フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 帝釈2日目 | トップページ | M-WALL »

2008年5月24日 (土)

帝釈

土日と雨予報だったが、ひょっとしたら登れるのではという期待を込めて帝釈へ行く。

2時半頃霧降山荘に着いたときは降っていなかったが、8時頃起きると雨が降っていた。

朝ご飯を食べて第一道場へのアプローチを降りるかどうかで悩んでいると、マメオさん達が来られて、元気に第一道場へ向かわれたので、私たちも行くことにする。

ぬかるんだアプローチに足を取られながらも何とか岩場に到着。壁は全く濡れておらず、状態は良好だった。

今日は4人だけかなと思っていたら、広島のS水氏達が来られ、岩場はにぎやかになった。(それでもルートがかぶることなく、自分が登りたいときに登れる状態。)

いつものように「しゃくとり大先生(5.12c)」にヌンチャクを掛けるために「バラクーダ(5.12a)」を登る。

1週間クライミングを休んでいたおかげで体も軽く、3テンで「バラクーダ」を登って、「しゃくとり大先生」にヌンチャクをセットする。

昼頃「しゃくとり大先生」の1便目を出す。

核心部手前まで登ったが、今までにないくらい力が残っていて、これは行けるのでは?と思っていたが、核心部でムーブが上手くこなせずフォール。

核心部で色々とムーブを探っていたが結局他のムーブを見つけることが出来ず、一旦降りる。

080524_13040001

(「バラクーダ」を登られるマメオさん)

080524_15480001

(「いただきます」を登られるアラミさん)

しばらく休んで3時半頃2便目を出す。

今回も核心部手前まで登れたが、力を使いすぎたようで、すでにヘロヘロ。

核心のムーブを起こすが力つきてフォールしてしまう。

何回かムーブを試したが、1度も成功せず、結局チョンボで核心を抜けて次のピンへ。

上の方ホールドが湿気でヌメっていて、きゃーきゃー言いながら各駅停車で終了点まで登り切り、ヌンチャクを回収して降りる。

ちょっと早かったが、私たちはこれで終了。

帰りのアプローチもずるずるの坂道でかなりやばかった。

風呂と買い物に行って山荘に帰ってくると、マメオさん達の他、O氏、M田さん、りなちゃんが来られており、とても楽しい夕食に。

みなさんと話をしたり、アラミさんの誕生日を祝ったりして楽しく過ごし、10時頃就寝する。

« 帝釈2日目 | トップページ | M-WALL »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

どうもこの度は色々と御世話になりました。次回は6月7・8日に帝釈へ行きます。

>マメオさん
こちらこそお世話になりました。
6月7・8日は私用で遠征に行けないので残念です。
またご一緒できましたら、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/21178119

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈:

« 帝釈2日目 | トップページ | M-WALL »