フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

« 九州遠征1日目 | トップページ | 九州遠征3日目 »

2008年1月 3日 (木)

九州遠征2日目

8時頃目が覚める。日は照っているものの今日も寒い...。

朝ご飯を食べてから岩場へ移動する。

昨日の相談で上部エリアに行こうということになっていた。

走り始めると、道にだんだん雪が目立ち始めてきた。

080103_12060001

(だんだん雪が多くなる...。)

下部エリアの駐車場は雪で埋もれている。

えーっと思いながらも車を走らせていると下部エリアから3つくらいカーブを登ったところで車が動かなくなった。

スタッドレスタイヤを履いているにもかかわらず、凍結のためスリップしていた。

チェーンを巻いたら登れないことも無いかもしれないが、下りの方が怖いので断念。

080103_12110001

(凍結した道路。もう少し上がったところで車が進めなくなった。)

何とか下部エリアの駐車場まで戻り、空身で岩場まで見に行ってみることにした。

080103_12040001

(下部エリア入口)

雪を踏みしめながら岩場に向かうが、岩は濡れていたり、つららが垂れていたりしていて登れそうなルートもあったが、何よりもあまりに岩が冷たすぎて感覚がなく、登っても楽しくないだろうと思い、ここも断念する。

080103_114601

(岩にはつららが...。)

080103_114702

(残念そうにルートを見つめるひがぴょんさん)

080103_114902

(やけになって(?)つららを食べるひがぴょんさん)

080103_115801

(アプローチから見た風景)

テントを張っている場所まで戻り、テントを撤収。平尾台に移動する。

080103_13090001

(八面山のトイレ近くにいる、とても人なつっこい犬と別れを惜しむ)

前回も感動したが、カルスト台地がとても綺麗だった。

080103_145901

080103_14590002

(平尾台のカルスト台地)

千仏鍾乳洞に4時頃到着。この時間からは登れないので鍾乳洞に入ってみることにした。

入場料(800円/1人)を払い、途中から水に浸かるそうなので借りた草履に履き替えて出発。

080103_15150001

(千仏鍾乳洞入口)

ここの鍾乳洞は今まで見てきた鍾乳洞と異なり、鍾乳石はあるが、どちらかと言えば石灰岩が地下水によって削られた洞窟の様な感じだ。

700m程行くと川が道になる。冷たいだろうなと思いながら川に入るが、洞窟の中の水も外気には関係ないようで、そんなに冷たくはなかった。

そのままじゃぶじゃぶと200m程進んでいくと「地獄門」と呼ばれる天井が極端に低くなっているところがあった。

その先には「一の滝」があるらしく、水の音が響いている。

滝を見ようとして「地獄門」をくぐろうとしたが、どうしても濡れないと行けないようで断念する。

鍾乳洞から出るとクライマーらしき2人がおられたので、話をしてみる。

横浜から来られたそうで、明日には帰られるらしい。岩は乾いているが、今日の岩場は寒かったそうだ。

BOTCHさんから止まれるところ(車泊)を2つ聞いていたので、確認してみて、岩場近くの駐車場で車泊する事にする。

曽根まで降りて、「曽根の湯」でお風呂に入り、買い物をしてから駐車場へ戻る。

車の隣で晩ご飯を食べて、10時頃就寝する。

« 九州遠征1日目 | トップページ | 九州遠征3日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/9772643

この記事へのトラックバック一覧です: 九州遠征2日目:

« 九州遠征1日目 | トップページ | 九州遠征3日目 »