フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

ダメだった...。

夜中に結構雨が降っていたが、朝になったら雨が止んでいたので、ひょっとしたら登れるのではというかすかな期待を持って武庫川ボルダーに行く。

行く道でも雨は降ったり止んだり。駐車場に車を停めて準備をしているとざぁっと雨が降ってきたので、ちょっと様子を見る。

駐車代も払ったし、このまま帰るのは勿体ないので、とりあえずダメ元で岩を見に行く。

鉄橋脇の河原への降り口が濡れていて、ちょっと怖かった。

ずるずる滑る河原を注意しながら岩まで歩く。

岩場の近くまで来て見てみると岩全体が濡れていた。

080629_14160001

(どこか登れることがないかと探すひがぴょんさん。)

写真ではわかりにくいが、岩全体が濡れている。前日の写真と比べるとチョーク後が全く見えない。

雨もひどくなってきたので、しばらく岩の下で雨宿り。30分ほど何とかならないかとじたばたしてみたが、どうにもならず、雨が止んだ隙に駐車場まで戻る。

登れず悔しいのでやけ酒でも飲もう!ということで三田にあるキリンビールの工場に行くことにした。(ちなみに私は下戸なので、ジュースでやけ酒のつもり)

ナビに従って4時前に工場に着くとすでに見学の受付が終わっていた...。

これにはかなり凹んだdown

帰りに有馬富士温泉「花山乃湯」に寄って(ここの温泉は良かった)、帰阪する。

今回はボロボロだったなぁ...。

2008年6月28日 (土)

武庫川ボルダー

今週末は雨予報なので、遠征は中止。では近場で登れるところはどこかないかと考えていて、先週御手洗に行ったが結局雨で登れず、今週も同じようなことになりそうなので諦める。

ではどこかないかと考えていたところ、ひがぴょんさんが武庫川ボルダーなら雨の中でも登ったことがあると言われたので、武庫川ボルダーに行くことにした。

雨が降りそうだが、降らないまま岩場に到着。岩場には誰もおられなかった。

岩を触ると少し湿気ていたが、まあ登れそうだった。

080628_10270001

準備をしていると常連さんが1人来られた。

6級でアップして、「猿の腰掛(1級)」に挑戦する。

ひがぴょんさんと打ち込んでいると、もう一人来られた。

この日は4人だけで、私たちが「猿の腰掛」、はじめに来られた方が「冷酷(4段)」、後で来られた方が「大猿回し(初段)」に打ち込んでいた。

さて「猿の腰掛」だが、はじめは2手ぐらいで落ちていたのだが、ひがぴょんさんや来られていた方たちのアドバイスで4手目まで進むことが出来た。

昼を過ぎると結構雨が降っていたが、岩は湿気る程度で結構登れる。

しばらく打ち込んでいたが、指が痛くなってしまったので、ちょっと休憩。

「冷酷」の登りを見たり、「大猿回し」の登りを見たりしていた。

時間がたつと染み出し(結露?)が発生してきて「冷酷」が登りにくくなったようで、「猿の神(初段)」に変更された。

私も誘われて触ってみたが、離陸することすら出来なかった。

この常連さんは数撃で完登!いい物を見せてもらった。

「猿の腰掛」に戻るが、ホールドがヌメって持てなくなってしまったので、終了。

他の方たちも撤収されるし、指が痛くなってしまったので、私たちも撤収する。

いい登りを見せてもらったし、雨が降っていてものぼれたし、武庫川ボルダーに来て良かった。

2008年6月26日 (木)

NKGIシリーズ08第6戦

NKGIシリーズ08第6戦に参加する。

今回はロングルートでなんと94手!

オブザベするのも大変で、前半部分を重点的に行った。

とりあえず第一目標は垂壁完登で第二目標が小ルーフ通過、第三目標がテープの色が変わる47手目とした。

垂壁にてコンペで使わないホールドでアップするが、多くのガバが使えないので、ちょっと大変。

その上、最近あまり登っていないにも関わらず、前腕の疲れが取れておらず、ちょっと不安。

7時半を過ぎてからコンペが始まった。

1手目を見落とし、いきなり嵌りかけたが(何やってんだろう...)、何とか登り始める。

前腕の疲れからか、ホールドを力一杯持ってしまっていたようで、10手目ですでにパンプしている。

大ガバごとにレストしながら何とか31手まで到着。ここから小ルーフだ。

腕の力はほとんど残っていないが、ガバだから何とかなると信じて突っ込む。

が、34手を保持したところで嵌り、考えていたムーブと違うことをしたために、足が切れてしまい、ぶら下がってしまった。

今の腕では私の体重を支えることが出来ず、そのままフォールしてしまう。

その後は観戦。

完登された人はいなかったが、かなり白熱した。

しばらくこのルートで遊べそうだ。とりあえず47手まで登るのが目標かな?

2008年6月24日 (火)

OCS

Ryuta君に渡さないといけないものがあったので、OCSへ行く。

垂壁でアップするが、前腕が疲れていて体を引き上げるのがつらい。

103手ルートに挑戦する。

レストをはさみながらゆっくり登るが、23手目を見落としてフォールしてしまう。

その後はひがぴょんさんに教えてもらったりしながら54手までムーブを繋ぐ。

1時間ほどしか登らなかったが、あさってはナカガイクライミングジムでコンペもあることだし終了する。

今日はRyuta君が来られなかったので、渡さないといけない物を受付に預けて帰宅する。

2008年6月22日 (日)

ナカガイクライミングジム

今日は朝からrain...。午前中は家でうだうだしてから昼前にナカガイクライミングジムへ向けて出発する。

途中で昼ご飯を食べて、13時頃ジムに到着。今日は車がいっぱいで、車を置く場所がない。N貝氏に聞いて何とか車を停め、ジムに入る。

ジムにはK田氏が家族で来られていて驚く。本当に久しぶりだったので少し話をする。

垂壁でアップにコンペルート(青テープ)を登るが、昨日の疲れか体がだるくてひいひい言いながら何とか完登。

ちょこちょこ課題をつまみ食いするが、どれも登れない。

で、結局N貝氏達とのトークに花が咲いてしまう。coldsweats01

しばらく話した後、K田氏やひがぴょんさんと一緒に登ったり、後から来られたO田君も仲間に加わって、コンペの課題や赤テープ黒数字のボルダーサーキットをやったり(どれも登れなかったが...)して楽しく遊んでいたが、7時頃に指が痛くてホールドを持つのが苦痛になってしまったので、終了する。

2008年6月21日 (土)

御手洗のち洞川のちOCS

雨予報だったので、遠征は中止。

朝起きると雨が降っていなかったので、どこか登れるところはないかと気象庁のページで探していると御手洗に雨雲がなかったのと、乾きの早さから登れるのでは?と思い、御手洗に向けて出発する。

途中まで雨は降っていなかったが、道の駅「黒滝」まで行くと弱い雨が降ったり止んだりしていた。

とりあえず見に行こうと岩場まで行ってみる。道から河原を見ると、かなり増水している。

080621_12070001

(道から撮った下流エリア。木に少し隠れているが、真ん中より少し右にある大きな岩がターターシンの岩)

諦めきれない私たちはとりあえず空身で河原に降りてみる。

すると増水もそれほどひどくなく、岩ももう少しで乾きそう。

下流エリアを見て回り、あと10分もあればいくつかの課題は完全に乾くなぁと思っていたところにぽつぽつと雨が降り出した。

とりあえず一旦車に戻ると雨が強く降り出して結局諦める。

雨さえ止めば登れるのではと思い、時間つぶしのために洞川の五代松鍾乳洞に行ってみることにする。

五代松鍾乳洞には過去2回入ろうと思って来ていたが、1回目は時間が遅くて見られず、2回目は冬で鍾乳洞が閉鎖されていたので、入れなかった。

ごろごろ茶屋の駐車場(300円)に車を停め、鍾乳洞の受付を行う。

集合時間の少し前にモノレール駅へ行く。鍾乳洞入口近くまでは下の写真のモノレールに乗って行く。

080621_13210002

(このモノレールで鍾乳洞入口近くまで行く。許可をもらって運転席に座らせてもらい、満面の笑みのひがぴょんさん)

080621_13260002

(画像ではわかりにくいがすごい急勾配だった)

五代松鍾乳洞は私が今まで入った広島や岡山の鍾乳洞に比べると小さいが、鍾乳石は変化に富んでおり、幻想的だった。

また、案内をしていただいた方の説明が冗談を含みながらでとても面白く、鍾乳石のすばらしさもありとても良かった。

080621_13400001001

(鍾乳洞内部)

鍾乳洞からでて、モノレールで降りてくるときまでは雨が降っていなかったが、ごろごろ茶屋に戻ると結構雨が降り出した。

これでは御手洗は登れないだろうとようやくあきらめもつき、OCS大和郡山店へ行くことにした。

久しぶりの大和郡山店は壁の形状やホールドがかなり変わっていた。

コンペルートがあったので、早速挑戦する。

ビギナー予選ルートは無事一撃。

マスター予選ルートは24手目でフォール。後はひがぴょんさんや常連さんとムーブを探り、何とか終了点までムーブを繋いだ。

ビギナー決勝は21手目を取り損ないフォール。最後の部分のムーブが繋がらなかったので、かなり打ち込み、何とかムーブを繋いだ。

080621_19130001

(ビギナー決勝ルートを登るひがぴょんさん)

よれよれになった頃に時計を見ると7時過ぎだったので、終了する。

今回は岩場が登れなくて残念だったが、3度目の正直で五代松鍾乳洞が見られて良かった。大和郡山店も面白かったので、まあよしとしておこう。

2008年6月19日 (木)

ナカガイクライミングジム

広島のN田君が今日も大阪へ出張されていたので、南摂津駅でピックアップして、ナカガイクライミングジムへ行く。

垂壁でアップするが、今日は湿気が高いせいかホールドがぬめり気味。

O本氏に昨日の正田道場課題に誘われたので、N田君と一緒に参戦。

第3課題が1本登れただけで後は敗退。

クボコーキ道場が始まったので参加する。

今回は4課題。2つ失敗して2撃になってしまったが、後の2つは何とか1撃で完登する。

終わってからしばらくN田君と遊んでいたが、9時半頃終了する。

2008年6月18日 (水)

OCS

垂壁でアップした後、来られていたしのびちゃんに垂壁で課題を作成。

短めの課題だったが、喜んでもらえたようだ。

今日もミドル第4課題に挑戦するが、前回よりも高度が下がってしまった。

にしむらさんが作成された課題が盛り上がっていたので参戦。

見事に打ちのめされた...。

1時間半ほどしか登っていないが、明日も登る約束があるので、終了する。

第4 回 備中の岩場清掃・草刈活動のお知らせ

今年も備中で清掃・草刈活動があります。(以下転載)

~ 第4 回 備中の岩場清掃・草刈活動~

【日 時】 平成20 年7月13 日(日) 午前9時30~2時間程度

【集合場所】 用瀬クライミング広場(用瀬小屋)

【内 容】 各エリアの清掃活動と草刈

【エ リ ア 】 用瀬周辺、羽山周辺、長屋坂、杉田ロック、川エリア、権現谷、他

【参 加 費】 500円(参加費は、TCNet の各種活動資金とさせていただきます。)

*軍手、火鉢、鎌、刈り払い機などの清掃に必要な道具は、各自で持参ください。
大雨の場合は順延します(小雨決行です)。
たくさんのクライマーの参加をお待ちしています!!

※清掃活動終了後、今年もセルフレスキュー講習会を実施します。こちらは自由参加ですが、去年に引き続き心肺蘇生法・応急処置の基礎知識についての講習を予定していますので、合わせて参加いただければと思います。また午後からは、経験者対象のリボルト講習会を予定しています。見学、聴講は自由としますので、興味のあるクライマーはご参加下さい。

詳しくはTCNetのページをご覧下さい。

2008年6月15日 (日)

帝釈2日目

7時に起床。車の整理をしている間にひがぴょんさんが朝ご飯を作ってくれた。

今日はどこのエリアに行こうか悩んでいたが、I村氏から前面岩は濡れていないと聞いたので、私のわがままを聞いてもらい、前面岩に行くことにした。

準備をしているとR氏達が来られ、一の壁へ行かれた。

私たちも荷物を車に積み込み、前面岩へ向かう。

ゆっくり降りていると、I村夫妻も降りてくられた。

河原まで降りて、BOTCHさんがこのエリアは初めてなので、まず一の壁を案内する。

R氏達が登られていたが、ポケットが湿っていて、あまりいい状態ではなかった。

このエリアは木が茂っていて、風もあまり通らないので、乾きが悪い。その上ポケットが多く、そこに泥がよく詰まるので、完全に良好な状態を見たのは数回しかない。

夏も涼しく、ルートは乾いているときは登っていて面白いのに残念だ。

しばらく一の壁を案内してから渡渉して前面岩へ。川が冷たくて心が折れそうになった...。

準備をしていると携帯電話を持って来るのを忘れていることに気付いてショック。(以下の写真は全てBOTCHさんにもらった物です。)

BOTCHさんが「やっぱりラガー(5.11a)」を登られた後、私も登る。

が、ど嵌りしてしまって4ピン目からは各駅停車。しかもムーブがなかなか繋がらず、かなり時間をかけてしまった。

以前は楽しく登れていたのに、かなり凹む。

Zenmen032

(「やっぱりラガー」を登られるひがぴょんさん)

R氏達も渡渉して前面岩に移動して来られた。

さて、次は宿題になっている「亀の穴(5.11c)」だ。

BOTCHさんが残置されたヌンチャクをお借りして登らせてもらう。

このルートも久しぶりで結構手順を忘れている。

2ピン目まで頑張って登ったが、ムーブが判らなくなり、テンションをかけてしまう。

何とかムーブを繋いで各駅停車で4ピン目まで登ったが、「やっぱりラガー」と「亀の穴」の下部で力を使いすぎていたので、いくらHDしても回復しない。

終了点クリップに後一手というところまで登るが、どうしても後一手が出ず敗退する。

Grl_04991

(「亀の穴」を登られるひがぴょんさん)

Zenmen039

(「亀の穴」を登るyukio)

かなり休んでから2便目を出す。

3ピン目までは登れたが、4ピン目に向かう最中で力つきてフォール。後は各駅停車で終了点まで登り切り、回収して降りる。

もっと下部を省力化しないと登れないなぁ。

片づけてまた渡渉するが、朝よりも冷たく(と言うより痛い!)感じ、3人とも叫びながら渡る。

後はつづら折りをひいひい言いながらひたすら登り、駐車場で一休み。

東城温泉で汗を流し、BOTCHさんとの別れを惜しみつつ帰阪する。

今回は登りは散々だったが、BOTCHと久しぶりに登れてとても楽しかった。

2008年6月14日 (土)

帝釈1日目

風邪や用事で2週間遠征に行けていなかったが、今週は帝釈へ遠征。

途中で晩ご飯を食べているとBOTCHさんからメールが入ったので、帝釈へ行く旨を伝えると、BOTCHさんも来られると返事があった。

やったー!今回の遠征は楽しくなりそうだ!

2時半過ぎに霧降山荘に到着。寝る準備をしていると程なくしてBOTCHさんも到着された。

久しぶりなのでしばらく話し、4時頃就寝する。

9時頃にU氏達が来られた時に目が覚め、朝ご飯を食べて岩谷エリアへ行く。

岩場に到着し、壁を見るとルート上には染み出しは全く無く、状態は良好。

岩場にはU氏達のグループ3人と私たち3人、後からI丸氏、S木君、U野さんが来られて、混んでもなく、寂しくもなくという状態だった。

「離婚届(5.8)」と「おせち(5.10a)」で嵌りながらもアップをして、宿題になっている「北斗(5.12a)」にヌンチャクを掛けに登る。

テンションをかけながらムーブを確認するが、ほとんど忘れており、ヌンチャク掛けだけでもボロボロになってしまった。

さて1便目。2ピン目に行くときに失敗し、早々にフォール。その後もボロボロで各駅停車で終了点までムーブを再確認した。

Pa0_0515

(「北斗」を登られるBOTCHさん。2撃でRPされた。)

Iwatani016

(「北斗」を登られるひがぴょんさん)

Pa0_0505

(「北斗」を登るyukio)

Pa0_0508

(「初夜の床上手(5.11c)」を登られるI丸氏と「デスペナルティ(5.11d)」を登られるM田さん)

しばらく休んでから2便目を出す。

今回は2ピン目は無事通過できたが、力を使いすぎたため5ピン目に向かう最中で力つきてフォール。

後は各駅で終了点まで登る。

「モスラパワー(5.12c?)」に挑戦されていたS木君が「北斗」を登られるので見せてもらう。

Pa0_0501

(「北斗」を登られるS木君)

軽い登りで、問題なく完登された。

いい時間になったので、これで終了。

小屋に戻ると前面岩に行っておられたI村夫妻や第一道場に行っておられた長老夫妻がおられたので、ご挨拶。

東城温泉に行って汗を流し、小屋に戻ってからBOTCHシェフのトマト煮込みをいただく。これが絶品!

23時頃まで楽しく話して、人が多かったので車で就寝する。

2008年6月12日 (木)

OCS

広島のN田君が出張で関西に来られていて、OCSに来られると連絡があったので、OCSへ行く。

頼んでいたロープが届いていたロープが届いていたので購入する。

N田君がまだ来られていなかったのと、Ryuta君に頼まれたのでA壁に課題を作成。

以前作った課題を思い出しながら作り、登ってもらう。

これがかなりやばい課題でRyuta君も後から参戦された真樹君も苦労されていた。(当然私は登れなかった。)

後でファイルを見て判ったが、昔作った課題とは全く違う難しい課題だった...。

7時頃N田君が来られた。

ビギナー課題の場所を教えて登ってもらうと、5つを全て一撃。

ミドルの第3課題に挑戦されたので私も参戦。

かなり打ち込んで、5手目に手が出せるところまで登れたが保持できず敗退。

ミドルの第4課題に挑戦すると、前回出来なかったムーブが出来て5手目に手が出せたが、保持できずフォール。

この課題も散々打ち込んだが、やはり5手目が保持できずに敗退した。

N田君は第3課題に打ち込んでおられたが、後一手というところでフォールされ、残念ながら完登されなかった。(本当に惜しかった)

10時頃まで楽しく登って終了する。

2008年6月10日 (火)

OCS

会社が終わってからディーラーに車を取りに行き、そのままOCSへ行く。

今日のOCSは比較的空いていた。

垂壁でアップの後、ミドル・女子予選第4課題と第5課題に打ち込む。

散々打ち込んで前回同様に第4課題は4手まで、第5課題も4止まり。

でもいろいろ試して少しずつ光が見えてきた。

まだまだかかるかもしれないが、OCSではしばらくこの課題に打ち込もうと思う。

2008年6月 7日 (土)

OCS

車の調子が悪かったので、昼からディーラーに持って行くと部品が無かったのでそのまま入院。

代車を借りて駐車場まで戻り、そのままOCSへ行く。

ジムに入るとS手君やひがぴょんさんなどがおられたのでしばらくおしゃべり。

垂壁でアップ。風邪でしばらく休んでいたのだが、今日は体が動き、楽しく登れる。

コンペのテープが残っていたので挑戦する。

ビギナーの1から3番までは一撃。

4,5番は一撃目は失敗してしまったが何とか二撃で完登する。

S手君に勧められるままミドル・女子決勝第一課題に挑戦するが、かなり打ち込むも3手目が保持できず敗退...。

ミドル・女子予選第三課題に挑戦するが、4手目保持でフォール。

ミドル・女子予選第四課題が盛り上がっていたので、仲間に入れてもらう。

散々打ち込んだが何回やっても4手目保持で落ちてしまう。

みんなでかなり盛り上がったが、用事もあったので7時ごろ終了する。

2008年6月 3日 (火)

ナカガイクライミングジム

風邪で2日間寝込んでいたが、かなりましになったので、会社が終わってからナカガイクライミングジムへ行く。

垂壁でアップするが、やはり体調が悪く、ボテボテ落ちる。

コンペ課題の第四、五課題に挑戦するが、全く進展なし。

赤テープのボルダーサーキットで遊ぶ。

2,3,5,6,8,12,14,15番を触るが、どれも登れない。

2,15番がいい感触だったので、結構打ち込むが、結局登れなかった。

10時頃まで遊んで終了する。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »