フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 帝釈2日目(渓谷コンサート) »

2008年7月19日 (土)

帝釈1日目

3連休で帝釈へ行く。

2時半頃霧降山荘に到着するとすでにBOTCHさんの車があった。

こそっと小屋に入るとすでに寝ておられたのに、起こしてしまった。(すみません)

挨拶もそこそこに寝る準備をして就寝する。

7時頃起きだして花面公園へ第一道場の状態を見に行く。「ケロケロ」のあたりが濡れているみたいだが後は大丈夫そうだった。

小屋に戻るとみなさんが起きてこられていたので、改めてご挨拶。

今回BOTCHさんは九州の方3名と共に来られていた。

朝食を取り、今日は岩谷へ行くことにした。

アプローチの渡渉で、前回来たときはほとんど水が枯れていたが、今回は結構水があった。

岩場に着くと基部がべったりと結露している。

まあ乾くだろうと思い、準備をしているとBOTCHさんのグループとBOSSさん達が来られた。

BOSSとCさんにお会いするのは久しぶりで、しかも岩谷は初めてらしかった。

アップに「おせち(5.10a)」を登る。出だしでいつも使うホールドが濡れていて保持できなかったので、いつもと違う所から登り始める。

持てないほどではないが、岩が結構湿っており、何度か落ちかけたが、無事完登できた。

しばらく休んでから宿題になっている「北斗(5.12a)」にヌンチャクをセットするために登る。

スタートホールドは乾いていたが、スタンスと1手目のホールドが濡れており、2ピン目まで行けない。

チョンボで2ピン目まで登り、後はピンごとに各駅停車でムーブを確認しながら最終ピンまで登る。

最後のスラブがまた濡れており、終了点に行こうとして何度もムーブを起こすが、使っているホールドが保持できずに力をかけるとすっぽ抜けてフォールしてしまう。

とりあえず最後までヌンチャクはかかったので諦めて降ろしてもらう。

九州の方達やBOSSさんたちはコンディションが悪い状態でも楽しく登られていた。

Pa0_0086

(「バージンロード(5.10c)」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0081

(「バージンロード」を登られるF原氏)

Pa0_0079

(「バージンロード」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0085

(「団地妻昼下がりの情事(5.12c)」を登られるI田氏)

Pa0_0080

(「北斗」を登られるひがぴょんさんと「団地妻…」を登られるI田氏)

Pa0_0076

(「団地妻…」を登られるもとえ姉さん)

Pa0_0071

(「北斗」を登られるBOSSさん)

Pa0_0065

(「ビール博士(5.11c)」を登られるBOTCHさん)

Pa0_0069

(「ビール博士(5.11c)」を登られるF原氏)

Pa0_0056

(BOTCHさんはこの悪条件の中、「ビール博士」をRPされた)

Pa0_0061

(「鳥蔵(5.11a)」を登られるCさん)

「北斗」の2便目を出すが、やはり1手目が保持できずフォール。ムーブ確認モードで、ボルトごとテンションをかけながら登っていくが、やはり最後か登れない...。

BOSSさんが登られると言われたので回収はBOSSさんにお願いして降ろしてもらう。

私もひがぴょんさんもよれてしまったので、BOTCHさんやBOSSさん達はまだ登られていたが、私たちは終了する。

風呂に行き、買い物をして小屋に戻ってくるとI村夫妻が来られていた。

BOTCHさん達も風呂から戻ってこられて、みんなで楽しく宴会。

10時頃まで楽しく騒いで就寝する。

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 帝釈2日目(渓谷コンサート) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

帝釈も状態が悪かったんですね~。
権現も結露の嵐でしたし…。
しかし、そんな悪条件でも結果をだすBOTCHさんは凄いですねup

>ふゅきゃ君
「北斗(5.12a)」よりもずっと悪い「ビール博士(5.11c)」を状態の悪い時にRPされたのは凄かったです。
(岩谷の11台はかなり難しい...)
ふゅきゃ君も来たら楽しかったのにね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/22465693

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈1日目:

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 帝釈2日目(渓谷コンサート) »