか。

いろんな話をしながら騒いでいたが、私は眠たくなったので、9時に撃沈。(みんなは10時頃まで盛り上がっていたらしい。)

2007年11月14日 (水)

ナカガイクライミングジム

今週末備中へ一緒に行くしのびちゃんのリードの練習のため、有休を取ってナカガイクライミングジムへ行く。

昼過ぎに着いたが平日の昼間だけあってお客さんは1人だけだった。

垂壁でアップするが、日曜日の疲れがまだ残っているようで、体が重い...。

リード壁で練習していると、ケーブルテレビの取材が来た。

071114_14190001

しばらく取材の様子を見学したり、じゃまにならないように登ったりする。

北摂のケーブルテレビなので、私の住んでいる所では見られないのが残念だ。

取材の最後に私もインタビューされてしまった。(わー恥ずかしい)

その後もリード壁でしばらく練習して6時頃終了する。

2007年11月11日 (日)

武庫川ボルダー

T氏やしのびちゃん、にしむらさん達が武庫川ボルダーに行かれるという情報を聞きつけて、私たちも仲間に入れてもらうことにした。

初めての武庫川ボルダー...。どんなところだろう。

宝塚駅でしのびちゃんと合流。武田尾駅でT氏とにしむらさん達とも合流。

にしむらさん達は私たちが行くということを知らなかったので、少しびっくりされたようだ。

10時頃にOCSの面々が来られたので、岩場に向かって移動する。

アプローチの廃線のハイキング道をてくてく歩いていると、気候がいいせいか、多くのハイカーとすれ違った。

河原に降りて、武庫川ルーフに到着。この岩を初めて見て思ったのが、「でかいし、すごくかぶってるー!!」

071111_11010001

私はかぶりが苦手なため、かなりどきどき...。

岩場は混んでると思っていたが、この日は私たち(11人)だけで、後からD氏の知り合いの2人来られただけだった。

みんなが左端の6級でアップされるので、私はT森氏がアップで登られていた、「猿回し(2級)」の途中からスタートする3級の課題でアップする。

早速登り始めるが、2手目の右手デッドに躊躇して一撃ならず。

2,3回トライして、右手をデッドしない方法で、何とか完登する。

「猿回し」にも挑戦するが、1手目が遠いので、右手のギャスで中継をしようとしたら、痛めていた右手首に激痛が走り、断念。

左端の6級にも挑戦。D氏にホールドを教えてもらって取り付くと、これは楽しく登れた。

その隣の4級にも挑戦。上部までは結構素直に登れたが、右に抜けるのがかなり怖かったため、左に逃げてしまった。

昼ご飯を食べてからトポを片手にエリアを見て回る。

トポの中で一番遊歩道に近い岩を登ることにする。

6級と5級があり、どちらとも楽しく完登。向かいにある岩の課題「きん斗雲(2級)」は見ただけ敗退...。

武庫川ルーフに戻って「ベビーハング(3級)」に挑戦。

みんながやっているムーブは右手デッドになるので、みんなと違うムーブで1手目を保持。

が、ここから動けなくなって、失敗。

何度か挑戦してもう少しというところまで登るが、結局敗退。

071111_16100001

(「ベビーハング」を登るひがぴょんさん)

「ベビーハング」と同じスタートで直上する3級にも挑戦するが、こちらも敗退。

T氏、ひがぴょんさん、しのびちゃんが「きん斗雲」がある岩で遊んでいたので、乱入する。

T氏が作られたマントル課題2つで楽しませてもらった後、6級ぐらいのトラバース課題を設定。

この課題は3人だけでなく、後からこの岩に来られたD氏とT森、D氏の知り合いの方にも楽しんでもらえたようだ。

D氏がリップを限定した課題を設定されたが、これは激ムズで、完登者は出ず。1つホールドを追加したバージョンではT森氏が完登されていた。

D氏の知り合いの方が「きん斗雲」に挑戦され、見事に完登。いい物を見せてもらった。

武庫川ルーフの岩に戻り、再び「ベビーハング」に挑戦するが、腕がよれていて全然登れないので、終了する。

後はみんなのスポットに入ったり観戦したりしていた。

071111_16120001

(D氏にサポートしてもらい、6級に打ち込むしのびちゃん)

4時半頃撤収する。

今回は初めての武庫川ボルダーですごく楽しめた。

途中で20分ほど雨が降ったがあまり濡れないのか、乾きが早いのか、登りにはそんなに影響なかった。

ただ、私の右手首の調子がよくないので、思いっきり登れないのがちょっと悔しい。

また訪れたいと思う。

2007年11月10日 (土)

ナカガイクライミングジム

夕方からナカガイクライミングジムへ行く。

垂壁でアップするが、なんか調子が悪い。

ボルダーサーキット黄色テープでリハビリすることにする。

垂壁の課題は一撃できたが、110度壁の10番で嵌り、3回ほど挑戦して登れなかったので諦める。

ひがぴょんさんがほっしーのボルダー課題に挑戦していたのでちょっとつまみ食い。

垂壁にスローパー課題を作成。S野氏やM原氏も巻き込んで打ち込む。

ムーブは繋がったが、結局完登は出来なかった。

7時過ぎまで遊んで終了する。

2007年11月 9日 (金)

九州のちMONCO

手首の調子がよくないので、遠征は中止。

久しぶりにスハラさんの店「MONCO」に行くことにした。

一旦「 MONCO」に顔を出したが、おなかが減っていたので、向かいの店「九州」へ。

前から気になっていたのと、Ryuta君からおいしいと聞いていたので入ってみることにしたのだ。

店内は常連さんでいっぱいだったが、2席空いていたので無事入店。

馬刺しや豚の角煮などを頼んだがどれもうまい!!

ママさんや常連さんは気さくな方ばかりで、とても楽しい。

値段も安くてとても気に入った。

十分楽しみ、おなかもいっぱいになったので、再び向かいの「MONCO」へ。

私はお酒が飲めないので、スハラさんがソフトドリンクを作ってくれたがこれがまたおいしかった。

赤ちゃんの写真を見せてもらったり、会話を楽しんだりでとても楽しかった。

1時間ほど楽しんで帰宅する。

2007年11月 7日 (水)

ナカガイクライミングジム

垂壁でアップするが、右手首がまだ痛い。

週末に思いっきり登りたいので、今日は軽く登ることにする。

ちょこちょこ登りながら、T本氏やN貝氏達と会話を楽しむ。(話している時間の方が長かったなぁ...。)

9時半頃リードに転向。

ひがぴょんさんのビレイをした後、右手首を気にしながらも5.10b(黄色)を登ると楽しく完登できた。

それではと敗退覚悟で5.11a(赤)も登ると、こちらも完登。でも右手首を気にしながらだったので、無駄に力を使い、ちょっとやばかった。

10時半過ぎまでN貝氏と話をして終了する。

手首がなかなか治らへんなぁ...。

2007年11月 4日 (日)

駒形岩

1日しかないので、今日は烏帽子・駒形岩へ行く。

8時半に大阪駅で杉ちゃんと待ち合わせ。杉ちゃんとは1年以上会っていなかったので、本当に久しぶり。

私もひがぴょんさんも自然とテンションが上がる。

烏帽子岩入り口の車を止めるところに着いたが、すでにいっぱいで、1台分だけスペースが空いていたので何とか止められた。

すごい人が予想される...。

烏帽子岩に行くと、やはりすごい人がおられ、アップのルートは全て人が取り付いておられた。

岩場にはSのメンバーやS野氏、N家さんなどがおられ、少し話をする。

今日は3人ともリハビリ(お気楽?)クライミングなので、烏帽子では簡単なところは埋まっており、登れるところがなかったので、駒形岩に移動する。

烏帽子岩は日が当たって暖かかったが、駒形岩は日陰なので、結構寒い。

はじめ1組だけだったが、烏帽子から逃げてくる人が何人かおられ、最終的には結構にぎわった。

まずは「斜陽(5.9)」から登る。先週も登っているのだが、また3,4ピン間で嵌ってしまい、ゆっくり時間をかけて何とか完登。

TRにして杉ちゃんに登ってもらうが、1年以上のブランクでいきなり「斜陽」は厳しかったようだ。

次は「ちんけなボルト(5.10b)」を登る。前回ムーブを間違ってテンションがかかってしまっていたので、今回でリベンジを果たした。

次に「緑の光線(5.8)」を登る。はじめラインを間違えて、行き詰まり掛けたが、修正でき、楽しく完登。

昼ご飯を食べてから、「プロD」を登っておられた方がヌンチャクを残置されていたので、途中までお借りして「プロミネンス(5.11)」を登る。

核心までは問題なく登れたが、右手のデッドを躊躇して、核心部はチョンボで抜ける。(この核心で手首を痛めていたので、怖くなった...。)

後は慎重に終了点まで登り切った。

最後に「サイレントティアーズ(5.11a)」を登る。

下部は無事登れたが、核心部でムーブが解らず、フォール。

何回か試していると、S野氏がムーブを教えてくれたので、無事終了点まで抜ける事が出来た。

ひがぴょんさんや杉ちゃんのビレイをしているといい時間になったので終了する。(私たちが最後だった。)

久しぶりに登った杉ちゃんも楽しんでくれたようで、とてもよかった。(私たちも楽しかったし。)

2007年11月 3日 (土)

備中2日目

8時頃起床。

私たちが寝ている時にAKOさんのグループが来られていた。

AKOさん達は私たちが朝ご飯を食べているときに早々に出発された。

今日はふゅきゃ君が2ルンゼに来られると聞いていたので、2ルンゼで登ることにする。

岩場に着くとH田氏が登っておられた。久しぶりなので、ご挨拶。

「ダンゴのリズム(5.10c)」は苦手なので、「半分バナナ(5.11)」を登ることにする。

まだ、右手首が痛むので、テンテンで終了点まで登り切る。「バナナおくれ(5.12a/b)」はヌンチャクが回収されており、敗退すると回収できないので、今回はやめておく。

私が登っている時にマメオさん達が来られた。

ふゅきゃ君が来られて、「寺島ルート(5.12a)」にヌンチャクを掛けられたので、お借りして登らせてもらう。

真ん中の核心で失敗して、1テンで終了点1ピン下まで登るが、最後の右手デッドが出来そうになかったので、そこで降ろしてもらう。

マメオさんやふゅきゃ君、アラミさん達としばらく話したり、登りを見たりしていたが、夜に大阪で予定があるため、12時過ぎに終了する。

用瀬に戻って荷物を積み込んで出発したが、1つ目の橋を渡ったところで携帯を岩場に忘れてきたことに気づく。

慌てて戻り、岩場に行くとみんなから「どうしたの?」と聞かれて、とても恥ずかしかった。携帯はすぐに見つかった。(よかった気づいて...。)

今度こそ帰阪する。

2007年11月 2日 (金)

備中1日目

金曜日が休みだったので、木曜日の晩に備中へ向けて出発する。

1時半頃に到着して車で寝るが、2人とも疲れていたようで、9時頃まで爆睡する。

朝ご飯を食べながらどこに行こうかと考えるが、私は右手首を故障しており、ひがぴょんさんは調子が悪いそうなので、なかなか決まらない。

しばらくうだうだしていたが、S田マンが金曜日に羽山に行くという情報を得ていたので、ヌンチャクがかかっていたら遊ばせてもらおうと羽山へ行くことにする。

羽山に着くと誰もいない...。気候も壁の状態もすごくいいので、登りたかったが、右手がこの状態では抜けられない可能性もあるので、やめておく。

そこで、久しぶりに羽山の洞窟に入り、20分ほど楽しむ。

次にトイレ近くのトンネル手前にある天然記念物であるらしい「逆層」を見に行く。普通は海底などで出来た石灰岩層の上に凝灰岩層が出来るのだが、ここでは凝灰岩の層の上に石灰岩の層があるらしい。

河原まで降りて確認する。河原から見る渓谷の紅葉はすばらしく、しばし鑑賞する。

このまま観光するにはあまりにももったいないので、ちょっとでも登ろうと長屋坂へ移動。紅葉がくきれいだったので、途中で車を止めて写真を撮る。

071102_14070001_5 071102_14170001_3 

長屋坂にもう少しで着くというところでS田マンの車とすれ違う。長屋坂でアップしていたそうで、これから羽山へ行くそうだ。

長屋坂も誰もいない。まずは「スプリング(5.11a)」を登る。

下部が崩れてから登っていなかったので、1年半ぶりぐらい。

崩れたところはガバが近くなったので、私には登りやすくなったように感じる。

3ピン目付近のガバが固めてあるにも関わらず、ぐらついていたので、また崩れるかもしれない。

中間部で少し嵌りかけたが無事完登する。

やはり右手首が痛いので、簡単なルートを登ることにする。

「ザグ(5.9)」、「プラナン1/10(5.9)」を登る。

今日は平川で「備中神楽」があるため、早めに終了。

5時頃用瀬に戻り、風呂、夕ご飯を済ませて平川コミュニティセンターへ移動する。

7時過ぎから神楽は始まった。

神楽とはどんな物か解らずに見に来たが、迫力もあり笑いもあり、餅やお菓子を撒いたりと、とても面白かった。最後のやまたのおろちと戦うシーンはとてもよかった。

071102_19530003_3 071102_20130001

(やまたのおろちの写真は携帯の電池切れのため、撮れませんでした...(T_T))

また途中の漫談のネタは地域密着型であったが、私たちでもとても笑わせてもらった。

今回はたまたま私が休みだったので見られたが、また機会があれば是非見たい。

神楽は10時に終了し、用瀬に帰って寝る。

トップページ | 2007年12月 »