フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 遠征2日目 »

2009年6月13日 (土)

遠征1日目

今回もいつもの岩場へ。

山荘で寝て8時頃起床。BOTCHさんと合流して、前回のエリアへ行く。

行ったときは私たちだけだったが、後から長老夫妻とS水さん一行が来られた。

まずは「バージンロード」でアップ。久しぶりに登るが、相変わらず楽しいルートだ。

ちょっと嵌りかけたが無事完登。

しばらく休んでから「初夜の床上手」のヌンチャク掛けとムーブの確認に1便目を出す。

出だしをBOTCHさんに教えてもらったムーブに変えると、手数が減って楽になった。

テンテンで終了点まで登って降りてくる。

ビレイや観戦をしていたら、RPが続出。それに続けと2便目を出す。

順調に高度を上げていき、終了点1ピン前まで登るが、もうヘロヘロ。

何とかレストして最後のムーブにはいるが、失敗してフォール。

ありとあらゆる悪態を付きながら降ろしてもらう。(すみません...。)

今日はもう登るつもりはなかったが、ビレイをしたりみんなの登りを見ていたりしていたら気持ちが落ち着いてきて、時間もあったしもう1便出すことにする。

さあ、3便目。気持ちを落ち着かせて登り始める。

ひがぴょんさんやBOTCHさんが下から話しかけてくれて、気負いしないようにしてくれた。

順調に高度を上げていき、終了点1ピン前まで登る。

嫁長老さんがされていたムーブが楽そうだったのでやろうとするが、体の置き方が判らず、レストポイントまで戻る。

で、今までのムーブで登ろうと動き始めると、今度は先ほど失敗したホールドが保持できた。

後は最後の力を振り絞って終了点まで登り切り、終了点にクリップ。

やったー!!登れた!!

このルートは2003年8月に手を付けてから、登れるのに約6年かかったので感動もひとしおだった。(このエリアにあまり行けなかったり、行っても別のルートをやっていたりしたので年数がかかってしまったのもあるが。)

全てのホールドに感謝しながら掃除と回収をして降ろしてもらう。

いい時間になったので終了する。

風呂に行き、買い物から帰ってくると、はじめは私たち3人だけだったが、I村夫妻が来られたり、長老夫妻も来られて、とてもにぎやかになった。

別の所に泊まられる長老夫妻が帰られて、しばらくしてからM野夫妻が来られ、また岩場の話で盛り上がる。

頑張って起きていたが、12時頃にみんながまだ話されている中、あまりにも眠かったので撃沈してしまった。(宴会は1時半頃まで続いていたらしい...。)

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 遠征2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/30115529

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征1日目:

« ナカガイクライミングジム | トップページ | 遠征2日目 »