フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« OCS | トップページ | 勝山清掃活動 »

2008年7月 5日 (土)

帝釈

日曜日に勝山で清掃活動があるので、土曜日は帝釈へ行く。

3時半頃に山荘に到着して寝る準備をしていると4時頃から雨が降り出した。うわー最悪!と思いながらも横になっていると5時頃には雨は止んだようだ。

何か目が冴えてしまい、うつらうつらしていると明るくなってきたので、7時頃花面公園に壁を見に行く。

第一道場は「ケロケロ」のクラックに染み出しが少しある程度で、太郎岩は全く濡れていなかった。

朝ご飯を食べて準備をしていると、9時ちょうどにマメオさんが来られた。

少し話をして、今日は岩谷へ行ってみることにした。ちょうど話をしているときに名和のmori氏とyone氏が来られ、岩谷へ行かれた。

アプローチで蛙と戯れたり、水の少ない溜まりに残された魚を救出したりしながら岩場に向かい、もう少しで岩場に到着というところでmori氏達が引き返して来られた。

壁が全て濡れていて全滅らしい...。

mori氏達は第一道場へ行かれたが、マメオさんが岩谷が初めてなので、私たちはとりあえず岩場まで行く。

壁を見るとやはり全て濡れていて、登れそうもない。

マメオさんにルートの紹介をしているとじわじわと乾いてきていた。しかし昼過ぎまで登れそうもなく明日は清掃でここでは登れないので、エリアを移動することにする。

第一道場は暑そうなので、登れることを期待して前面岩に行く。

つづら折りを降りてまずは一の壁を紹介。ここの壁も湿っていて登れそうになかった。

渡渉して前面岩に到着。対岸から見たときは判らなかったが、この壁も濡れていた。かなりショック!!

一通りルートを説明した後、マメオさんが「やっぱりラガー(5.11a)」を登られる。

080705_11530001

(「やっぱりラガー」を登られるマメオさん)

マメオさんが登られているとき激しい雨が降り出し、岩の近くにいると雨にかかることはないが、湿度が一気に上がり、岩がますます結露していってしまった。

マメオさんが降りてこられてから、ルートを見て回ったが、濡れていないルートはなかった。この時間から別のエリアに行っても登れないので、登攀を諦めて話をしたり、渡渉しやすいように川に石を積んだりしていた。

雨が収まった時に幻の鍾乳洞の入口を見に行き(柵がしてあるため中には入れない)、山荘に戻る。

東城温泉と買い物に行って帰ってくると、mori氏達が戻ってこられていた。話を聞くと第一道場は地獄のような暑さだったらしい。

I村夫妻も花子岩から戻ってこられて、話を聞くと花子岩は壁も乾いており暑くもなく、良かったそうだ。

ご飯を食べてしばらく話をしていたが、明日5時起きなので9時半頃就寝する。

« OCS | トップページ | 勝山清掃活動 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/22126973

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈:

« OCS | トップページ | 勝山清掃活動 »