フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« 遠征 1日目 | トップページ | OCS »

2010年9月12日 (日)

遠征 2日目

7時半頃起床。

朝ご飯を食べた後準備をして、I村夫妻と私たちは今日もフラワーロックへ。TO隊長達は第二道場へ行かれた。

岩場に着くとすでにボス達が登っておられた。

P9120475

(「くりご飯」を登られるCさん)

いつものように「Over Play」でアップしようかなと思っていたが、N尾君達が登っておられたので、「CB返し」でアップすることにする。

「CB返し」を登るが、今回ももたもたしてしまった。

戻ってくると「Over Play」が空いていたので、残置されていたヌンチャクをお借りして登らせてもらう。
今日は昨日より体が動き、軽快に登ることが出来た。

P9120477

(「Over Play」を登られるT.N氏)

しばらく休んで、I村氏が登られていた「猿拳」を登る。
「サルも木から落ちるかも」は無事登れたが、そこから出だしで大嵌り。
何度かやったが結局判らないまま、チョンボして3ピン目まで登った。
そこからムーブを探っていると、保持していた岩が拳3つ分ぐらいの大きさで剥がれてしまい、フォール。
このとき指をちょっと切ってしまったために断念して降ろしてもらう。

その後T.N氏も登られた。

P9120479

(「サルも木から落ちるかも」を登られるT.N氏)

P9120483

(そのまま「猿拳」を登られるT.N氏)

T.N氏でも苦労するらしく、途中で降りてくられた。

N尾君が登っておられたので、ちょっと見物。

P9120484

(「山ちゃんのルート」を登られるN尾君)

今日は早く帰られるというI村氏が最後に「猿拳」を登られる時に、私のヌンチャクと掛け替えてもらうために、ヌンチャクを託す。

I村氏の登りを見ていたが、またホールドが剥がれたため(今日だけで3カ所)、登るのが怖くなっったので、ヌンチャクを回収してもらう。

さて何を登ろうかと考えていたが、ボス達が帰られるそうなので、ヌンチャクを回収がてら「サルも木から落ちるかも」を登らせてもらう。
今回は最後ののっこしで失敗してしまったためワンテンで終了点まで登り切り、ヌンチャクを回収して降りる。

ボス達とI村夫妻が帰られてしまい、岩場には私たちとT飼氏達の4人になってしまった。

T.N氏が「くりご飯」から「猿拳」に途中から合流するラインの「小猿拳(仮称)」を登られるのでビレイをする。

P9120485

(「小猿拳(仮称)」を登られるT.N氏)

○防さんがこのルートを開拓されているときにかなり岩を落とされたので危ないから止めておこうと言っていたラインだが、実際「猿拳」でかなりホールドが剥がれたのを見ると、こちらの岩の方が安定していそうだった。(私は登っていないので、見た目でしか判らないが。)

「小猿拳(仮称)」はしんどそうなので、回収してもらい、「女殺し」を触ってみる。
2ピン目までは何とか登れたが、そこからが全然出来ない。
散々ムーブを起こしてはフォールを繰り返していたが、結局解決できずに断念。ヌンチャクを回収しながらクライムダウンで降りてきた。

最後にヌンチャクが残置されていたので、「CB返し」を登る。
Aさんにヌンチャクを借りて良いか聞くと、回収して欲しいと言われたので、喜んで登る。
体力がほとんどなかったので、大丈夫かなと思ったが、逆に力が抜けていて2日間で一番綺麗な登りだったと言われた。(何か複雑...。)

T飼氏達も帰られ、最後にT.N氏のビレイをしてから、私たちも撤収する。

帰りに小屋で置いておいた荷物をピックアップして、温泉に入り、晩ご飯を食べてから帰阪する。

今回はひがぴょんさんが行けなくなったことでどうしようかと思ったが、T.N氏が声をかけてくださったおかげで、登りに行けて良かった。

« 遠征 1日目 | トップページ | OCS »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/36710694

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征 2日目:

« 遠征 1日目 | トップページ | OCS »