フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« 遠征 | トップページ | スハラジム »

2009年10月25日 (日)

渓谷コンサート

今日はながの村で行われた渓谷コンサートを聴きに行く。

起きた時間がまだ早かったので、霧降山荘でゴロゴロしているとべっちさんがお子さんや知り合いの方々を連れてこられた。

しばらくべっちさんのお子さんやお友達と遊んで(遊ばれて?)から登りに行かれるマンゾーさんに挨拶をしてコンサート会場の花面公園へ移動する。

花面公園には9時半頃着き、入場料を払って入る。

Pa250513

(渓谷コンサート会場(何故か蛙が...。coldsweats02))

コンサートが始まるまで時間があったので、展望台から下帝釈峡を眺める。
紅葉が始まっており、凄く綺麗だった。

Pa250514

(紅葉の始まった下帝釈峡)

今回の渓谷コンサートはフルート&ソプラノとピアノ伴奏。

下帝釈峡に響くフルートやピアノの音色、ソプラノの歌声はとてもすばらしく、とても良いコンサートでした。

Pa250516

(フルート&ピアノ)

Pa250517

(ソプラノ&ピアノ)

Pa250518

(最後は3者での共演)

コンサート終了後にコンサートを聴きに来られていた○防さん、U野さん、T橋さん、H山さんと合流。

昼ご飯に炊きたてのおいしいご飯(なんと無料!!)をいただき、おかずに鮎の塩焼きと地鶏の焼き鳥を購入して、おいしくいただく。(これもコンサート後の楽しみの1つ)

昼から「幻の鍾乳洞」見学に参加する。

鍾乳洞に入るのは今年で3度目だが、何回入っても幻想的な鍾乳石に圧倒される。

Pa250521_2

Pa250522

Pa250523

Pa250526

Pa250529

Pa250528

(世界でもまだ3例しか見つかっていないという「カルサイトテーブル」)

鍾乳洞をたっぷり堪能した後はクライミングエリアへ移動してクライミングを楽しむ。

「やっぱりラガー」を登るが、3ピン目からテンション。各駅停車で何とか終了点まで。(情けないなぁ...。)

BOTCHさんがヌンチャクをかけられたのでお借りして「亀の穴」を登るが、これも3ピン目まで。
4ピン目まで登るが、そこからまた嵌ってしまい(昔ムーブを確定したが、微塵も覚えていなかったcoldsweats01)、何回か打ち込んで何とか終了点まで登り切る。(RPまで遠いなぁ...。)

Pa250530

(「亀の穴」を登られるBOTCHさん)

Pa250532

(「亀の穴」を登るyukio)

Pa250538

(「テンシーの誘惑」を登られるひがぴょんさん)

Pa250539

(「テンシーの誘惑」を登られるBOTCHさん)

ビレイしたり人の登りを見ていたりしていると遅くなってしまったので、慌てて撤収準備をして、暗くなってしまった坂道をヘッデンの明かりを頼りに登り返す。

小屋でみんなとお別れして、BOTCHさんと3人で温泉に入りに行き、いつものお店(すっかり店のおばちゃんと顔見知り)で晩ご飯を食べてから、BOTCHさんと別れを惜しみながら帰阪する。

« 遠征 | トップページ | スハラジム »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

いつも我が家の愚息と遊んでいただきありがとうございます。彼の頭の中では、帝釈と言えば「ライト兄+カエルのお姉ちゃん」がセットになっているようです。また遊んでやってください。
それにしても「幻の鍾乳洞」は素晴らしかったですね。来年も参加したいと思います。

>べっちさん
元気のあるお子さんですね。
私は子供と遊ぶのが好きなので、全然構いませんよ。(というか、遊んでもらって楽しいhappy01
「幻の鍾乳洞」は何回入っても感動しますよね。
私も来年も参加しようと思っています。

「幻の鍾乳洞」はホント感動です。
一年に一回という少し記憶が薄れ掛けた期間ってのが又良い。
例のエリアにも又行きたいし!
当然次回も参加です。今度は時間調整上手くやりましょう!

>ライト弟
そうですね。去年判っていたはずなのに、今回も時間調整を間違ってしまいましたね。
来年は上手しましょうね。

「幻の鍾乳洞」はもっと奥まで入ってみたいです。
一度お金を払って入ってみようかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/31946609

この記事へのトラックバック一覧です: 渓谷コンサート:

« 遠征 | トップページ | スハラジム »