フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 遠征 3日目 | トップページ | スハラジム »

2009年10月14日 (水)

ながの村の宿泊等について

先日ながの村の村長さんとお話しする機会があったのだが、花面公園などでキャンプされている方は利用料を払っているのか?と聞かれた。

知らない方も多くおられると思いますが、ながの村でのキャンプは有料です。

料金はテント1張り1泊200円で、霧降山荘の料金箱に入れるか、コミュニティーセンターが開いている場合は村長さんに直接払ってもらっても結構です。

ちなみに霧降山荘の利用が1泊300円で、風呂を使用した場合1人100円となります。
以前風呂は何人使っても200円となっていましたが(100岩場にそのように載っていたかも?)、シャワーが付いたことにより以前よりお湯をたくさん使うということで、その当時の常連さん達の間で、1人100円にしようということになりました。

その他の宿泊施設は清沢山荘が1泊1,000円、コミュニティーセンターとオーナーズハウスが1泊2,500円となっており、この3カ所は予約が必要です。
(この3カ所は私は利用したことがないのですが、かなり快適だそうです。)

宿泊とは別の話になりますが、最近コミュニティーセンターの外にあるトイレが汚れていることがあるそうです。
もし汚してしまったり、汚れているのを見かけたら、トイレ備え付けのブラシやほうきで掃除してください。
みんなで綺麗にして、気持ちよく利用しましょう!

トイレ関係では村の方がクライマーは岩場でのトイレはどうしているのか心配されているそうです。
出来るだけトイレのあるところで済まして岩場に行き、緊急の場合でも穴を掘って行う等工夫をし、使用した紙は必ず持ち帰りましょう。

また、10月25日にながの村にて「渓谷コンサート」が開催されます。
私もここ3年ほど聴かせていただいているのですが、毎年すばらしく、今年も仕事が入らなければ行こうと思っています。
入場料は1,000円で、コンサート終了後に幻の鍾乳洞か山野草の里の見学も出来ます。

090913_171601 

みなさんも、すばらしい音楽で心を癒されてみてはいかがでしょうか?

« 遠征 3日目 | トップページ | スハラジム »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/31779552

この記事へのトラックバック一覧です: ながの村の宿泊等について:

« 遠征 3日目 | トップページ | スハラジム »