フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 九州遠征3日目 | トップページ | 備中(九州遠征の帰り) »

2008年1月 5日 (土)

九州遠征4日目

8時のアラームで目が覚める。ぐっすり眠ったはずだが、体調は快復していなかった。

朝ご飯を食べた後、ひがぴょんさんは私の体調を気遣って、備中で登ろうかと言ってくれたが、折角九州まで来ているのに、私の体調のせいでひがぴょんさんまで諦めさすのはとても出来ないので、今日も平尾台で登ることに決定。

今日も平尾台は日が当たっていて暖かい。

今日はすでに先客がおられた。関東から来られている2人で1人の実家(鹿児島)に帰省された帰りに寄られたらしい。

この2人はかなり登られる方で、難しいルートをガンガン登られていた。

私はというと、まずは「ビックトゥモロウ(5.9)」でアップ。

次に「お不動さん(5.11b)」を登る。体調が悪い割りには体が動き、無事再RP。

080105_12240001

(「お不動さん」を登られるひがぴょんさん)

今回のツアーで「虹を登る男(5.12b)」を触りたかったのだが、体調が悪いときに触っては勿体ないと、今回はやめておく。

岩場にもう一組親子が来られた。前回のツアーでお会いした方で、息子さんはビレーのためのみに来られたそうだ。

前回のツアーで「お不動さん」のOSが出来なかったので、BOTCHさんから「シャーク(5.11b)」のOSのミッションが出ていたが、OSはひがぴょんさんに譲って、私は一撃ねらいにする。

080105_13350001

(「シャーク」を登るひがぴょんさん)

ひがぴょんさんのビレイの後、早速挑戦。

薄かぶりのガバガバルート。実は私はこういうのが苦手である。

途中でレストを挟みながら終了点1ピン前までクリップ。この時点で上腕はパンパン。でも終了点は目の前なので落ちるわけにはいかない。

最後の力を振り絞って(ちょっと大げさ!?)、最後のムーブをこなし、終了点にクリップ。

無事一撃で登れた。

休んでいると、3時頃に親子の方は帰られ、関東の方も帰る準備をされていた。

私たちも九州から一気に帰るのはしんどいと思い、今日中に備中へ移動する予定だったので、まだ早いが撤収する。

鍾乳洞の売店ではゴールちゃんとキック君のお見送り。

この3日間でひがぴょんさんはキック君の頭をなでるまでになつかせていた。(私は無理だった...。)

お店の方に挨拶をして駐車場へ戻り、備中へ向けて移動する。

途中でお風呂に入ったり、買い物をしたり、晩ご飯を食べたりして、用瀬の小屋に着いたのが、10時過ぎだった。

小屋には朋さん、T-ようこさん、I川氏がおられ、しばらくはなした後、久しぶりに足を伸ばせて寝られた。(畳の上はいいなぁ...。)

« 九州遠征3日目 | トップページ | 備中(九州遠征の帰り) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/9772755

この記事へのトラックバック一覧です: 九州遠征4日目:

« 九州遠征3日目 | トップページ | 備中(九州遠征の帰り) »