フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« OCS | トップページ | 岩谷エリアリボルト 2日目 »

2008年9月 6日 (土)

岩谷エリアリボルト 1日目

岩谷エリアのリボルトのため帝釈へ行く。

7時頃に家を出発したが、途中でリボルトに必要な道具を買ったりしていたので遅くなり、霧降山荘に3時前に到着。

駐車エリアに車が何台かあったので、山荘には入らず車で寝る。

6時頃話し声で目が覚める。6時半頃までうだうだしていたが、寝られなくなったので起きる。

山荘には関東から来られた飯山氏と遠藤さん、広島の○防氏やR氏達のグループなどがおられた。

朝ご飯を食べたり話をしていたりしていると8時を過ぎたあたりから続々とクライマーが集まってきた。

岩谷エリアの駐車場はそれほど広くないので、乗り合わせてエリアに移動。

エリアに着くとすでに何本かFIXロープが張ってあった。

○防氏を中心とした打ち合わせがあり、作業にかかる。

私は作業がゆっくりなのといつも無駄に体力を使い、疲れるのが早いので、比較的短い「北斗(5.12a)」を担当させてもらった。

まず作業するのに必要なFIXロープを張ってから作業開始。

P9060401

(7本のルートを同時進行でリボルトする。)

1本目のボルトを苦労しながら抜いてアンカーを設置できるように穴を加工する。

1個仕上がった(溶剤で固定はしてません)時点でドリルのバッテリー切れ。OCSで水曜日に充電してもらっていたのだが、どうやら放電していたようだ。

下に降りて充電できるのを待ち、再び作業開始。

P9060403

(上が「ビール博士(5.11c)」をリボルトされるR氏、下は「北斗」をリボルトするyukio)

P9060406

(岩に穴をあけるときは、いつも緊張する。)

P9060409

(R氏よりリボルト方法を習った後、作業をされるS木君)

3時頃から雨が降り出したがあまり濡れないため作業は続行。

6本目の加工が終わった時点で疲れてしまったので、中間支点1本と終了点を残して今日の作業は終了とした。

作業している間、かなり酷い集中豪雨があり、アプローチの川が今まで見たこともないぐらい増水していた。

川にはまらないようにへつりながら駐車場まで戻る。

山荘に戻って私たちが東城温泉へ行っている間、S本さんやM田さん達が夕ご飯を作って下さっていた。

コミュニティーセンターの食堂で懇親会が行われた。いろんな人と話が出来て楽しかった。

P9060410

P9060411

P9060412

P9060413

(懇親会の様子)

11時頃まで楽しく騒いでお開きとなった。

« OCS | トップページ | 岩谷エリアリボルト 2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

リボルトお疲れ様でした。
ふゅきゃは慣れないドリリングの影響で背中、肩などが筋肉痛ですwobbly

>ふゅきゃ君
お疲れさまでした。
私も満身創痍です。bearing
ふゅきゃ君の作ってきてくれた「生キャラメル」はおいしかったです。いつもありがとうね。
またよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/23590414

この記事へのトラックバック一覧です: 岩谷エリアリボルト 1日目:

« OCS | トップページ | 岩谷エリアリボルト 2日目 »