フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« NKGIシリーズ08第8戦 | トップページ | 小川山2日目 »

2008年9月27日 (土)

小川山1日目 クリーンクライミング

クリーン・クライミング・イン小川山2008に参加する。

土曜日は出社日だったが、有休を取り、折角小川山まで行くので、月曜日も有休を取って3日間で行って来た。

金曜日の19時過ぎに出発し、買い物をしてから高速に乗り、吹田SAで晩ご飯を食べ、小川山へ車を走らせる。

高速を走っている最中にトポを持ってくるのを忘れたことに気付く。

やってしまったー!と思いながらも引き返せないので、そのまま走り続け、道の駅「南きよさと」に2時半頃到着。

6時まで車で寝て、廻り目平キャンプ場には7時頃到着した。

F原氏に挨拶をしてから、テントとタープを設置。

会場の設置をされるそうなので、お手伝いするために会場へ移動した。

写真を撮ろうとデジカメを取り出すが、電源が入らない。あれー?と思ってふたを開けると電池が入っていなかった。

そういえば、出発前に小川山では充電できないから、ぎりぎりまで充電をしようとしていて、そのまま忘れてきてしまったのだ。バカだ...。crying

というわけで写真は携帯で撮りました。

Pa0_0012

(タープの設置を手伝うひがぴょんさん。まるで応援団の旗持ちのよう)

Pa0_0011

(続々と参加者が集まってきた。)

会場設置が整い9時過ぎからF原氏と廻り目平キャンプ場の方の挨拶があって、クリーンクライミングが始まった。

前にも書いたが、小川山の清掃活動は他のエリアで行われているような清掃活動とは少し異なり、クライミングエリアに向かうアプローチでいつもより多くゴミを拾おうというもので、集合時間の4時まではゆっくりとクライミングが楽しめる。

あくまでもクライミングが中心であるという考えらしい。

私たちは一旦テントに戻り、朝ご飯を食べてから出発することにした。

Pa0_0010

(快晴の小川山)

4時には会場に戻ってこなくてはいけないので、八幡沢左岸スラブへ行くことにした。

まずは「ジャーマンスープレックス(5.10b)」を登る。

1便目は核心部で滑ってしまい、フォール。もう1回テンションをかけて、2テンで終了点まで登り切った。

しばらく休んでから2便目で再RP。

次は「トムと一緒(5.10a)」このルートも楽しく再RP。

以前見つけられなかった「春のもどり雪(4P 5.7)」の取り付きを確認しに行って帰ってくるとすでに2時半過ぎだった。

ここから新しいルートを登り始めると4時に戻れるかどうか判らなかったので、ちょっと早いがここで切り上げ、会場までゴミを拾いながら戻る。

去年もそうだったが、クライミングエリアよりもキャンプ場の方が絶対的にゴミが多かった。

会場に戻るとF原氏達が準備をされていたので、お手伝いをする。

4時過ぎになって、みんなが戻ってきたので、イベントが始まった。

Pa0_0005

Pa0_0004

Pa0_0003

今回の参加者は90名あまりで去年に比べれば少ないが、それでも大勢の方が参加されていた。

イベントも終了し、片付けを手伝ってからテントに戻る。

テントに戻る最中に珍しい植物を見つけた。

Pa0_0007

ギンリョウソウ(銀竜草)という草だそうで、色素のない植物らしい。初めて見たのでびっくりした。

金峰山荘のお風呂に入って、夕ご飯を食べる。

しばらく話をしていたが、昨日あまり寝てないので、10時前には就寝した。

« NKGIシリーズ08第8戦 | トップページ | 小川山2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/24147683

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山1日目 クリーンクライミング:

« NKGIシリーズ08第8戦 | トップページ | 小川山2日目 »