フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« OCS | トップページ | 帝釈2日目 »

2008年5月17日 (土)

帝釈1日目

ひがぴょんさん、真樹君と帝釈へ行く。

10時過ぎに大阪駅に集合して、中国池田から高速で東城まで。霧降山荘に着いたのが1時半頃だった。やっぱり高速は早いなぁ。

8時頃まで寝て、第一道場へ行く。

080518_12130001

(すっかり緑に覆われた帝釈峡)

080517_10250001

(「いただきます(5.11a)」を登られる真樹君)

080517_10510001

(「いただきます」を登られるひがぴょんさん。)

私はいつものように、「バラクーダ(5.12a)」を登り(もちろん途中からテンテン)、「しゃくとり大先生(5.12c)」にヌンチャクをセットしながら降りてきた。

GWからだいぶたっているのだが、まだ遠征疲れが残っているようで、「バラクーダ」の登りもボロボロだった。

しばらくひがぴょんさんや真樹君の登りを見ていり、ビレイしたりする。

080517_14590002 

(「バラクーダ」を登られる真樹君)

ようやく重い腰を上げて「しゃくとり大先生」に挑戦。

核心まではノーテンで登れたが、核心のムーブに入ってすぐにフォール。

2回ほど試したが、全然力が入らないので、諦めて敗退した。

第一道場に長さ1.5m程の蛇が出て、あちこちをお散歩していた。

その蛇が「アナコンダ(5.12b)」のルートを1ピン目より少し上まで登っていたので、驚いた後笑ってしまった。

(アナコンダになりたかったんだろうか。)

080517_14180001

(第一道場に現れた蛇)

080517_15090001

(「アナコンダ」の1ピン目より少し上まで登っていた。)

5時頃終了して山荘に戻る。帰りの登り返しが大変だった。

山荘に戻るとS木君とN田君が戻ってこられた。岩谷エリアで登られていたらしい。

風呂と買い物に行き、11時頃まで騒いで就寝する。

« OCS | トップページ | 帝釈2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

ジムグリという蛇かな…
親近感が湧くわlovely

>マメオさん
蛇が「アナコンダ」を登っていたときはさすがにびっくりしました。
1ピン目上の穴まで(写真の所)登って、もっと登るのかな?と思っていましたが、さすがに無理みたいで敗退していましたよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/21031956

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈1日目:

« OCS | トップページ | 帝釈2日目 »