フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« 帝釈1日目 | トップページ | OCS »

2007年12月 9日 (日)

帝釈2日目

7時頃目が覚める。

朝ご飯を食べて、荷物を片づける。

I村夫妻は今日も一の壁か前面岩、S木君はM田さんから誘われていることもあって、備中のニューエリアに行かれた。

私たちは、マメオさんが来られるそうなので、第一道場へ行く。

備中で楽なアプローチに慣れてしまっていた私たちには、岩場へのアプローチは結構しんどかった。またアプローチが枯れ葉に覆われて滑りやすかったのもしんどかった原因だろう。

岩場で休んでいると、マメオさんとあらみさんが来られた。

早速ヌンチャクがけを兼ねて、「バラクーダ(5.12a)」でアップ。

何回かテンションをかけながら「バラクーダ」の終了点に到着。そこから「しゃくとり大先生(5.12c)」の終了点までトラバース。

後は「しゃくとり大先生」にヌンチャクをセットしながら降りてきた。

ひがぴょんさんのビレイをした後、昼ご飯前にと「しゃくとり大先生」の1便目を出す。

出だしでいつものように悩みながら登り始める。スタンスを間違っていることに気づいたが、問題ないと思って手を出すと足が滑って落ちてしまった。

まだ1ピン目もかけておらず、ランディングが悪かったので、崖の方に滑っていく...。とっさに左足を木に引っかけて、滑落は防げた。

無事だったからよかったが、一歩間違えれば崖下の川にビレイヤーであるひがぴょんさんも引き連れて落ちて、大事故を起こしてしまう所だったので、安易に登ったことを深く反省する。

左足が痛かったので、少し悩んだが、もう一度登る。

今度はスタンスを確認して、無事1ピン目にクリップ。何カ所かホールドを忘れていて、前登ったときよりもかなり力を使いながら、核心部1ピン前まで登るが、力つきてテンションをかける。

核心部手前まで登るが、ホールドが欠けていることに気づく。私は使わない場所なので影響はないが、困る人もいるのでは無いだろうか。

核心部のムーブを何度か試していたが、左足に違和感を感じたので、一旦降ろしてもらう。

私が登っている時にU野さんとYちゃんが来られた。

071209_11490001

(「アナコンダ(5.12b)」を登るマメオさん)

071209_13540001

(「ケロケロ(5.11a)」を登るあらみさん)

071209_14010001

(「バラクーダ」を登るU野さん)

071209_14510001

(「ケロケロ」を登るYちゃん)

しばらく休んでから2便目を出す。が、6ピン目で早々にテンション。ここで落ちたことが無かっただけにかなりショック。

気を取り直して登り始め、もう1回テンションをかけて核心部に到着。

071209_14530002_2

(「しゃくとり大先生」を登るyukio)

そこから怒濤のトライが始まったが、結局核心部は越えられず、チョンボして登る。

後は各駅停車で終了点まで登り切り、回収して降りる。

しばらくみんなの登りを見ていたが、マメオさんのグループが終了されたので、まだ登っておられたU野さんやYちゃんに挨拶をして岩場を後にする。

今回は一歩間違えれば大事故になりかねないグランドをしてしまい、本当に情けなかったし、申し訳なかった。気が緩んでいたところがあったと思うので、気を引き締め直して、安全に配慮しながら登りたいと思う。

« 帝釈1日目 | トップページ | OCS »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

ホンマ一歩間違えば大事故になってたなぁ。
私も含め慣れと気の緩みには充分気をつけなあかんってことです。

大事に至らなくて何よりです。足とかは大丈夫ですか?あとから痛みがきたりするかもしれないので・・・。
本当にクライミングは、ちょっとした油断で大事故につながるので、お互いに気をつけましょうね。

ご心配をおかけして、申し訳ありません。
体の方は全然問題ありません。
「1ピンまでは落ちてはいけない」と散々人には言っておきながら、気の緩みから自分がやってしまって、本当に情けないです。
今後はもっと気を引き締めて、安全面に気を付けながら登ろうと思います。

ご無沙汰してます。久々に日記覗いたら雰囲気変わってますね~
ところで1ピン目で落ちたときに危険な場合は、0ピンを取ると安全です。今回のような場合はビレイヤーも自己ビレイ取った方がいいでしょうね。取る場所ないと困りますけど。。。
私も人事ではありません。防御策を常に取れるようにしたいと思います。

>youkoさん
ご無沙汰しております。
そうですね、安全には気を付けないといけないですね。
「しゃくとり大先生」にはセルフビレイを取るためのボルトが設置してあるので、いつもはビレイヤーがセルフビレイを取っているのですが、このときたまたま忘れていたようで、かなり落ち込んでいました。
いつも最悪の事態を考えて、より安全に登ろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/9335161

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈2日目:

« 帝釈1日目 | トップページ | OCS »