フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

« 岩谷エリアリボルト 1日目 | トップページ | ナカガイクライミングジム »

2008年9月 7日 (日)

岩谷エリアリボルト 2日目

8時に起床。朝ご飯を食べてから、また乗り合わせて岩場へ移動。

アプローチの川はだいぶ水は引いていたが、それでもいつもよりは水量が多かった。

岩場に着いて準備をして作業を開始する。

私は昨日の続きを行う。

まず終了点まで登り、新しい終了点を設置。

その後最後の中間支点を抜いてアンカーを設置できるように加工した。

後は全ての中間支点のグルーイング(溶剤でアンカーを岩に設置すること)を残すだけという状態で地面に降りる。

この段階ですでに昼を回っていた。

今日は昨日以上の人数が来られており、昨日手が回らなかったルートもどんどんリボルトされていったし、エリアの整備も行われていた。

疲れてしまっていたので、グルーイングは飯山氏にお願いする。

飯山氏は手早く、しかも丁寧で綺麗にグルーイングされ、見ていてとても勉強になった。

P9070415

(グルーイングされる飯山氏)

後は作業されている方を地上でサポートしていた。

P9070419

(gakuさんにリボルト作業を教わるゲンさん)

P9070418

(岩谷エリアは足場が良くなかったので、整備されていた。)

P9070421

(綺麗に階段も作られて、かなり安全になった。)

5時前頃に全ての作業が終了し、片付けて撤収する。体力的にヘロヘロだったので、ドリルはN田君に運んでもらった。(ありがとう!)

霧降山荘に戻り、道具をまとめなおして車に積み込む。

飯山氏や遠藤さん、gakuさんなどみんなとしばらく話してから挨拶をして帝釈を出発。

東城温泉で汗を洗い流してから帰阪する。

今回は大勢の方が集まり、そのほとんどの方が帝釈で顔を会わす方が多かった。作業を楽しみながら行っておられ、みんなこの岩場(帝釈)が本当に好きなんだなぁと感じた。

私のリボルト作業に関しては久しぶりなので結構疲れたが、他のエリアよりも一番良く登らせてもらっている帝釈でのリボルトだったので、少しでも役に立てたらと思ったので参加できて良かった。しかも上手い人の作業を間近に見せてもらえて、勉強になった。

またこの様な機会があれば参加したいと思う。

« 岩谷エリアリボルト 1日目 | トップページ | ナカガイクライミングジム »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

岩谷に足場が出来ていますねeye
すごい!!
今度リボルトする時は、ふゅきゃは下でちょろちょろする役目でm(_ _)m

>ふゅきゃ君
すごいでしょ!人海戦術ですごく綺麗に整備されていました。

>今度リボルトする時は、ふゅきゃは下でちょろちょろする役目でm(_ _)m
いやーふゅきゃ君はリボルト職人として頑張ってもらわないと...。

リボルトお疲れ様でした。
来週三連休の1日岩谷へ行く予定なので「北斗」触らせていただきます。
それから以前に案内してもらった時、川には水がほとんど流れていなかった時でしたが、今は流れているようですねぇ…川に入らないアプローチは初めてでも分かりますかねぇ…

>マメオさん
川の水は若干流れていますが、水に浸からなくても行ける状態でしたよ。
(集中豪雨の時は別でしたが)
川に入らないアプローチ(といっても一度川を横切らないといけないのですが)は判ると思いますが、今の時期は草がかなり生えていますので通るのが大変だと思います。
3連休は私たちも帝釈へ行きますので、良ければご一緒しましょう!happy01

sign03よろしくsign03sign03scissors

岩谷エリアのリボルトお疲れ様でした。
僕も参加したかったのですが車が入院していたので近場の本匠でした。

今度の3連休帝釈の予定でしたが皆さんの都合が付かず初心者を一人抱えてるので厳しいっす・・・
団地妻が恋し~い!!

>BOTCHさん
車が入院ですか?それは大変ですね。
今週末の連休にお会いできないのは残念ですが、またお会いしたときは一緒に遊びましょう。
団地妻もどこにも行かず、BOTCHさんに落とされるのを待ってますよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/23591013

この記事へのトラックバック一覧です: 岩谷エリアリボルト 2日目:

« 岩谷エリアリボルト 1日目 | トップページ | ナカガイクライミングジム »