フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 帝釈 2日目 »

2008年9月13日 (土)

帝釈 1日目

連休で帝釈に行く。

いつもは前日に出発するのだが、ちょっとした用事があり、土曜日の5時半頃出発。9時過ぎに霧降山荘に到着した。

ちょっと眠かったので、山荘でしばし仮眠。10時過ぎにS木君やU野さん達が来られて目が覚めた。

準備をして岩谷へ移動する。

岩場に着くとすでにべっちさんやりなちゃん達が来られていてボルトチェックをされていた。

準備をして自分がリボルト(グルーイングは飯山氏だが)した「北斗(5.12a)」のチェックを始める。

1ピン1ピンボルトに対して負荷をかけるが、びくともせず問題ないことを確認した。

P9130424

(「ちょっとストリーム(5.11b)」の確認と整備をするU野さん)

ほとんど確認が終わったので、それぞれ自分のクライミングに。

P9130425

(「おせち(5.10a)」でアップをするS木君)

P9130436

(「健KOカンテ(5.12d)」を登られるゲンさん)

P9130440

(「初夜の床上手(5.11c)」を登られるU野さん)

P9130441

(「ビール博士(5.11c)を登られるべっちさん)

リボルトの際に「バージンロード(5.10c)」のボルトが間引きされたのですが、ゲンさんが「ちょっと怖い」と言われていたので、私も登ってみる。

問題のボルトの1ピン下まで登って次のボルトを見るとちょっと距離があり、またボルトの位置関係から絶対に落ちられない。しかもホールドが微妙なので、私が登った感想では5.10cがぎりぎりの人ではちょっと危ないのでは?と思われた。

みんなも同じような意見だったので、後日ボルトを打ち足すかどうか検討されることになった。

2本しか登っていないが、これで終了。(暑さが苦手なので夏の私はこんなもんです。)

山荘に戻り、東城温泉で汗を流してからお買い物。

今回は9名もいたので、みんなまとめて鍋にすることにした。(会計一人500円で夕食も朝食もお腹いっぱい食べられた。)

山荘に戻ると○防さんやgakuさん、飛師達が来られており、みんなで大盛り上がり。

12時頃まで宴会をして、山荘は多かったので、私たちは車で就寝。

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 帝釈 2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

このたびは温泉・買出しツアーでお世話になりました。おかげさまで楽しい宴会になりました。久しぶりにDeep Purpleを聞きました。

>べっちさん
こちらこそお世話になりました。とても楽しかったですね。
私はDeep Purpleはそんなに詳しくないので、べっちさんやひがぴょんさんの知識にただ驚いていました。coldsweats02
またよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/23779045

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈 1日目:

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 帝釈 2日目 »