フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« OCS | トップページ | 帝釈2日目 »

2007年12月 8日 (土)

帝釈1日目

帝釈へ行く。

2時半頃霧降山荘に到着し、荷物の運び込みや寝る準備をしていたら、寝るのが3時頃になってしまった。

I村夫妻が山荘に来られた時に目が覚める。時間を見るとなんと10時半!!寝過ぎたー!!

飛び起きて朝ご飯を食べて、出発する頃には11時半だったので、行こうかと思っていた第一道場は諦めて、I村夫妻が行かれた一の壁へ行くことにする。

山荘を出た時は日が照っていて暖かかったが、岩場に着いたときには曇ってしまっていて結構寒かった。

071208_12590001

(一の壁。周りに木が茂っていて、全体が撮せない。)

早速「ノドン1号(5.8)」でアップ。相変わらず気の抜けない5.8だ。

少し休んでからI村夫人が登っておられたヌンチャクをお借りして、「ムササビグライド(5.11a)」を登る。

岩が冷たくて手の感覚が無い...。それでも何とか終了点2ピン前まで登るが、ホールドを間違えてフォールする。

最終ピンでもテンションをかけて、終了点まで登り切る。

071208_13230001

(「ムササビグライド」を登るyukio)

I村氏は「スカッドB(5.11d)」を登られていた。

071208_161602

(出だしの棚で話をするI村夫妻)

071208_14060001 

(「スカッド」を登るI村氏)

071208_15020001_2

(「ムササビグライド」を登るI村夫人)

I村氏から「スカッド」を登りますか?と勧められたが、あまりにもホールドが悪そうだったので、隣の「Bad Lack For You(5.11c)」を登ることにした。

マスターOSで取り付くが、2-3ピン間で早々にテンション。後はボロボロ...。ピンごとにテンションをかけていくし、核心では数え切れないほどフォールした。

それでも何とか終了点までムーブを繋いだ。

4時を回り、もう1本登ると暗くなってしまうので、片づけをして山荘に戻る。

東城温泉で汚れを落とし、山荘で夕飯を食べているとS木君が来られた。今日は備中で登っておられたらしい。

5人でしばらく話をしていたが、みんな疲れていたので、10時頃就寝する。

« OCS | トップページ | 帝釈2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/9334892

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈1日目:

« OCS | トップページ | 帝釈2日目 »