フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

NKGIシリーズ08第7戦

NKGIシリーズ08第7戦に参加する。

今回はボルダーで5課題。じゃまさんやootnさん達とオブザベをする。

7時半を回ったところでコンペが始まった。

第一課題:垂壁の課題で完登。

第二課題:垂壁の課題で4手目を取ったところでスタンスを見失ってしまったが、何とか見つかって完登。

第三課題:石ころボルダー受付近くの課題で、4手目を取りに行くムーブはあっていたが、バランスを崩しフォール。

第四課題:ルーフの課題。2手目をクロスで取りに行こうとして手がすっぽ抜け背中から落ちる。

第五課題:140度壁隣の課題。4手目まで保持できたが5手目を取りに行くときにバランスを崩してフォール。

女子・ミドルではぽんさんが全課題を完登されて優勝。やはり格が違う。

オープンは激しいムーブが炸裂して、「すごい!!」の連発だった。

コンペが終わってから第三課題に打ち込み何とか完登する。出来ないムーブではないので、かなり悔しい。

オープンの第一課題で盛り上がっていたので参戦。かなり打ち込んで何とか完登。

この課題でアップ出来ないようではオープンでは難しいと思う。

10時過ぎまで遊んで終了する。

2008年7月30日 (水)

東北遠征(最終日)

東北遠征最終日。楽しい時間はすぐにたってしまうなぁ...。

6時に起床して全ての荷物を積み、某エジプト人さんの駐車場へ。

そこで某エジプト人さんのお知り合いのSさんの車に乗り換えて山寺へ行く。

岩場に到着すると今回も私たちだけの貸し切り。(そういえばこの5日間で岩場に行っているときは知り合いで全て貸し切りだったなぁ...。)

まずはいつものように「逃げまくってしまいました(5.10a)」でアップ。

Pa0_0020

(「逃げまくってしまいました」を登られるHさん)

Pa0_0018

(「壱番(5.11b)」を登られる某エジプト人さん)

Pa0_0016

(「マインドゲーム(5.12b)」を登られるK岡氏)

Pa0_0009

(「逃げまくってしまいました」を登られるSさん)

私は昨日登れなかった「おっとっと 左(5.11a)」に挑戦することにする。

「ところがどっこい(5.10c)」を登ってヌンチャクをセットしてから少し休んで、「おっとっと 左」を登り始める。

快調に登っていたが、核心部で嵌ってしまう。

色々考えてムーブを起こすが、持てると思っていたホールドが全然持てずフォールしてしまう。

ムーブを探って核心部を越えて、後はじわじわ登って終了点まで登り切った。

Pa0_0013

(TRで「おっとっと 左」を登られるひがぴょんさん)

しばらく休んでから2便目を出す。時間的にこれが最後だ。

核心部手前まで順調に登り、核心部に突入するが、バランスを崩してフォールしてしまう。

悔しい!!

少し下からやり直して、結局ワンテンで終了点まで登り切れた。

時間がなかったのでこれで回収する。

Pa0_0006

(回収のために「壱番」を登られるK岡氏と「逃げまくってしまいました」を登られる某エジプト人さん)

私たちの飛行機の都合で2時に登攀終了。(申し訳ない...。)

某エジプト人さんの家でシャワーをお借りしてさっぱり。

年末くらいにもう一度会う約束をして駐車場でお別れする。

Pa0_0004

(今日一緒に登っていただいたメンバー)

K岡夫妻に仙台駅まで送っていただき、仙台駅でおみやげを買いあさる。

K岡夫妻はJRの改札口まで見送って下さり、私たちが見えなくなるまで手を振って下さっていた。crying

仙台空港に着き、荷物を預けて搭乗を待つ間、またおみやげやさんをうろうろする。

Pa0_0000

(帰りの飛行機 JEX2210便)

19:05に仙台空港を出発して、20:25に伊丹空港に到着。

疲れていたので家までタクシーに乗る。家には21時頃到着した。

今回初めて東北に行ったが、とても面白くてまた行きたくなった。(宿題も残っているし。)

東北の岩場に行っているのに、そこにいた人がほとんど西国の人(Sさんだけ東北の人です。)だったので、西国にいるようだったのもまた一興かな。

年末か年始にまた行く約束をしたので、今からとても楽しみだ。

最後に一緒に遊んで下さった某エジプト人さん、Hさん、Sさんありがとうございました。

特にK岡夫妻には家に泊めていただき、岩場や観光の案内から食事までいただき、至れり尽くせりで本当に感謝しております。

みなさんが関西や備中、帝釈に来られた際にはおもてなしさせていただきますので、是非遊びに来てくださいね。

2008年7月29日 (火)

東北遠征(4日目)

6時半頃起床。

今日はK岡氏が仕事なので、K岡夫人と3人で山寺へ行く。(K岡氏すみません...。)

岩場に着くと今日も貸し切り。今日は曇っている上に気温も低く、風もあってかなり快適。

しばらくまったりした後、「逃げまくってしまいました(5.10a)」でアップ。

Pa0_0095

(「逃げまくってしまいました」を登るyukio。ちょっとおふざけ中)

Pa0_0091

(「逃げまくってしまいました」を登られるひがぴょんさん)

またしばらくまったりしてから「壱番(5.11b)」を登る。

マスターなのでとりあえずヌンチャクがけをしてこようと軽い気持ちで登り始める。

これが良かったのか、あまり力まずに登れ、核心が越えられた。

その後も昨日確認したムーブをこなしていくと最終ピンまで登ることが出来た。

ここで急にRPが見えてきて、絶対にフォールしてはいけないと思うと急にパンプが酷くなった。

十分レストしてから慎重に登り無事終了点へ。マスターでのRPはとても嬉しい!

Pa0_0087

(「壱番」を登るyukio)

Pa0_0080

(RPが見えて、急にパンプが酷くなったので十分レストする。)

Pa0_0076

(やったぜ!登れた!)

Dscf00191

(「壱番」を登られるK岡夫人)

目的のルートが登れたので、まったりしてから「おっとっと 左(5.11a)」にヌンチャクをかけために「ところがどっこい(5.10c)」を登る。

このルートは3回目なので余裕を持って登れ、「おっとっと 左」にヌンチャクをかけて降りてくる。

降りている最中に雨が降り出したので、慌ててヌンチャクを回収。「おっとっと 左」は断念する。

しばらくして雨が止んだので、ひがぴょんさんのビレイをする。

Pa0_0052

(「壱番」を登られるひがぴょんさん)

Pa0_0040

(ひがぴょんさんも無事RP)

Pa0_0037

(目的のルートがRP出来てにこにこの2人)

ちょっと早かったが、これで終了する。

帰り道に某エジプト人さんがいいと言っておられた遊仙峡へ寄る。

時間がなかったので、あまり奥まで入れなかったが、それでも幻想的な風景がとても良かった。

Pa0_0036

Pa0_0033

Pa0_0032

Pa0_0031

Pa0_0030

K岡夫妻の家に戻り、お風呂とご飯をいただく。また色々な話で盛り上がって、11時頃就寝する。

2008年7月28日 (月)

東北遠征(3日目)

前日見た天気予報ではあまり天気が良くなかったので、今日はレスト。

昨日の大宴会の影響か、みんなゆっくり起きだした。

昨日買われていたパンで朝食を取り、準備をして昼頃に出発する。

まずは昨日見て感動していた山寺へ行く。

Pa0_00221

(山寺全景。写真では見にくいが、後ろの山の岩の上に建物が建っている。)

Dscf00111

(仁王門)

Dscf00121

(開山堂(右)と納経堂(左))

Dscf00131

(胎内堂かな?)

Pa0_0116

(大仏殿と奥の院)

Pa0_0115

(立石寺)

Pa0_0113

(観明院かな?)

Pa0_0112

(五大堂から見た風景)

山寺を堪能した後、蔵王へ移動する。

蔵王のお釜付近の駐車場に着いたが、雲の中で視界が悪く、景色が全く見えない。

Pa0_0107

(蔵王山頂の駐車場にて。ものすごく寒かった)

お釜は見えないので諦めて少し降りると展望台があったので車を降りて見に行く。

Pa0_0101

(展望台から写真を撮ったが、体が持って行かれるくらい風が強かった。)

Pa0_0100

(かなり風が強い)

Pa0_0102

(風にも負けず、元気に咲くコマクサ)

暴風にさらされながらもしばらく景色を楽しむ。

その後は青根温泉へ。

公衆浴場の「じゃっぽの湯」というところに入ったが、湯船が1つあるだけの素朴な温泉でなかなか気持ちが良かった。

Pa0_0096

(青根温泉「じゃっぽの湯」)

観光も温泉もとても堪能できた。

K岡夫妻の家に戻り、おいしい夕食をいただき楽しく団らんする。

11時頃まで話をして就寝する。

2008年7月27日 (日)

東北遠征(2日目)

朝6時半起床。7時過ぎに出発して山寺へ向かう。

車の中でK岡夫人に作っていただいたおいしいおにぎりをほおばりながら、山寺ってどんなところだろうと期待が膨らむ。

途中、山の中の岩の上に立てられた山寺(クライミングエリアの山寺ではない)に感動しつつ車は進む。

え?こんな所行けるの?という道を進んで駐車場に到着。そこから15分ほどアプローチを進むと岩場に到着。

岩を見ながら進んでいき、仙人堂エリアに到着した。

土曜日だというのに私たちで貸しきりだった。

Pa0_0161

(K岡夫妻と仙人堂エリアにて記念撮影)

アプローチで汗だくになってしまったので、しばらくまったりしてから準備を開始する。

まずは「逃げまくってしまいました(5.10a)」を登る。

初めての岩場の1本目では絶対落ちたくないという思いからか体が硬くなり、かなり無駄な力を使ってしまったが、何とかOS出来た。

Pa0_0164

(「逃げまくってしまいました」を登るひがぴょんさん)

Pa0_0162_2

(「壱番(5.11a)」でアップをされるK岡氏)

私が「逃げまくってしまいました」を登っている間にK岡夫妻の友人の某エジプト人夫妻(ハンドルネームです。2人ともれっきとした日本人ですよhappy01某エジプト人さんのHPはこちら)が来られた。

岩場にはみんなで6人いたが、6人とも西国出身なので、話をしていてもここは本当に東北か?という状態だった。

苦四楽岩のスラブにわくわくしながらルートを見に行く。

しばらくルートを見ていたが、ふとしたことからある話題になり、大爆笑に。みんな西の人間なので、たたみかけるように爆笑が爆笑を生み、止まるところを知らなかった。(自分が登られるルートにヌンチャクをかけに行かれていたK岡氏が合流されて、「まだ登ってなかったの?」と驚かれたほど長い間盛り上がっていた。)

一通り(爆笑で)腹筋を鍛えた後、ようやく「ところがどっこい(5.10c)」を登り始める。

出だしが湿っていてちょっと嫌だったが、無事抜けて核心部手前まで登る。

核心部のムーブをあーだこーだと言いながら登ったり降りたりしていたが、ムーブを決めて登ると核心部が抜けられた。

後は慎重に終了点まで登って無事OSできた。

Pa0_0158_2

(「ところがどっこい」を登るyukio)

Pa0_0156

(「ところがどっこい」を登るひがぴょんさん)

K岡氏が「マインドゲーム(5.12b)」を登られているのを見てから、今回の目的の「壱番」に挑戦する。

Pa0_0151

(「マインドゲーム」を登られるK岡氏)

「壱番」は周りのルートが交錯しており、ラインが解りづらいので、K岡氏がヌンチャクを残置して下さった。

核心部で思いっきり嵌り、かなりの間登ったり降りたりしていたが、正解ムーブを見つけたときには腕がパンプしきっており、核心部を抜けられずフォールしてしまう。

前腕が全然回復せず、3回くらいテンションをかけながら、何とか終了点まで登り切った。

Pa0_0142

(「壱番」を登るyukio)

Pa0_0130

(「壱番」を登られるひがぴょんさん)

Pa0_0128

(「壱番」を登られる某エジプト人さん)

小雨がぱらついてきたので、残置していた「ところがどっこい」のヌンチャク回収のため、もう一回登る。

ちょっと焦っていたこともあり、核心部でスタンスを間違ってフォールしてしまう。かなり悔しい!!

もう一度「壱番」登る力も残っていなかったので、K岡氏にヌンチャクを回収してもらい、片づけをして撤収。

夜は某エジプト人夫妻もK岡家に来られ、みんなで大宴会。

Pa0_0122

K岡夫妻が作られた料理や某エジプト人夫人が作ってこられた料理をおいしくいただき、K岡氏の貯蔵されていた日本酒やひがぴょんさんがおみやげに持っていった日本酒を飲みながら(私は下戸なのでお酒は飲まなかったが)、深夜2時頃まですごく盛り上がった。

(K岡氏が出してこられた日本酒とひがぴょんさんの持っていった日本酒は2本がことごとく飲み干され、お酒の飲めない私には、体のどこにそれだけのお酒が入るのだろうと不思議だった。coldsweats02

2008年7月26日 (土)

東北遠征(1日目)

会社の夏休みに有給を1日追加して5日間で東北へ遠征。目的は帝釈でお世話になっていたが、仙台に転勤されてしばらくお会いできなかったK岡夫妻に会いに行くことだ。

朝7時過ぎに家を出て伊丹空港へ。11:25発の仙台空港行きに乗り、12:40には仙台空港に到着した。(さすが飛行機は速いなぁ...。)

Pa0_0177

(今回乗ったJEX2205便)

仙台空港に到着するとすでにk岡夫妻が来られていて、出迎えていただいた。久しぶりに会えて本当に嬉しい!ひがぴょんさんも狂喜乱舞されていた。

着いたのが昼過ぎだったので、今日は登らずに観光することになった。

仙台駅付近でK岡夫人と別れて、K岡氏とまずはクライミングジム「ビーナッツ」へ行く。

Pa0_0176

(ビーナッツ入口。中の写真を撮るのを忘れていました。)

吹き抜けにリード壁があり、2階にはボルダー壁もあり、今回は見学だけさせていただいたのだが、とても面白そうだった。

ビーナッツを出て、定禅寺通りを歩く。

Pa0_0174

(定禅寺通り)

道路の真ん中が歩けるようになっていて、木が茂っているためとても涼しい。

その後は仙台城跡へ。

Pa0_0172

(伊達政宗像)

Pa0_0171

Pa0_0169

(仙台城跡から見た風景)

Dscf00061

(宮城縣護國神社)

Pa0_0167

(仙台城の石垣。あれ?ひがぴょんさん何しているの?)

仙台城跡を十分堪能した後、K岡家に行く。

今回の5日間、K岡家に泊めていただいた上、毎朝晩おいしいご飯をいただいた。

K岡夫人が晩ご飯の用意をされており、先にお風呂をいただいてから晩ご飯をいただく。

色々な話をしながら、日本酒大好きのK岡氏とひがぴょんさんは酒がすすむすすむ。

11時頃まで楽しく話し、明日山寺へクライミングへ行くので就寝する。

2008年7月25日 (金)

ナカガイクライミングジム

今日はナカガイクライミングジムへ。

垂壁でアップするが、あまりの暑さに深緑テープの核心で、汗で手が滑りフォール。

日が落ちてから時間がたつと暑さもかなり和らいだ。

H川さんと一緒にボルダーサーキット黒数字で遊んでいたがクボコーキ道場が始まったので参加する。

今回は比較的簡単だったが、最後の課題で嵌ってしまう。

下のスタンスからは遠く、上のスタンスには体が硬くて足が上がらないweep

何回か打ち込んだが結局敗退...。

H川さんがやっておられた石ころボルダーの赤スラッシュの核心部分のムーブを探ってしばらく遊ぶ。

9時半過ぎに指が痛くなってしまったので登りを終了したが、話に花が咲いてしまいナカガイクライミングジムを出たのは10時過ぎだった。

2008年7月22日 (火)

帝釈3日目

R氏やS木君から岩谷は登れると聞いたので、岩谷へ行く。

岩場に着くと先発されていたS木君達がすでに登られていた。

宿題の「北斗(5.12a)」を見るとすでにヌンチャクがかかっている!やったー!ラッキー!

順番を待って「おせち(5.10a)」でアップ。

今日はお腹の調子がよろしくないが、登りには問題なさそうだ。

BOTCHさん達も到着され、登り始められる。

U野さんが「北斗」のヌンチャクを私たちのヌンチャクに掛け替えてくれた。

「北斗」の1便目。2ピン目のクリップでスタンスが滑り、思わずヌンチャクを掴んでしまいRP消失...。

そのまま4ピン目まで登り、テンションをかけて休む。

最終ピンまで登るが、わーわー叫びながら登っていたので、隣の「ビール博士(5.11c)」を登っておられたもとえ姉さんや、BOTCHさん達がノーテンと間違えて「ガンバ」と声をかけてくださったが、レストポイントで「2ピン目ですでに落ちてますよ」と伝えると「え?そうなの?」と笑っておられた。

最終ピンで結局テンションをかけて、最後のムーブをするが、手がすっぽ抜けてフォール。

U野さんから聞いたムーブを試すとかなり楽なので、これを採用する事にする。

しばらく休んでからの2便目。

下部を何とかこなしてレストポイントで十分休む。そこから何回かレストポイントで腕を回復させながら最終ピンまで登る。

ここで十分レストしながら頭の中でムーブを整理してから突っ込むと、RP出来た!

久しぶりのRPでしかも帝釈での5.12aなのでかなり嬉しい。

後はビレイをしたり、みんなの登りを観戦したりしていた。

Pa0_0022

(「365歩のマーチ(5.11a)」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0021

(「ビール博士(5.11c)」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0019

(「初夜の床(5.11c)」を登られるS木君)

Pa0_0018

(「団地妻昼下がりの情事(5.12c)」を登られるI田氏)

Pa0_0013

(「団地妻…」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0014

(「モスラパワー(5.12c)」を登られるS木君)

Pa0_0010

(クライミングをしばらく休まれていたため、「初夜の床」でリハビリするU野さん)

Pa0_0009

(「団地妻…」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0008

(「北斗」を登られるひがぴょんさん。後ろは「初夜の床」を登られるM蔵さん)

Pa0_0002

(「365歩のマーチ」を登られるF原氏)

5時過ぎに終了して、まだ登られているみなさんに挨拶をして帰阪する。

今回は3日間(2日目はコンサートのため一緒には登っていないのだが)九州の方と一緒に登れてとても楽しかった。

それに「北斗」が登れたことがすごく嬉しい。暑がりでヌメリンガーの私が5.12aを真夏にRP出来るとは思っていなかったので、私が一番驚いている。

BOTCHさんをはじめとする九州の方達や広島のS木君やU野さんなどのモチの高さに感心したり、楽しんで登られる姿を見て、私もパワーをもらい、結果として「北斗」が登れたと思う。(もちろんいつもビレイをしてもらっているひがぴょんさんにも感謝の気持ちでいっぱいなのだが。)

これからも岩場でお会いしたら、是非一緒に登っていただきたいと思う。

帝釈2日目(渓谷コンサート)

今日はながの村で渓谷コンサートがあったので聞きに行く。

今年も去年同様津軽三味線の川本高虎氏だ。

今回は「太鼓本舗かぶら屋」の土井裕文氏も参加されており、三味線ソロ、和太鼓ソロ、合奏ととても楽しめた。

Hi3600691

昼頃にコンサートが終了し、高虎氏から去年注文していたCDを受け取る。また太鼓本舗かぶら屋のCDも購入する。

来られていたgakuさんとお子さん達と昼ご飯を食べ、昼から幻の鍾乳洞へ入ることにする。

I村夫妻やR氏のグループ、BOTCHさん達が前面岩で登られているので、私とひがぴょんさんも登攀具を持って河原まで降りる。

鍾乳洞に入る人数が多いため、3班に別れていて、私たちは最後の班だったので、入るまでに時間があるだろうと渡渉してみんなの登りを眺めていた。

Pa0_0052

(「やっぱりラガー(5.11a)」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0050

(プロジェクトにトライされるBOTCHさん)

1班の方が戻ってこられたので、急いで鍾乳洞へ向かう。

BOTCHさんと私で急いで鍾乳洞へ入り、後からまだ来る事を伝えながら奥へ進む。

一昨年入った時に途中が水没していて先に進めなかったのだが、今回は水が無く、世界で2例しか見つかっていないというカルサイトテーブルが見ることが出来た。

存在を知ったときから見てみたかったので、しばし感動。

Pa0_0048

(カルサイトテーブル)

今回は進めなかったのだが、そこから先にも綺麗な鍾乳石があるとのこと。是非見てみたいものだ。

前面岩で登っていた他の人たちも到着し、みんながカルサイトテーブルを見に行っている間、村の人たちから鍾乳洞についての話を聞いていた。

みんなが帰ってきたので、私も出口に向かう。

Pa0_0047

Pa0_0042

(鍾乳洞内部)

鍾乳洞を出てから、I村氏の案内で2の壁を見に行く。

結露で濡れていたのと、久しく人が登っていないので、自然に帰っているところもあるが、見ていて面白そうなルートがいくつかあった。

Pa0_0040

Pa0_0037

(2の壁の一部)

前面岩の対岸まで戻り、gakuさんとクライミングについての色々な話をする。

gakuさんが帰られ、渡渉して前面岩に着くとすでに3時半を回っていた。

宿題になっている「亀の穴(5.11c)」を見ると、ホールドが結露で滴がしたたり落ちている状態で登れそうにない。

BOTCHさん達が「ブリッツ(5.10c)」や「Mr.ドーナッツ(5.10d)」を登られていたので観戦。

Pa0_0032 

(「ブリッツ」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0028

(「ブリッツ」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0034

(「Mr.ドーナッツ」を登られるF原氏)

Pa0_0030

(「Mr.ドーナッツ」を登られるI田氏)

I村氏がアップロートを作ろうと開拓されていたのですが、試登してされた後のグレードを聞くと5.10++++くらいかな?と笑いながら言われていた。(何個+が着いているのですか!?それはすでに5.12台くらいあるのでは?)

結局私とひがぴょんさんは1本も登らず撤収する。

私たちが風呂と買い物に行って小屋に帰ってくると、I村夫妻は戻られていたが、BOTCHさん達がまだだった。

暗くなった8時半頃戻ってこられ、九州の方のモチの高さに驚いた。

R氏のグループは小屋がいっぱいだったので花面公園で泊まられるとのこと。

S木君達も来られたが、上の駐車場で寝られた。

私たちは12時頃まで騒いで就寝する。

2008年7月19日 (土)

帝釈1日目

3連休で帝釈へ行く。

2時半頃霧降山荘に到着するとすでにBOTCHさんの車があった。

こそっと小屋に入るとすでに寝ておられたのに、起こしてしまった。(すみません)

挨拶もそこそこに寝る準備をして就寝する。

7時頃起きだして花面公園へ第一道場の状態を見に行く。「ケロケロ」のあたりが濡れているみたいだが後は大丈夫そうだった。

小屋に戻るとみなさんが起きてこられていたので、改めてご挨拶。

今回BOTCHさんは九州の方3名と共に来られていた。

朝食を取り、今日は岩谷へ行くことにした。

アプローチの渡渉で、前回来たときはほとんど水が枯れていたが、今回は結構水があった。

岩場に着くと基部がべったりと結露している。

まあ乾くだろうと思い、準備をしているとBOTCHさんのグループとBOSSさん達が来られた。

BOSSとCさんにお会いするのは久しぶりで、しかも岩谷は初めてらしかった。

アップに「おせち(5.10a)」を登る。出だしでいつも使うホールドが濡れていて保持できなかったので、いつもと違う所から登り始める。

持てないほどではないが、岩が結構湿っており、何度か落ちかけたが、無事完登できた。

しばらく休んでから宿題になっている「北斗(5.12a)」にヌンチャクをセットするために登る。

スタートホールドは乾いていたが、スタンスと1手目のホールドが濡れており、2ピン目まで行けない。

チョンボで2ピン目まで登り、後はピンごとに各駅停車でムーブを確認しながら最終ピンまで登る。

最後のスラブがまた濡れており、終了点に行こうとして何度もムーブを起こすが、使っているホールドが保持できずに力をかけるとすっぽ抜けてフォールしてしまう。

とりあえず最後までヌンチャクはかかったので諦めて降ろしてもらう。

九州の方達やBOSSさんたちはコンディションが悪い状態でも楽しく登られていた。

Pa0_0086

(「バージンロード(5.10c)」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0081

(「バージンロード」を登られるF原氏)

Pa0_0079

(「バージンロード」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0085

(「団地妻昼下がりの情事(5.12c)」を登られるI田氏)

Pa0_0080

(「北斗」を登られるひがぴょんさんと「団地妻…」を登られるI田氏)

Pa0_0076

(「団地妻…」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0071

(「北斗」を登られるBOSSさん)

Pa0_0065

(「ビール博士(5.11c)」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0069

(「ビール博士(5.11c)」を登られるF原氏)

Pa0_0056

(BOTCHさんはこの悪条件の中、「ビール博士」をRPされた)

Pa0_0061

(「鳥蔵(5.11a)」を登られるCさん)

「北斗」の2便目を出すが、やはり1手目が保持できずフォール。ムーブ確認モードで、ボルトごとテンションをかけながら登っていくが、やはり最後か登れない...。

BOSSさんが登られると言われたので回収はBOSSさんにお願いして降ろしてもらう。

私もひがぴょんさんもよれてしまったので、BOTCHさんやBOSSさん達はまだ登られていたが、私たちは終了する。

風呂に行き、買い物をして小屋に戻ってくるとI村夫妻が来られていた。

BOTCHさん達も風呂から戻ってこられて、みんなで楽しく宴会。

10時頃まで楽しく騒いで就寝する。

2008年7月15日 (火)

ナカガイクライミングジム

いつものように垂壁でアップするが左手人差し指に力を入れると痛い。

茶色テープのコンペルートを登るが、28手目のカチで耐えられなくなりフォール。

しばらく休んでから垂壁左端から始まるオレンジテープを触る。

はじめから嵌りまくっていたが、順番にムーブを解決して16手まで繋いだが、そこで詰まってしまった。

何回か打ち込み、H川さんに教えてもらったり、登っていた人のムーブを見てムーブは判ったが、今回はここで断念。

ootn氏達が面白い課題でセッションされていたので参戦。

2課題とも一撃できたが、とても面白い課題だった。

10時頃までO田君と話していたが、指も痛いので終了する。

2008年7月13日 (日)

備中清掃活動

備中の清掃活動に参加する。

土曜日に私もひがぴょんさんも予定があったため、土曜日の夜に出発して、用瀬に着いたのが3時半頃だった。

車で寝ていると8時前頃から人が集まりだした。

8時半に起きだし、朝食を取って、来られた方たちと話をする。

9時半頃挨拶があって、清掃エリアの振り分け、清掃活動が開始された。

Pa0_0018_2

(挨拶の風景。写真には写っていませんが、左にもたくさんのクライマーがおられます。)

私はマメオさんがリーダーの長屋坂の班に参加する。

長屋坂に到着すると、草がかなり生えていたので早速草刈りを始める。

Pa0_0017_2

(草刈り機で草を刈られるマメオさん)

Pa0_0016_2

(草を刈られるひがぴょんさん)

Pa0_0015_2

(アプローチの整備をされるヤナ兄さん)

Pa0_0014_2

(草を刈られるM川さんとマメオさん)

Pa0_0013_2

(「猫だまし」から「クスクス」まで雑草がいっぱいだったが…)

Pa0_0011_2

(草刈り機を使うとあっという間に綺麗になった。)

Pa0_0010_2

(アプローチの整備と草刈り)

Pa0_0009

(アプローチも綺麗になった。)

道路から岩場にはいるところのFIXロープが切れそうだったので、交換する。

岩場が終わったので、下の駐車場や周辺の道路の草刈りとゴミ拾いも行う。

Pa0_0006

(駐車場草刈り前)

Pa0_0005

(駐車場草刈り後)

12時前くらいに終了し、用瀬に戻る。

昼から名和クライミングクラブのrockwave氏による心肺蘇生法の講習があったので参加する。

Pa0_0004

Pa0_0003

(講習をされるrockwave氏)

私も教えてもらいながら一通り実践させていただいたが、心臓マッサージや人工呼吸は結構大変だった。

Pa0_0002

(心臓マッサージをする私とAEDをセットするひがぴょんさん)

講習が終わり、暑さにだれていたが、S田氏やgakuさん、T橋さん達と話をしている内に3時半を回ってしまい、岩場に移動してもあまり登れないので、みなさんに挨拶をして帰阪した。

今回も大勢のクライマーが参加し、みんなで岩場や地域の方たちとの関係を守っていきたいいう姿勢がとても感じられた。

またこの行事のおかげで久しぶりの方たちとも話せて、とても楽しかった。

次回も是非参加させていただこうと思う。

2008年7月11日 (金)

ナカガイクライミングジム

今日はナカガイクライミングジムへ行く。

垂壁でアップの後、じゃまさん、ひがぴょんさんと一緒に正田道場の課題をする。

2課題打ち込んだが、ことごとく敗退...。

O畠氏おすすめの140度壁の課題をじゃまさん、ootnさんと一緒に触るが、2手目も取れず敗退。

かぶりが得意なO畠氏は私たちが落ちたところはあっさり越えて行かれていました。^^

クボコーキ道場が始まったので参加する。

第一課題は垂壁の課題。

これがなかなか難しく、1撃目は失敗。2撃目は設定ムーブを無視して何とか完登。

第二課題はトンネル部の課題。

ちょっと悩んだが、何とか一撃。

第三課題は入口側の壁の課題。

この課題が一番簡単で、ほとんど人が一撃されていた。

第四課題はルーフ。

頑張って登るが、最後の1手を出したところでフォールしてしまう。何とか2撃目で完登。

これで道場は終了。少し参加していない間にレベルが高くなったなぁと感じた。

第一課題が設定課題で登れていなかったので、じゃまさん達に混じって打ち込む。

何回か打ち込み、設定ムーブで登れた後はいろんなムーブを試して遊んだ。

指が痛くなってしまったので、しばらくみんなと話をして、10時頃終了する。

2008年7月 8日 (火)

OCS

じゃまさんが来られるので、OCSへ行く。

垂壁でアップしてから103手ルートを登る。今回も27手目が保持できずフォール。

そこからムーブを繋いでいく。

60手くらいまでムーブを繋いだところでじゃまさんが来られた。

初級ボルダー課題を登られるのを見た後、垂壁右端から奥壁までの赤テープに銀模様を登る。

奥壁に入る凹角部分までは登れたが青ホールドから緑ホールドを取るのを失敗してフォール。

そこからもガバばかりだが、私はかぶりが苦手なので散々打ち込んで何とか終了点までムーブを繋ぐ。

ミドルコンペルートの第4,5課題を触るが進展なし。

少し休んだ後、部長に教えてもらいながら第5課題に打ち込む。

前は出来なかった後半部分が繋がり(さすが部長!)、後1ムーブ残すのみ。

散々打ち込むもトゥフックが上手く決まらないまま指が終わってしまい、敗退。

完全によれてしまったので、10時前に終了する。

今日は良く登ったなぁ。じゃまさん、またOCSにも来てくださいね。

2008年7月 6日 (日)

勝山清掃活動

勝山清掃活動に参加する。

朝5時に起きて朝食を食べて、準備をして6時に霧降山荘を出発する。

新見まで下道を走り、新見ICから落合ICまで高速、落合ICから現地まで181号線を走り、7時半頃集合場所に到着。

着いたときは地元の方が2,3人しかおられなかったが、集合時間になると大勢の方が集まった。

080706_08020002

080706_08020001

(集合場所での挨拶風景)

クライマーの方も10数名集まっていた。その中には2期生さんや棒I氏達もおられ、2期生さんは本当に久しぶりの上、眼鏡もかけておられなかったので、声をかけていただくまで判らなかった(すみません)。話をしたかったのだが、行程の説明や場所の割り振りなどが行われていたため、ほとんど話が出来なかったのが残念だ。

私たちは鬼の穴の駐車場になっている公園の清掃を行った。(写真を撮るのを忘れた。)

ちょこちょこゴミを拾う。棒I氏やgakuさんによるとバーベキューの時期になるともっと酷いらしい。

2時間ほど清掃し、一旦集合場所に戻り、クライマーはここで解散となった。

先ほどの駐車場に戻り、岩場に行く。

080706_08580001

(公園内から見た勝山の岩場)

岩場に着くと、T氏、棒I氏、B場さん、S村氏、マメオさんがおられた。

棒I氏が残念そうに岩を見上げておられ、「こちらの方(かぶっているところ)は濡れていて無理だ」と言われた。見に行ってみると確かに濡れていて登れそうになかった。

一通りルートを見ているとgakuさん一家も岩場に来られた。

乾いてそうな「愛のカンテ(5.11a)」を登ることにした。

準備をしているとT氏と棒I氏は登攀を諦められたようで、戻って行かれた。

さて、気合いを入れて登り始める。ここのエリアはすべて1ピン目が高い。怖々登って何とか1ピン目にクリップ。

ここからかなりホールドに裏切られながら何とか最終ピンまで登るが、すでに腕の力がない...。レストしながらホールドを見てみるが、どれも良くなさそう。

終了点とは逆の方向にモリワキハンガーが設置されていて、そっちに行かないといけないと思い、何回か手を出しては戻りを繰り返していたが、これだと思うホールドに手を出したが、あまくて持てず、また力つきたのもあってフォールしてしまった。

テンションをかけながらゆっくり見てみると、反対の方向にいいホールドがあり、そちらへ行くと終了点まで登り切れた。

私がはじめに行った方向は間違いだった訳では無いようで、昔はそのラインだったそうだ。B場さんはそのラインで登ったそうだ。

その後はしばらく人の登りを見たりビレイしたりしていた。

080706_11080001

(「愛のカンテ」を登られるひがぴょんさん)

080706_11410001

(「愛のカンテ」を登られるyoukoさん)

080706_11570001

(「愛のカンテ」を登られるマメオさん)

080706_13280001

(「エロンティアスピリッツ(5.11c)」を登られるB場さん。オンサイトで登りたいためムーブが見られないのが悔しい!)

しばらく休んでから残置されていたヌンチャクをお借りして「もえつき症候群(5.10c)」に挑戦する。

2ピン目までは何とか登ったが、そこから思いっきり嵌る。

色々試してみたがどれも出来ず、結局フォールしてしまう。

その後もムーブを試してはフォールを繰り返しをしていたが、一向に登れず、「敗退」の文字が頭に浮かぶ。しかしながら5.10台で敗退なんて出来るもんかと自分を奮い立たせ、しばらく打ち込んで何とか終了点まで登り切った。

私の体感では「愛のカンテ」より難しいし、他の人もそのように感じているようだ。

080706_14080001

(「もえつき症候群」を登るB場さん)

080706_14230001

(「もえつき症候群」を登るひがぴょんさん)

この2本でもうぐったり...。(汗のかき過ぎか?)

「愛のカンテ」だけでもRPしようと思っていたが、公園のトイレに行って帰ってくるだけでひいひい言っている自分を見て、登るのを断念する。

後はみんなと話したり、寝てたりしていた。

080706_14470001

(「エロンティアスピリッツ(5.11c)」を登られるマメオさん)

080706_15280002

(「エロンティアスピリッツ(5.11c)」を登られるB場さんと「もえつき症候群」を登られるマメオさん)

今回は「エロンティアスピリッツ」は見ても触ってもいないが、登られたみんなが楽しそうにされているのを聞いて、次回は登ってみたい。

3時半頃だったが、私の体力の限界だったので、終了する。

駐車場に戻ってから、同じように終了されたマメオさんと別れ、湧き水「鬼清水」を汲みに行く。100名水には入っていないそうだが、おいしかった。

080706_16060002

(岩から湧き出す「鬼清水」)

その後「鬼の穴」に入る。

080706_16200001

(「鬼の穴」入口)

50mほど入れるそうだが、10m程入ったところで暗くて見えなくなり断念する。(入口の近くだけ電気あり)

日本の滝100選に選ばれている「神庭の滝」にも行きたかったのだが、遅くなるので今回は断念して帰阪する。

勝山の岩場は初めて行ったが、かなり面白く、また行ってみたい。

2008年7月 5日 (土)

帝釈

日曜日に勝山で清掃活動があるので、土曜日は帝釈へ行く。

3時半頃に山荘に到着して寝る準備をしていると4時頃から雨が降り出した。うわー最悪!と思いながらも横になっていると5時頃には雨は止んだようだ。

何か目が冴えてしまい、うつらうつらしていると明るくなってきたので、7時頃花面公園に壁を見に行く。

第一道場は「ケロケロ」のクラックに染み出しが少しある程度で、太郎岩は全く濡れていなかった。

朝ご飯を食べて準備をしていると、9時ちょうどにマメオさんが来られた。

少し話をして、今日は岩谷へ行ってみることにした。ちょうど話をしているときに名和のmori氏とyone氏が来られ、岩谷へ行かれた。

アプローチで蛙と戯れたり、水の少ない溜まりに残された魚を救出したりしながら岩場に向かい、もう少しで岩場に到着というところでmori氏達が引き返して来られた。

壁が全て濡れていて全滅らしい...。

mori氏達は第一道場へ行かれたが、マメオさんが岩谷が初めてなので、私たちはとりあえず岩場まで行く。

壁を見るとやはり全て濡れていて、登れそうもない。

マメオさんにルートの紹介をしているとじわじわと乾いてきていた。しかし昼過ぎまで登れそうもなく明日は清掃でここでは登れないので、エリアを移動することにする。

第一道場は暑そうなので、登れることを期待して前面岩に行く。

つづら折りを降りてまずは一の壁を紹介。ここの壁も湿っていて登れそうになかった。

渡渉して前面岩に到着。対岸から見たときは判らなかったが、この壁も濡れていた。かなりショック!!

一通りルートを説明した後、マメオさんが「やっぱりラガー(5.11a)」を登られる。

080705_11530001

(「やっぱりラガー」を登られるマメオさん)

マメオさんが登られているとき激しい雨が降り出し、岩の近くにいると雨にかかることはないが、湿度が一気に上がり、岩がますます結露していってしまった。

マメオさんが降りてこられてから、ルートを見て回ったが、濡れていないルートはなかった。この時間から別のエリアに行っても登れないので、登攀を諦めて話をしたり、渡渉しやすいように川に石を積んだりしていた。

雨が収まった時に幻の鍾乳洞の入口を見に行き(柵がしてあるため中には入れない)、山荘に戻る。

東城温泉と買い物に行って帰ってくると、mori氏達が戻ってこられていた。話を聞くと第一道場は地獄のような暑さだったらしい。

I村夫妻も花子岩から戻ってこられて、話を聞くと花子岩は壁も乾いており暑くもなく、良かったそうだ。

ご飯を食べてしばらく話をしていたが、明日5時起きなので9時半頃就寝する。

2008年7月 2日 (水)

OCS

今日はOCSへ。

垂壁の水色テープ、黒テープでアップするが、黒テープの核心部でよれ落ち。今日もお疲れ...。

103手に挑戦するが26手止まり。後はムーブを繋ぎにかかる。

数手ずつムーブを繋いで行き、何とか100手まで登る。

その時点で完全によれてしまったので、1時間半ほどしか登っていないが終了する。

2008年7月 1日 (火)

ナカガイクライミングジム

今日はナカガイクライミングジムへ。

ジムに入って中を見ると、微妙に人が多い。

垂壁でアップするが体が重い...。週末ほとんど登っていないのに何で疲れているんだろう。

じゃまさんが来られたのでご挨拶。このブログで勝負を挑まれていたので、受けて立たないわけにはいかない。

人の登りを見たり、オブザベで十分ムーブを思い出してから前回のコンペルートに取り付く。

ゆっくりとレストしながら登り、コンペの時フォールした35手目を保持。が、手の入れ替えが出来ず、騒いでいるとみんなから笑われた。

何とか持ち替えて42手まで進む。

かなりヘロヘロだったが、しばらくレストして43手目を保持。しかしこのホールドをマッチできずフォールしてしまう。

じゃまさんは2回ほど登られたが、人が多かったので、リードに転向されてしまった。

41手からムーブを探って、しばらく打ち込んで、何とか46手まで繋がった。

9時半頃まで打ち込んでいたが、指が痛くなってしまったので終了する。

第一目標の47手まで後もう少し。しばらく頑張ってみようと思う。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »