フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« ヒグラシ | トップページ | 勝山 2日目 »

2010年11月13日 (土)

勝山 1日目

今年の勝山の清掃の前夜祭で、ひがぴょんさんが地元の方と仲良くなり、その話の中で毎年勝山でキャンプファイヤーをされているという話があった。

先日地元のクライマーでもあるT氏から、11/13の晩にキャンプファイヤーをするので来ませんか?とのメールがひがぴょんさんに届いた。
ひがぴょんさんから連絡があったので、今週末はひがぴょんさんと杉ちゃんとで勝山へ行くことにした。

6時半前に十三を出発し、ひがぴょんさんと杉ちゃんを順番に拾って、池田ICに向かうが高速は大渋滞。
仕方がないので宝塚ICまで下道を走り、高速に乗れたのがすでに8時過ぎになっていた。

そこから朝ご飯を食べたり、高速を降りてからコンビニで昼ご飯を買ったりしていたので、駐車場に着いたのはすでに11時を回っていた。

勝山の岩場周辺は紅葉がとても綺麗だった。

Pb130071

(紅葉の中の岩場)

岩場への移動中にちょっとしたアクシデントもあったが、無事岩場に到着。
岩場ではすでに○防さん、UMIちゃん、H山さんが登っておられた。

Pb130073

(「秘密の穴園」を登られる○防さん)

準備をして「海へGO!GO!」でアップ。

Pb130075

(「海へGO!GO!」を登られる杉ちゃん)

お昼ご飯を食べてから「もえつき症候群」を登る。
グレードは5.10cだが、核心が苦手でフォール。うーん、情けない...。

Pb130079_2

(「もえつき症候群」を登られる杉ちゃん)

今回の私はリハビリモードで超まったり。

ゆっくり休んだ後、悔しかったのでもう一度「もえつき症候群」を登る。

核心を越えたところで嵌ってしまい、少しやばかったが、何とか完登。

ゆっくりしたりビレイしたりしていると、いい時間になったので撤収。

風呂や買い物に行ってからだと暗くなるので、まずテントを張ってしまおうと、キャンプファイヤーの会場である勝山運動公園に移動。

すでに多くのライダーの方たちが集まっておられ、準備をされていた。

テントを張って、まずは温泉に。
真賀温泉に行きたかったが、駐車場がいっぱいで入れなかったので、近くの足温泉(たるおんせん)へ。

Pb130085

入浴料は真賀温泉ほどではないが、420円と安く、露天風呂もあったので、とても気持ちが良かった。

帰りにスーパーで食材を買い込み、キャンプ場へ戻る。

すでにキャンプファイヤーは始まっていた。

Pb130087

鍋の準備をして宴会開始。まずは自己紹介をしてから色々な話をして盛り上がる。

話を聞くとK氏や連絡を下さったT氏が中心となるライダーの集まりで今年で約10年になるらしい。

Pb130086

(宴会風景)

UMIちゃんが「キャンプファイヤーといえばやっぱりこれでしょう!」と言ってマシュマロを取り出したが、キャンプファイヤーの規模があまりにも大きすぎて、火に近づけず、結局炭火で焼くことに↓↓↓

Pb130089

これが大好評で、みんな焼きまくりの食べまくり(笑)

しばらくして、今日は仕事だったというB場さんも来られた。

みなさんのバイクを紹介してもらう機会があったので、色々見せてもらうが、私は元々バイク乗りだったので大興奮!

大型のバイクが多く、みなさん愛情たっぷりに手入れされているので、すばらしかった。

車を手に入れたときに、ほとんど乗らなくなったので手放したが、また乗りたくなってきたなぁ...。

その後も楽しい話で盛り上がったり、持ち寄った食べ物を食べたりして楽しんだ。

Pb130090

(赤穂の方がもってこられた牡蠣は絶品だった)

しばらくして、キャンプファイヤーにみんな集まった。
パレットをいくつか放り込み、大きくなった炎はとても綺麗だった。

Pb130093

Pb130095

(炎を眺めるひがぴょんさんたち)

その後はそれぞれ、話をしたり、宴会をしたりと好きずきに過ごしたが、私は炎の綺麗さに見とれて、ライダーの方達とちょこちょこ話しながら炎を眺めていた。

12時頃になってラストファイヤーということで残っていたパレットを全てキャンプファイヤーにぶち込んだ。

Pb140107

炎は凄く大きくなって、一時は高さが6mくらいまで上がった。

しばらくするとだんだん炎も収まってきて、だんだん小さくなっていった。

Pb140110

(小さくなってしまったキャンプファイヤー)

炎がほぼ出なくなり、炭火状態になった頃、杉ちゃんが「裸足で足を暖めると凄く気持ちがいい」と言われたので、やってみると実に気持ちがいい。

みんなもやり始めたので、炭火の周りに裸足で寝ころぶ怪しい団体になった(笑)

Pb140112

しばらくこうしていたが、あまりにも気持ちが良くて、このまま寝てしまいそうになったので、2時頃テントに戻って就寝する。

« ヒグラシ | トップページ | 勝山 2日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

この時期にキャンプファイヤーとは珍しいですな~。
しかし、6Mになろうかという炎でマシュマロを焼こうと言う、UMIさん豪快ですね(*゚▽゚)ノ

>ふゅきゃ君
夜も朝も思ったほど寒くなくていい感じでしたよ。
(例年はもっと寒いらしいのですが...。)

UMIちゃんはこんなに大きな炎とは知らずに持ってきたみたいです。
私がキャンプファイヤーの炎での焼きマシュマロに挑戦しましたが、あまりに暑すぎて近寄れず、敗退しました。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/37671932

この記事へのトラックバック一覧です: 勝山 1日目:

« ヒグラシ | トップページ | 勝山 2日目 »