フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ナカガイクライミングジム

天気が不安定だったのと諸事情で今週末の遠征は中止。

昼からナカガイクライミングジムへ行く。

垂壁でアップした後、前回のコンペ課題の復習。

第三課題に打ち込むが、2手進んだものの、4手目が取れない。

第四課題は2手目すら取れなかった。

第五課題はやはり4手目が取れず進展なし。

リードに転向して5.9~5.10bくらいの簡単なルートを3本くらい登る。

また第三課題に戻り打ち込む。指が痛くなるので1トライするたびに10分くらい休みながら打ち込んで、ようやく完登。

5時半頃まで遊んで終了する。

2008年5月29日 (木)

NKGIシリーズ08第5戦

NKGIシリーズ08第5戦に参加する。

6時半頃に到着するが、すでに駐車場はいっぱい。何とか車を止めて中に入ると凄い人だった。

軽くアップをしてオブザベを行うが、今回も難しそう。

7時半過ぎからコンペが始まった。

第一課題は最後の一手が遠いかなと思っていたが、登ってみると意外に遠くなく、無事完登。

第二課題は3手目が危なかったが、何とか完登できた。

第三課題は2手目が微妙に遠く、下の足からは届かず、スタンスを上げると狭い。スタンスを上げるとバランスが悪かったので、下の足から飛びついてみたが、2手目が保持できずフォール。

第四課題は3手目のクロスを取ろうとした時に失敗してフォール。

第五課題は3手目まで何とか保持できたが、4手目がかなり遠い。いろいろ考えてムーブを起こすが、4手目に届かずフォール。

うーん、難しかった...。

コンペが終わってから第三課題と第五課題を何回か登るが進展なし。

10時過ぎまで遊んで終了する。

2008年5月27日 (火)

ナカガイクライミングジム

7時頃着くと、すでに駐車場はいっぱい。何とか車を停めて中にはいると、結構人がおられた。

それでもばらけているので、順番待ちってほどでもなく、垂壁でアップをする。

赤テープ黒数字のボルダーサーキットが出来ていたので挑戦する。

1番は3撃目で完登。

2番は4手目が保持できず敗退。

メグちゃんやじゃまさんが4番の課題に挑戦しておられたので、混ぜてもらう。

私の好き系であるが、2手目に行けずフォール。何回か打ち込んで何とか完登する。

3番を触るが、形状保持から2手目が取れず敗退。

O田君やひろさん達が5番に挑戦しておられたのでよせてもらうが、かなり打ち込んで後半のムーブは出来たものの、前半が出来ずに敗退。

12番(だったと思う)は大好き系だが、体の固い私にはスタートホールドにスタンスを上げるのが核心だった。足があがっても2手目が保持できず敗退。(ムーブが大好き系だからといって得意であるとは限らない...。)

7番も触ってみるが意味不明。

9時半頃終了して帰ろうとするが、入口でO田君と話し込んでしまい、気が付いたら10時前だった。

赤テープのボルダーサーキットも面白いので、また打ち込もうと思う。

2008年5月25日 (日)

M-WALL

朝6時頃に目が覚めると雨は止んでいた。

6時半頃に花面公園に第一道場を見に行く。

080525_06580001

(花面公園から双眼鏡を使って撮影した第一道場)

結構雨水が垂れており、ちょっとやばそう。

朝ご飯を食べてどうするか考えていたが、ずるずるのアプローチを降りて、「しゃくとり大先生」が登れないとつらいので、今日は止めておくことにした。

他の方は第二道場へ行かれた。(後の情報によると第二道場は登れる状態になく、第一道場に移動されたそうだ。)

M-WALLが新しくなってから一度も行けていなかったので、島根フリークライミング協会の会費を払うついでもあって、M-WALLへ行くことにした。

下道を使っていき、途中で昼ご飯を食べていたこともあり、M-WALLに着いたのは1時を回っていた。

080525_13200001

(M-WALL入口)

中に入るとM野夫妻がおられたのでご挨拶。しばらく話をしてから会費と利用料を払ってから登らせてもらう。

倉庫は以前に比べて大きくなっており、壁も増えていた。

080525_13400001

080525_13390001

080525_13390002

080525_13390003

写真を撮るのを忘れていたが、休息スペースと2階に喫煙スペースもある。

10級から6級ぐらいを何本かちょこちょこ登ってから5級を触るが登れない...。

あれー、おかしいなぁ...前のM-WALLでは4級までは登れていたのになぁ...と思いながら打ち込み、常連さんや珠ちゃんに教えてもらいながら、ようやく1本登れた。

珠ちゃんが私が好きそうな5級を教えてくれたので登ってみるが、2手で撃沈。

何度も打ち込むが結局登れず敗退...。(何かグレードがからくなってない?)

その後も何本か打ち込んで楽しむ。

飛師さんやY氏が来られたので、少し話して、帰りの事もあって3時に終了する。

久々のM-WALL(新しくなってからは初めて)はとても面白かった。でも5級ですら登れなかったのはかなり悔しい。

2008年5月24日 (土)

帝釈

土日と雨予報だったが、ひょっとしたら登れるのではという期待を込めて帝釈へ行く。

2時半頃霧降山荘に着いたときは降っていなかったが、8時頃起きると雨が降っていた。

朝ご飯を食べて第一道場へのアプローチを降りるかどうかで悩んでいると、マメオさん達が来られて、元気に第一道場へ向かわれたので、私たちも行くことにする。

ぬかるんだアプローチに足を取られながらも何とか岩場に到着。壁は全く濡れておらず、状態は良好だった。

今日は4人だけかなと思っていたら、広島のS水氏達が来られ、岩場はにぎやかになった。(それでもルートがかぶることなく、自分が登りたいときに登れる状態。)

いつものように「しゃくとり大先生(5.12c)」にヌンチャクを掛けるために「バラクーダ(5.12a)」を登る。

1週間クライミングを休んでいたおかげで体も軽く、3テンで「バラクーダ」を登って、「しゃくとり大先生」にヌンチャクをセットする。

昼頃「しゃくとり大先生」の1便目を出す。

核心部手前まで登ったが、今までにないくらい力が残っていて、これは行けるのでは?と思っていたが、核心部でムーブが上手くこなせずフォール。

核心部で色々とムーブを探っていたが結局他のムーブを見つけることが出来ず、一旦降りる。

080524_13040001

(「バラクーダ」を登られるマメオさん)

080524_15480001

(「いただきます」を登られるアラミさん)

しばらく休んで3時半頃2便目を出す。

今回も核心部手前まで登れたが、力を使いすぎたようで、すでにヘロヘロ。

核心のムーブを起こすが力つきてフォールしてしまう。

何回かムーブを試したが、1度も成功せず、結局チョンボで核心を抜けて次のピンへ。

上の方ホールドが湿気でヌメっていて、きゃーきゃー言いながら各駅停車で終了点まで登り切り、ヌンチャクを回収して降りる。

ちょっと早かったが、私たちはこれで終了。

帰りのアプローチもずるずるの坂道でかなりやばかった。

風呂と買い物に行って山荘に帰ってくると、マメオさん達の他、O氏、M田さん、りなちゃんが来られており、とても楽しい夕食に。

みなさんと話をしたり、アラミさんの誕生日を祝ったりして楽しく過ごし、10時頃就寝する。

2008年5月18日 (日)

帝釈2日目

8時過ぎに起床。朝ご飯を食べて今日も第一道場へ行く。

いつものように「バラクーダ(5.12a)」でアップ。今日も疲れていたが、2テンで何とか終了点まで登り切ることが出来た。

080518_11100001

(「バラクーダ」を登られる真樹君)

080518_12150001

(「バラクーダ」を登られるひがぴょんさん)

今日も疲れているのでゆっくり休んで、昼過ぎにようやく「しゃくとり大先生(5.12c)」に挑戦する。

今回も核心部まではノーテンで登れた。少しレストして核心にはいるが、やはりフォール...。

何回か核心のムーブをやってみるが、全然ダメ...。乗り込まないといけないのに、足に力が入らず、抜けられる気がしなかったので、結局敗退する。

ヌンチャクは後で登られた真樹君に回収してもらった。(真樹君ありがとう!!)

080518_16430001

(「しゃくとり大先生」を登られる真樹君)

5時過ぎに終了して山荘に戻り、6時半頃までうだうだしてから帰阪する。

今回は帝釈まで来たのに疲れが抜けていないせいであまり登れず残念だ。

でも真樹君が参加してくれたおかげで、遠征が楽しい雰囲気になれたのはとても良かった。

また一緒に登りに行こうね!

2008年5月17日 (土)

帝釈1日目

ひがぴょんさん、真樹君と帝釈へ行く。

10時過ぎに大阪駅に集合して、中国池田から高速で東城まで。霧降山荘に着いたのが1時半頃だった。やっぱり高速は早いなぁ。

8時頃まで寝て、第一道場へ行く。

080518_12130001

(すっかり緑に覆われた帝釈峡)

080517_10250001

(「いただきます(5.11a)」を登られる真樹君)

080517_10510001

(「いただきます」を登られるひがぴょんさん。)

私はいつものように、「バラクーダ(5.12a)」を登り(もちろん途中からテンテン)、「しゃくとり大先生(5.12c)」にヌンチャクをセットしながら降りてきた。

GWからだいぶたっているのだが、まだ遠征疲れが残っているようで、「バラクーダ」の登りもボロボロだった。

しばらくひがぴょんさんや真樹君の登りを見ていり、ビレイしたりする。

080517_14590002 

(「バラクーダ」を登られる真樹君)

ようやく重い腰を上げて「しゃくとり大先生」に挑戦。

核心まではノーテンで登れたが、核心のムーブに入ってすぐにフォール。

2回ほど試したが、全然力が入らないので、諦めて敗退した。

第一道場に長さ1.5m程の蛇が出て、あちこちをお散歩していた。

その蛇が「アナコンダ(5.12b)」のルートを1ピン目より少し上まで登っていたので、驚いた後笑ってしまった。

(アナコンダになりたかったんだろうか。)

080517_14180001

(第一道場に現れた蛇)

080517_15090001

(「アナコンダ」の1ピン目より少し上まで登っていた。)

5時頃終了して山荘に戻る。帰りの登り返しが大変だった。

山荘に戻るとS木君とN田君が戻ってこられた。岩谷エリアで登られていたらしい。

風呂と買い物に行き、11時頃まで騒いで就寝する。

2008年5月14日 (水)

OCS

今日はOCSへ。

垂壁のピンク白と茶色白テープを登るが、茶色白テープでスタンスの見落としとヌメリンガー炸裂でボトボト落ちる。

オレンジ緑(5.11c)のD壁部分のムーブを探るが、全く出来ず、その上腹筋が痛くなってきたので断念。

昨日それほど登っていないのに、何か疲れているようなので、1時間ほどで終了する。

ナカガイクライミングジム

6時半頃着いて準備をするが、すでに来られていたO山氏やひろさんと話し始めてしばらくまったりする。

ようやく重い腰を上げてアップを始めるが、湿気とヌメり手のおかげでボトボト落ちる。

ootn氏や常連の方たちとボルダーサーキットの黒数字をいくつか触った後、課題をいくつか作成して登ってもらう。

久しぶりに石ころボルダーの黒黄色テープを触るが、ヌメりすぎて登れず諦める。

その後も先ほどのメンバーに垂壁のスローパー課題を登ってもらったりしてしばらく遊んでいたが、9時半頃終了する。

2008年5月 6日 (火)

九州遠征6日目 八面山

今日が九州遠征の最終日。

渋滞が心配だったので、少しでも近くへ帰っておこうと八面山へ移動することにする。

6時頃起床し、7時前には出発。途中でコンビニに寄ったり、遅い車に捕まったりしていて、八面山に着いたのが9時頃だった。

車で走れる範囲で朋さんにエリアの説明をしてから、中部エリアに移動する。

八面山には過去2回来ているが、天候の都合で登ったことがなかったので、登るのは初めてだ。

まずは「さくら(5.10a)」を登る。ライン取りに悩むところだが、ホールドはいいので楽しくOS。

Pa0_0129

(「さくら」を登るひがぴょんさん)

次は「いつでも夢を(5.11a)」に挑戦する。

途中何カ所かで少し悩んだのと核心で結構嵌ってしまった以外はとても楽しいルートで、無事OSできた。

この遠征で5.11台は1つも登れていなかったので、かなり嬉しい!!

Pa0_0126

(「いつでも夢を」を登るyukio)

Pa0_0123

(「いつでも夢を」を登るひがぴょんさん)

080506_11570001

(「いつでも夢を」を登る朋さん)

昼ご飯を食べてから、I村氏が登っておられて、ヌンチャクを残置していただいた「メルシー(5.11b)」に挑戦する。

Pa0_0122

(「メルシー」を登られるI村氏)

これはすっきりとした綺麗なルートで、登っていてもとても楽しい。

1カ所ムーブ間違いと、もう1カ所ホールド見落としのため2カ所でフォールしてしまったが、とても楽しく登れた。

ここでタイムリミットの1時が来てしまったので、片づけをして、I村夫妻との別れを惜しみながら岩場を後にする。

帰りに金色温泉で汗を流し、帰路に就く。

小倉東ICから九州道-中国道-山陽道と経由して龍野西ICまで高速に乗り、うかいやでご飯を食べた後、姫路バイパス-加古川バイパス-第二神明-名神を経由して豊中ICで高速を降りて、朋さん宅に着いたのがすでに12時前。

私が家について落ち着けたのはすでに12時をかなり回っていた。

今回の九州遠征ではおみやげこそ少なかったものの、とても楽しめて良かった。

今回一緒に登ったり、遊んでいただいた方には感謝の気持ちでいっぱいです。

特にI村夫妻には岩場のガイドをはじめ、ヌンチャクのプリセットや回収、宮崎の大岩壁ツアーでの運転など、お世話になりぱなっしで、本当にありがとうございました。

また機会を作って九州遠征に行きたいと思う。

2008年5月 5日 (月)

九州遠征5日目 宮崎県の大岩壁見学ツアー

夜半から雨が降り始め、朝になっても止んでいなかった。

6時半頃遊歩道エリアを見に行くと、岩は全く濡れていなかった。

7時頃に雨は止んだが、3日間登って疲れているのと、湿気が高かったので、今日はI村氏から提案のあった宮崎の大岩壁を見に行くことにした。

朝ご飯を食べて、I村氏の車で出発。

まずは行縢山(むかばきやま)を見に行く。

Pa0_0166

(行縢山全景。写真では小さく見えるが、かなりでかい。)

行縢山の登山口まで行って、見上げてみるとかなりの高さがありそうだった。

近くにボルダーの出来そうな岩があり、確認するとチョークが付いていたので、登っているみたいだった。

Pa0_0165

(ボルダーのまねごとをするひがぴょんさん)

次は比叡山へ移動する。

車でしばらく走ると、谷を挟んで2つの大きな岩壁が見えた。比叡山と矢筈岳(やはずだけ)らしい。

比叡山の千畳敷展望台で昼ご飯を食べる。ここからは比叡山のや矢筈岳がよく見えた。

Pa0_0162

(比叡山1峰)

Pa0_0160

(比叡山2峰、3峰)

Pa0_0159

(矢筈岳)

080505_12050001

(1峰をバックに記念撮影)

昼ご飯を食べた後、比叡山のルートエリアを歩いて見に行く。

まずは2峰下部岩壁。広くて多くのルートがあったが、あまり登られていないのか、苔が多くて登るには掃除が必要そうだった。

Pa0_0156

Pa0_0155

Pa0_0152

(2峰下部岩壁の一部)

Pa0_0153

(2峰下部岩壁から見た1峰ニードル)

3峰水場周辺へ移動する。

ここは道路の真横のエリアで、取り付きはすごく楽である。車を止める場所がほとんどないため、私たちは千畳敷展望台の駐車場から歩いた。

ここは登れそうなので早速登ることにする。

まずは「トリハダスラブ」。このルートは5.10bと5.10cの2ピッチだったが、1ピッチ目の終了点のスリングが古そうなのと、2ピッチ目がRCCボルトであまり登られてなさそうだったので、1ピッチだけ登ることにした。

小川山を彷彿させるようなスラブで、かなり気合いを入れてOSした。

Pa0_0146

(「トリハダスラブ」を登るyukio)

Pa0_0143

(「トリハダスラブ」を登るひがぴょんさん)

Pa0_0137

(「トリハダスラブ」を登る朋さん)

私たちが「トリハダスラブ」を登っている間にI村夫妻は「天空への階段(5.10cくらい)」を登られていた。

Pa0_0142

(「天空への階段」を登られるI村氏)

Pa0_0138

(「天空への階段」を登られるI村夫人)

私も「天空への階段」を登らせてもらった。これはカチやガバの続く楽しいルートで、1カ所ラインを間違ったために危なかったが、無事OS出来た。

Pa0_0132

(「天空への階段」を登るyukio)

この2本で登攀終了。途中で買い物をしてキャンプ場へ戻るとすでに8時頃だった。(結構遠いんだなぁ...。)

みんなで夕食の準備をして、楽しく宴会。

明日最終日で、八面山で登る予定だったので、早くに出発するためある程度車に荷物を積み込んでから就寝する。

2008年5月 4日 (日)

九州遠征4日目 本匠

今日も遊歩道エリアには人が多そうなので、切り株エリアに行くことにする。

が、明日は天気が崩れるようで、2日から残置しているヌンチャクを回収するために遊歩道エリアへ行く。

まずは「病み上がり(5.10a)」でアップ。これは楽しくOS。

「JTライン(5.11a)」のヌンチャクの回収はI村氏にお願いして、「思えば遠くへ来たものだ(5.11d)」を登る。

核心部手前と最後の2テンでなんとか終了点まで登り切り、無事ヌンチャクが回収できた。

Pa0_0182

(思えば遠くへ来たものだ」を登るyukio)

ヌンチャクが回収できたので、切り株エリアへ移動する。

切り株エリアは2人組が1組おられただけでほぼ貸し切り状態。

まずは「ドーナツビル(5.10b)」を登る。左の方が脆そうで怖かったが、無事OS。

Pa0_0175

(「ドーナツビル」を登られるひがぴょんさん)

次は「大分元気風(5.11b)」。I村氏、朋さんが登られた後登らせてもらう。

Pa0_0179

(「大分元気風」を登られるI村氏)

Pa0_0176

(「大分元気風」を登られる朋さん)

かぶりが苦手な私は早々にフォールしてしまい、各駅停車で何とか終了点まで登り切った。

K原親子が来られ、「ピットホール(5.11a)」を登られていたので、ヌンチャクをお借りして登らせてもらう。

結構好き系のルートで楽しく登っていたが、核心部でムーブを間違いフォールしてしまう。

後は簡単だったので悔しさ倍増!!

I村氏と朋さん、ひがぴょんさんが「サンドイッチとバナナ(5.11b)」を登られていたので、私も登らせてもらう。

Pa0_0172

(「サンドイッチとバナナ」を登られるひがぴょんさん)

Pa0_0171

(「サンドイッチとバナナ」を登られる朋さん)

2ピン目ぐらいでムーブが解らずフォール。散々試して結局ひがぴょんさんに教えてもらって次のピンへ。

その後も各駅停車で何とか終了点まで登り切ることが出来た。

Pa0_0170

(「ピットホール」を登られるI村夫人)

Pa0_0169

(「草木も枯れる県民性(5.11b)」を登られるI村氏)

最後に「ミラクルガール(5.10a)」を完登して終了する。

Pa0_0168

(「ミラクルガール」を登られるひがぴょんさん)

まだ登られていたK原親子に挨拶をして撤収する。

Pa0_0167

(「小指の痛み(5.11a)」を登られるK原氏)

今日は道の駅の前のコインランドリーへ行き洗濯をしている内に風呂に入り、乾燥させている間に買い物へ行き、キャンプ場へ戻る。

今日もI村夫妻と一緒に晩ご飯を食べて、楽しい話で盛り上がる。

次の日が天気が悪そうなので、どうしようかと悩みながら寝る。

2008年5月 3日 (土)

九州遠征3日目 本匠

今日も8時頃起床。朝食を取ってから遊歩道エリアへ行く。

今日から4連休の所も多いので、岩場には大勢のクライマーが訪れていた。

その中には京都のI田氏やK原親子、岡山のふゅきゃ君やCさん、U兄ちゃんもおられた。

「ハエハエイダイダ(5.10a)」でアップして、「エトウダッチ5.10c)」を登っていると、山口のI村夫妻が来られたので合流。

朋さんは「思えば遠くへ来たもんだ(5.11d)」を登られていた。

Pa0_0193

遊歩道エリアがいっぱいになってきたので、魚道エリアに移動する。

魚道でまずは「アッチャンフェイス(5.10a)」を登る。まだ午前中で日がガンガン当たっていたので、とても暑かったが、無事完登できた。

ともさんが「元気の出るカンテ(5.11a)」を登られるのをビレイしてから、I村氏がヌンチャクを残置してくださったので、「ブラックアンドホワイト(5.11c)」を登る。

Pa0_0191

(「元気の出るカンテ」を登られる朋さん。)

下部は何とか登れたが、中間部でムーブを間違えてフォール。

核心部でも散々嵌って、何度もフォールしたが、無事ムーブが解決して終了点まで登り切れた。

Pa0_0190

(「ブラックアンドホワイト」を登られるI村夫人)

I村氏が「波瀾番匠(5.11b)」を登られたので、I村夫人、朋さんが登られてから私も登らせてもらう。

Pa0_0188

(「波瀾番匠」を登られるI村氏)

Pa0_0187

(「波瀾番匠」を登られる朋さん)

他の人の登りを見ないようにしていたので、OSで取り付くが、中間部で嵌ってしまう。

何度も行き来した後、覚悟を決めて突っ込む。

でかいクラックを力任せに観音開きムーブで止めると、後ろから「お、おー!!」と言う歓声が聞こえる。

「え?違うの?」と思いながらも元に戻れないので、そのまま力ずくでガバまで登ると、右隣のルートのボルトがすぐ目の前にある...。

あちゃーラインを間違えたと思いながら、トラバースしてラインに戻ろうとするがすでによれていた上に、カバの手前のカンテを保持しようとして保持できずにフォール。

後はボロボロ...。ピンごとにテンションをかけて終了点もクサリを掴んでクリップする始末...。

降りてきてから観音開きした辺りを見ると、少し左に大きなガバがある。うわー!見落としていた。かなり悔しい!!

I村氏に切り株エリアを案内してもらい、本日の登攀を終了する。

I村氏の車で買い物と風呂に行き、帰ってから楽しい夕食。

今夜も10時半頃に就寝する。

2008年5月 2日 (金)

九州遠征2日目 本匠

8時頃起床。朝食を食べて、準備をしてから遊歩道エリア向かう。

遊歩道エリアはキャンプ場から歩いて数分で行けるので、とても楽だ。

J夫妻は湯布院へ行かれるそうだ。

早速準備をして登り始める。

まずは「エトウダッチ(5.10c)」。OSしたが、ラインを間違っていたみたいで、4,5ピンを飛ばしてしまったので、ひがぴょんさんと朋さんが登った後にもう一度正しいラインで登り直す。

Pa0_0201

(「エトウダッチ」を登るひがぴょんさん)

次に「ハエハエイダイダ(5.10a)」を登る。これも問題なくOSする。

Pa0_0200

(「ハエハエイダイダ」を登るひがぴょんさん。)

Pa0_0199

(「ハエハエイダイダ」を登る朋さん。)

「JTライン(5.11a)」に挑戦するが、2ピン目をかけた後に失敗してしまい、フォールしてしまう。

ムーブを探って、何とか終了点まで抜ける。

昼ご飯を食べに帰り、あまりに眠たかったので、私だけ昼寝をする。

遊歩道エリアに戻ると朋さんとひがぴょんさんが「思えば遠くへ来たもんだ(5.11d)」を登られていたので、私も挑戦させてもらう。

Pa0_0197

(「思えば遠くへ来たもんだ」を登る朋さん。)

Pa0_0195

(「思えば遠くへ来たもんだ」を登るひがぴょんさん。)

OSで取り付いたので、ラインやムーブを探っている内にパンプしてしまい、核心に到達する前に力つきてフォール。

そこから散々ムーブを探っては落ちを繰り返し、何とか終了点まで抜けることが出来た。

いい時間になったのでこれで終了。今日は常連の方が来られており、色々と話が聞けて良かった。

買い物と風呂に行ってから夕ご飯を作っていると、J夫妻も帰ってこられ、今夜も宴会。

とても楽しかったが、今夜も10時過ぎには就寝する。

2008年5月 1日 (木)

九州遠征1日目 本匠

朋さん、ひがぴょんさんと九州遠征へ行く。

深夜割引を使うために、3時過ぎに朋さんをピックアップして、高速道路を中国池田ICから中国道-山陽道-中国道-九州道を経て臼杵ICまで走る。

深夜料金のため、9,350円で行けた。(割引を使わないと15,550円)

後は下道で本匠の小半森林キャンプ場まで走り、着いたのが13時過ぎ。途中で朝食と昼食を取った時間も含めて約10時間。結構かかるなぁ。

駐車場には神戸ナンバーの車が止まっており、岩場には1組のクライマーが登られていた。近づいてみるとJ夫妻だった。

バンガローの受付をして、荷物を運び入れると2時を回っていたのと、早朝から走って疲れていたので、今日はエリアを見て回ることにする。

本匠が初めての朋さんを案内しながら、遊歩道エリア、魚道エリア、宮前(県道沿い)エリア、前高エリアを見て回る。

宮前エリアと前高エリアは私たちも今回初めて見たが、どちらも面白そうで、前高エリアは是非登ってみたい岩場だ。

そのまま買い物と風呂へ行き、キャンプ場に戻ってきて晩ご飯。

J夫妻も私たちのバンガローに泊まられることになり、晩ご飯を一緒に食べて大盛り上がり。

明日からに備えて、10時頃就寝する。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »