フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« お見舞いのちヒグラシ | トップページ | 小川山 2日目 »

2010年9月25日 (土)

小川山 1日目

9/25に「クリーンクライミング in 小川山 2010」があったので参加する。

24日の夜7時頃出発し、買い物&晩ご飯のため少し時間がかかってしまったため、道の駅「南きよさと」に1時頃到着。車で仮眠する。

6時半頃起床して廻り目平キャンプ場に移動。朝方まで降っていた雨も止んだようだ。

テントを設営していると最寄りの岩場でよく会っていたMさんに出会う。久しぶりだったので、少し挨拶をする。

テント設営後、会場に設営の手伝いに行くと、時間が遅かったせいか、準備はほとんど終わっていた。
F氏夫妻がおられたのでご挨拶。

9時から「クリーンクライミング in 小川山」が始まった。

P9250488

(朝から大勢の方が集まった)

P9250489

(挨拶をされるF氏)

いつもは岩場へのアプローチでゴミを拾い、夕方に集合するのだが、今回は岩が濡れていてすぐには登れそうに無く、天気が良くなってきたので昼からは登れるだろうということで、集合は11時になった。

キャンプ場を中心にゴミを拾い、ゴミ袋1つがいっぱいになったところで、会場にゴミを置いて一旦テントに戻る。

朝ご飯を食べていなかったので、朝ご飯を食べて、10時半過ぎに会場に戻る。
分別作業を行ったが、今回はゴミの量が結構少なかった。

P9250490

(分別したゴミ。この後もう少し集まった。)

P9250491

(金峰山荘さんのご厚意で豚汁の炊き出しがあった。)

P9250492

(豚汁を食べてご満悦のひがぴょんさん。とてもおいしい豚汁でした。)

スリックラインのデモが開催されるので、準備されているところを見ていると、焚き火の準備を手伝って欲しいといわれたのでお手伝いする。

焚き火の準備が楽しくて嵌っていると、その間にスリックラインのデモが終わってしまった。
(写真はひがぴょんさんが撮影)

P9250497

P9250499

(スリックラインのデモンストレーションの様子)

その後は恒例のじゃんけん大会。
そのとき大阪のA藤さんに出会ったので少し話す。先週から来られていたそうだ。

じゃんけん大会ではTシャツをゲット!

P9250502

(たくさんのクライマーが参加された)

P9250505

(来られていたスポンサーの方々)

最後にF氏から〆の挨拶があり、「クリーンクライミング in 小川山 2010」は終了した。

P9250507

(挨拶をされるF氏)

終了後スリックラインで遊ぶ。以前OCSでちょっとだけやらしてもらったことがあるが、今回も全然歩けなかった。(3歩出すのがやっと...。)

P9250493

(スリックラインで遊ぶひがぴょんさん)

テントに戻り、昼食を食べてからどうしようかと考えていたが、すでに3時だったので、ルートは断念してボルダーをすることにする。

土曜日なので空いているだろうと思い、クジラ岩へ行く。
予想通り空いていたので、クジラ岩で登ることにした。

まずは「フィン」でアップ。6級なので簡単だと思っていたが、失敗してしまい、3撃目ぐらいで何とか完登。
抜けの部分が濡れていてちょっと怖かった。

「穴社員」を登られている方がおられたので、混ぜてもらう。

P9250508

(「穴社員」を登られるひがぴょんさん)

P9250511

(「穴社員」を登るyukio)

なかなか登れなかったが、ふとみんながやっているムーブから自分に合うように変えてみると、これがしっくり行き、無事に完登できた。
小川山では3級は初めてだったので、かなり嬉しい。

指が疲れてしまったので、後はみんなの登りを観戦。

5時を過ぎると急激に暗くなっていき、スタンスが見えなくなってきたので終了する。

金峰山荘でお風呂に入り、ひがぴょんさんを待っているときに、兵庫のSさんと会ったのでしばらく話をする。

テントに戻り、晩ご飯。
判ってはいたが、小川山の夜はかなり寒く、ダウンまで着た上に、焚き火をして暖を取った。

11時近くまで楽しく話して就寝する。

« お見舞いのちヒグラシ | トップページ | 小川山 2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/36949684

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山 1日目:

« お見舞いのちヒグラシ | トップページ | 小川山 2日目 »