フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 九州遠征4日目 本匠 | トップページ | 九州遠征6日目 八面山 »

2008年5月 5日 (月)

九州遠征5日目 宮崎県の大岩壁見学ツアー

夜半から雨が降り始め、朝になっても止んでいなかった。

6時半頃遊歩道エリアを見に行くと、岩は全く濡れていなかった。

7時頃に雨は止んだが、3日間登って疲れているのと、湿気が高かったので、今日はI村氏から提案のあった宮崎の大岩壁を見に行くことにした。

朝ご飯を食べて、I村氏の車で出発。

まずは行縢山(むかばきやま)を見に行く。

Pa0_0166

(行縢山全景。写真では小さく見えるが、かなりでかい。)

行縢山の登山口まで行って、見上げてみるとかなりの高さがありそうだった。

近くにボルダーの出来そうな岩があり、確認するとチョークが付いていたので、登っているみたいだった。

Pa0_0165

(ボルダーのまねごとをするひがぴょんさん)

次は比叡山へ移動する。

車でしばらく走ると、谷を挟んで2つの大きな岩壁が見えた。比叡山と矢筈岳(やはずだけ)らしい。

比叡山の千畳敷展望台で昼ご飯を食べる。ここからは比叡山のや矢筈岳がよく見えた。

Pa0_0162

(比叡山1峰)

Pa0_0160

(比叡山2峰、3峰)

Pa0_0159

(矢筈岳)

080505_12050001

(1峰をバックに記念撮影)

昼ご飯を食べた後、比叡山のルートエリアを歩いて見に行く。

まずは2峰下部岩壁。広くて多くのルートがあったが、あまり登られていないのか、苔が多くて登るには掃除が必要そうだった。

Pa0_0156

Pa0_0155

Pa0_0152

(2峰下部岩壁の一部)

Pa0_0153

(2峰下部岩壁から見た1峰ニードル)

3峰水場周辺へ移動する。

ここは道路の真横のエリアで、取り付きはすごく楽である。車を止める場所がほとんどないため、私たちは千畳敷展望台の駐車場から歩いた。

ここは登れそうなので早速登ることにする。

まずは「トリハダスラブ」。このルートは5.10bと5.10cの2ピッチだったが、1ピッチ目の終了点のスリングが古そうなのと、2ピッチ目がRCCボルトであまり登られてなさそうだったので、1ピッチだけ登ることにした。

小川山を彷彿させるようなスラブで、かなり気合いを入れてOSした。

Pa0_0146

(「トリハダスラブ」を登るyukio)

Pa0_0143

(「トリハダスラブ」を登るひがぴょんさん)

Pa0_0137

(「トリハダスラブ」を登る朋さん)

私たちが「トリハダスラブ」を登っている間にI村夫妻は「天空への階段(5.10cくらい)」を登られていた。

Pa0_0142

(「天空への階段」を登られるI村氏)

Pa0_0138

(「天空への階段」を登られるI村夫人)

私も「天空への階段」を登らせてもらった。これはカチやガバの続く楽しいルートで、1カ所ラインを間違ったために危なかったが、無事OS出来た。

Pa0_0132

(「天空への階段」を登るyukio)

この2本で登攀終了。途中で買い物をしてキャンプ場へ戻るとすでに8時頃だった。(結構遠いんだなぁ...。)

みんなで夕食の準備をして、楽しく宴会。

明日最終日で、八面山で登る予定だったので、早くに出発するためある程度車に荷物を積み込んでから就寝する。

« 九州遠征4日目 本匠 | トップページ | 九州遠征6日目 八面山 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

2004年11月に比叡山1峰南面第一スラブルートスーパー7Pをリードしていて5P目の途中で異様な音がしだした、その音が急激大きくなり空気も震え出し何事が起こったのかと音のする方を見たら小さく光物体が見る間に大きくなって、比叡山1峰と矢筈岳の渓谷をその物体は私の少し下辺りをすっ飛んで行った。その物体とは航空自衛隊のジェット戦闘機だった。年に数回あの狭い渓谷を機体を真横にして飛ぶ訓練をしているとローカルの方が言っていた。
それにしても某国が攻めて来たのか思ったcoldsweats02                                                                                                                                         

凄い体験ですね。coldsweats02
私ならびっくりしてフォールしてしまうかも?
比叡山のマルチピッチは面白そうですね。簡単なルートでいいので(というか簡単なルートしか登れない...)、いつか登ってみたいです。

遠征楽しかったですね~。

まさか本匠にyukioさんがいらっしゃるとは(^^;)

この写真のエリアはふゅきゃが苦手なスメアが必要なルートでは…。

>ふゅきゃ君
本当に楽しかったですね。
私もBOTCHさんからふゅきゃ君が本匠に来られると聞いてびっくりしました。

写真のルートですが、「トリハダスラブ」はスメアのルートですが、「天空への階段」はカチルートですよ。
どちらも面白かったので是非登ってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/20822340

この記事へのトラックバック一覧です: 九州遠征5日目 宮崎県の大岩壁見学ツアー:

« 九州遠征4日目 本匠 | トップページ | 九州遠征6日目 八面山 »