フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

御手洗

今日は御手洗へ行く。

Yちゃんが仕事なので、送った後に御手洗へ移動。

途中の黒滝の道の駅では、ツバメの子供が巣からはみ出すぐらい大きくなっていた。

Cimg1132

11時前に漁協前の駐車場に到着。
駐車場にはヒグラシのお客さんのヤマ先生やK君などがおられたので、ご挨拶。

漁協に駐車場代を払いに行こうと思って歩き出したら、K君から払い方が変わった事を教えてもらった。

Cimg1133

(駐車場に置いてあるこの車にお金を入れる。)

Cimg1134

小鉄君やカイ君に挨拶しに行くが、あまりの暑さにぐでーっとなっていた。

岩場に到着するとすでにすごい人がおられ、その中にきむきむさんやヒグラシのお客さんたちがおられた。

Cimg1138

(賑わう岩場)

まずは「御手洗マルチ」でアップ。いつものように1ピッチ目はノーハンド、2ピッチ目は立ってスタートした。

「トラバース」でもアップ。
きむきむさんがおられたので、ここでしばらくだべリング。

「無題」を登ると、今回も一撃。苦手意識はぬぐえたようだ。

「ケロ」の二級バージョンは問題なく登れたが、一級バージョンに挑戦すると全然登れず。

しばらく打ち込んだが、全然登れなかったし、おなかが空いてしまったので、昼ご飯を食べる。

ちょっと休んだ後、再び「ケロ」の一級バージョンに打ち込むが、進展なし。

「無題」の直上にも挑戦するが、1手目に届かず敗退。
きむきむさんにコツを教えてもらうが、それでもできなかった。

これまた宿題になっている「ターターシン」に挑戦。
完全に忘れていて、1手も出なかったが、sakaさんのアドバイスで思い出し、3手目までは行けるようになったが、4手目が届かずフォール。

Cimg1139

(「ターターシン」を登るyukio)

Cimg1141

(ここが出来ないんだよなぁ...。)

「ターターシン」に打ち込んでいるとナカガイジムであっていた人や、シエスタの常連さんたちが来られたので挨拶をしたりしながらもさらに打ち込む。

結局進展がないまま体が終わってしまったので、4時半に終了。
もっと登りこまんとあかんなぁ。

2012年5月22日 (火)

シエスタ

今日は久しぶりにシエスタへ行く。

会社から一旦家に帰ってから準備をしてシエスタに向かい、7時ごろ到着。

コーヘー君はおられなかったが、お客さんの中に、つなぎの社長さんとS水氏がおられた。

まずは白ルート(5.10d?)でアップしてからマンスリー課題に。
今回のマンスリー課題は30くらいあるそうだ。
(でも易しい課題が増えたわけではないみたい。)

1番から順番に登って、10番までは一撃できたが、11番ではまる。
好き系の課題で悔しかったので、つなぎの社長さんにアドバイスをもらいながら、数回打ち込んで無事完登。

12番は一撃。

13番は同じ場所で常連さんがセッションをされていたので後回しにして、14番に挑戦。
何回か挑戦するが、最後の一手が出せずに敗退。

13番付近が空いたので挑戦する。S水氏やつなぎの社長さんのアドバイスをもらって何度が登っているうちに、終了点をつかめたが、スタンスが1つ間違っていたことが判明。
悔しいので何回か打ち込んで、ようやく完登で来た。

17番にも挑戦するが、散々打ち込んで終了点1手前どまりで敗退。

15,16番にも挑戦するが、何回か打ち込んだがどちらも登れずに敗退した。

14番に打ち込もうとしたが、指が痛くなってしまい、指がホールドを拒否するようになってしまったので、9時半ごろ終了する。

2012年5月15日 (火)

ヒグラシ

ブログには書けていなかったのですが、結婚後も月に2,3回はジムには行っていました。

今日はヒグラシへ。

6時半ごろに到着したのですが、Ryuta君と話に花が咲いてしまい、7時過ぎまで話し込んでしまった。coldsweats01

その間にYちゃんも来られたので、準備をしてようやく登り始める。

青ルートを登ってみると、なかなか骨のあるルートで危うく落ちそうになった。
何とかOSしてルートを見ると、見落としていたホールドが3つもあった。(遠いなぁとは思っていたが、登っている最中は気づかなかった。)

腕がパンパンに張ってしまったので、しばらく休んでからすべてのホールドを使って登ってみて納得。

マンスリー課題が出来ていたので挑戦する。1,2番は登れたが、他は登れず。

S水さんが来られて久しぶりだったので、しばらく話をしたり、S水さんのお連れさんの登りを見たり、Yちゃんの登りを見たりしながら、マンスリー課題にいくつか挑戦したが、結局登れず。

しばらく登っていなかったら、我慢できなくなっていて、耐えないといけないところでもすぐに手を離してしまう。
これはリハビリが必要だ。

9時過ぎまで楽しく登って終了する。

花子岩の駐車場についてのお願い

TCNetから帝釈の花子岩駐車場に関する以下のお願いが届きました。

-----------------------------------------------------

クライマーが花子岩の駐車スペースとして使わせていただいている場所ですが、6月3日(日)は地域の行事があるため駐車はご遠慮願います。

6月3日(日)にクライミングされる方は、ながの村(霧降山荘)に車を停めてアプローチして下さい。

よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------

地主さんの善意で使用させていただいている駐車スペースなので、必ず協力していただくようお願いします。

2012年5月12日 (土)

六甲山

5/5

Yちゃんが次の日から仕事なので5/5に六甲山を登りに行った。

近くの駅からJRで芦屋まで移動。そこから徒歩で阪急芦屋川駅へ。
駅前のコンビニで昼ご飯を購入して11時半頃出発。

少し歩いて大谷茶屋に到着。

Cimg1112

(高座ノ滝)

ここで昼ご飯を食べようかと思ったが、人が多かったので先に進む。

そこから少し行くと登山者の渋滞が出来ていた。

Cimg1113

(写真ではわかりにくいが、凄い人だった。)

少し並んでいたが、あまりに遅いので断念して、地獄谷を経由して風吹岩に行くことにした。

こちらの道はあまり人が通っていないようで、いきなりガレ場があったり、踏み跡をたどったりして先に進む。

Cimg1114

(いきなりガレ場があった)

ガレ場を過ぎて少し行くとハンガーが設置されている岩を見つけた。
ここでクライミングがされているみたいだ。

Cimg1116

(ハンガーが設置されていた岩壁)

詳しい地図を持っていなかったので、正しい道を歩いているのか不安を抱きながら先に進んでいたが、標識が出てきてほっとする。

しばらく歩いて1時前に風吹岩に到着。

Cimg1122

ここも人がいっぱいだったので、昼ご飯を食べることを断念し、六甲最高峰を目指す。

ここまではあまり人と会わなかったが、ここからは大勢の登山者がおられた。

しばらく歩くと雨ヶ峠手前で休めるところがあったので、そこで昼ご飯。
食べ始めると、虫がたくさん寄ってきて大変だったので、途中で食べるのを断念した。

天ヶ峠も人が多かったので、通り過ごす。

しばらく歩いて一軒茶屋に到着。ここまで来ればもう少し。
だが、ここからアスファルトやコンクリートの道になったので、ちょっと悲しかった。

2時半過ぎに六甲山最高峰に到着。

Cimg1125

少し降りたところの日陰で、先ほど食べられなかった昼ご飯を食べる。

今日は有馬まで抜ける予定だったので、3時頃出発。

少し行くと前から来た人から「黒田さん?」と声をかけられた。
よく見るとN尾君だった。最近トレイルをしているらしく、今日は六甲山に走りに来たらしい。

久しぶりだったので、ちょっと話をしてから別れる。

有馬まではYちゃんのすすめでもみじ道を進む。所々で綺麗な景色を楽しみながら有馬まで降りた。

4時過ぎに有馬に到着。

金の湯に入ろうと行ってみたが、凄い人で待ち時間が長そうだったので断念して銀の湯に移動する。

Cimg1129

(銀の湯)

銀の湯の方も並んでいたが、それほど時間もかからずに湯に入れた。
気持ちのいい湯をしばらく堪能。

Cimg1126

(風呂上がりは「ありまサイダー てっぽう水」)

有馬からはバスに乗って宝塚駅へ。料金の尋常無い上がり方にはびっくりした。

宝塚駅近辺で晩ご飯を食べてから帰宅する。

ひさしぶりの登山は疲れたが、とても楽しかった。
今度はどこの山を登りに行こうかな。

2012年5月11日 (金)

御手洗

5/1は久しぶりに御手洗へ行ってきた。

午前中は色々と用事をこなしていたので、御手洗に着いたのがすでに午後4時を回っていた。

車を置いて小鉄君とカイ君に挨拶に行くが不在。お散歩にでも行っているのかなと思って岩場に向かって歩いていると、向こうから小鉄君が勢いよく走ってきた。
久しぶりだったが、小鉄君もカイ君も覚えてくれていたようで、嬉しそうだった。

少し飼い主のおじさんと話をした後岩場へ行く。

Cimg1108

GWではあったが、平日だったので人は少なめ。(遅かったからかな?)

まずは「御手洗マルチ」でアップ。1P目はノーハンドで登っておいた。

Yちゃんも登った後は「トラバース」を登る。

Cimg1111

(「トラバース」を登るYちゃん)

「一人芝居」も触ってみるが、今回も登れず。
(実は一回登れてから再登出来ていない...。)

「無題」も触ってみると、今回は一撃出来た。

ちょこちょこ遊んでいると5時を回ってしまったのと、ちょっと小雨がぱらついたので、撤収する。

帰りに小鉄君とカイ君に挨拶に行くと、小鉄君は「なでろ!」と言わんばかりに腹を見せてきた。(もちろん思いっきりなでてやったが。(笑))
少しの間小鉄君やカイ君と遊んでから車に戻る。

帰りに下市温泉に寄るが、定休日だったcrying
で、仕方なく24号線まで戻り、かもきみの湯で汗を洗い流してから帰宅する。
(かもきみの湯は広くて気持ちいいんだけど、私は下市温泉の方が好きなのだ。)

久しぶりに岩場に行ったが、やっぱり楽しい。
もう少し落ち着いてきたら、もうちょっといけるようになるかな。

お祝い会

4/29

今日はYちゃんの大学時代に入っていたクラブの後輩達が主催してくれた私たちの結婚のお祝いにお呼ばれした。

昼過ぎに我が母校に到着。(実はYちゃんと私は大学が同じ。年が離れているのでかぶってはいないけど。)

準備をして会場に入ると思っていたより遙かに多い人数の方が来られていた。
年代も幅広く、Yちゃんの人脈の広さにただただびっくりした。

行くまでは全然知らない人ばかりだし、打ち解けられるのかな心配していたが、みんないい人でとても楽しませていただいた。

主催の方が、サプライズでクライマー仲間からコメントを集めてくれていたのは本当に驚いた。

Yちゃんも本当にすばらしい仲間がいて、凄いなと改めて感じた。

計画から準備、運営をしてくれた後輩の3方、当日とても楽しませていただいた参加された方々、本当にありがとうございました。

2012年5月 9日 (水)

ペルー旅行 最終日

4/9

5:30にモーニングコールで目が覚める。軽く準備をして朝食を食べに行く。
ここも朝食は5時から食べられるそうだ。
食べ始めたときは空いていたが、食べている内に人がいっぱい来られた。
みんな早起きだなぁ。

準備をしてから集合場所のロビーへ降りる。みんなが集まったので空港に向けて出発する。

Cimg0979_2

(クスコで泊まったホテル「SAMAY HOTEL」)

Cimg0982_2

(ホテルの前は太陽通りで、奥には有名なモニュメントもあった。)

クスコの空港には7時頃到着。

Cimg0983_2

ここで大変お世話になったガイドのUさんとお別れ。
またどこかで会えたらいいなぁ。

少し空港で店を見たりしながら時間をつぶして、飛行機に乗り込む。

リマには1時間半ほどで到着。

Cimg0984_2

(短い時飛行時間なのに機内食も出た。やっぱり飲み物はインカコーラ(笑))

Cimg0986_2

(リマに到着!)

Cimg0988_2

(リマ空港)

新しいガイドさんのIさんの案内でリマ市内を観光する。

まずはアルマス広場に行く。ここでしばしの間自由時間があったので観光する。

Cimg1003

(アルマス広場の奥にカテドラルが見える。)

Cimg1007

(大統領府)

11時半過ぎに大統領府の前に人が集まりだしたので、何だろうと思って見ていると、衛兵の交代式が始まった。

Cimg1013

(交代式では音楽隊が出てきた。)

Iさんによるとだいたい12時ぐらいに交代式があり、1時間ぐらいの幅で毎回時間はばらばらだそうで、うまいこと見られて良かったねと言われた。

ここから歩いて昼食を食べに行く。
昼食は城壁公園内にある「LA MURALLA」で食べた。

Cimg1018

(城壁公園入り口)

Cimg1019

(城壁跡)

Cimg1020

(奥の山にはカラフルな家がいっぱい建てられていた。)

Cimg1023

(ケーキかと思ったら芋で出来ていた。飲み物はインカコーラがなかったので、初日にも飲んだ紫トウモロコシのむっちゃ甘いジュースを選択)

Cimg1024

(マチュピチュでも食べたペルーの名物料理「ロモ・サルタード」)

Cimg1026

(デザートはフルーツ盛り合わせ)

Cimg1027

(店内はこんな感じ)

昼食の後はサンフランシスコ教会を見学。

Cimg1017

(サンフランシスコ教会。中は撮影禁止のため、写真はこれだけ。)

大きな教会で見応えがあった。

Cimg1030

(教会の外にはなぜか装甲車がいたcoldsweats02

そこからラルコ博物館に移動。

Cimg1031

(途中で面白いトヨタのマークを見つけた。)

Cimg1033

(ラルコ博物館)

ラルコ氏が発見されたインカの出土品を展示してある博物館で、とても面白かった。

Cimg1037_2

Cimg1038

Cimg1052

Cimg1054

Cimg1055

Cimg1058

Cimg1050

(あんな大きな耳飾りや鼻飾りをして、耳や鼻はちぎれなかったんだろうか!?)

Cimg1064

(もの凄い数の展示品があった)

少し離れたところにお子様お断り(?)の展示場もあった。

Cimg1069

(この中の展示品はとても掲載できません(写真も撮ってないけど...。))

ここから移動してお土産屋さんに行く最中に時間があるとのことで、「恋人達の公園」に立ち寄る。

Cimg1072

(凄く生々しいモニュメントが..。)

何組かの男女が抱き合っていて、目の毒だったcoldsweats02

海岸が見えたので覗いてみると、泳いでいる人もいた。

Cimg1074

(泳ぐにはちょっと肌寒いと思うのだが)

ここから少し走って土産物屋&スーパーに移動。

Cimg1077

(途中で前に乗っていたシャリオを見つけたので、思わずパチリcamera

土産物屋とスーパーで物色。スーパーでは土産用にインカコーラを数本購入smile

そこから又移動して、レストランやショップの集まるミラ・フローレス地区の「ラルコ・マル」へ。

Cimg1078

(ラルコ・マル)

Cimg1079

(夕日がとても綺麗だった)

Cimg1083

(夜のラルコ・マル)

ここで晩ご飯を食べる。何を食べようかと悩んでいたらツアー仲間のYさんが中華料理っぽいものを食べていたので、私たちも便乗。
私は中華っぽいのを頼んだが、Yちゃんが頼んだのは後から聞いたらペルーの定番料理「カルド・デ・ガジーナ」だったらしい。(食べていたときは中華だと思っていた)
お腹が空いていたのですぐに食べ始めてしまい、写真を取り忘れたbearing

ここからリマ空港へ。リマ空港では無作為にスーツケースを開かされて検査される。
私も開かされて、中身を確認された。
無事にスーツケースを預けた後は、Iさんとお別れして、空港内を散策。
しばらくして時間が来たので、飛行機に乗り込む。

ヒューストンまでの6時間の間に、やっぱり機内食が出た。

Cimg1085

4/10の朝方にヒューストン空港に到着。

Cimg1088

(ヒューストン空港)

ここでも乗り換えにかなり時間があったので、ヒューストン空港内を歩き回る。
インカコーラを探したが、さすがに売っていなかった。

10時頃ヒューストン空港を出発して成田へ向かう。
帰りの飛行機も機内食責めだった。

Cimg1090

Cimg1091

Cimg1092

Cimg1094

まあ13時間くらい乗っているので、仕方ないか...。

行きしはあれだけ見ていた映画も帰りは2本ぐらいしか見ず、出来るだけ眠った。

成田に着くと日付変更線を越えていたので、4/11だった。なんか損した気分。

成田の荷物受取場でみんなとお別れ。
国内線の待合室に移動して飛行機を待つが、整備が長引いたようで1時間ぐらい遅れて搭乗。
伊丹空港には7時前に到着した。
そこからは空港バス、JR、タクシーで帰宅。

今回新婚旅行ということで、特休に有休まで使って、昔から行きたかったペルーに行ってきたが、本当に行って良かったと思う。
あの感動は現場に行かないと絶対に味わえないので、機会があればまた行きたい。

2012年5月 6日 (日)

ペルー旅行 5日目

4/8

6:45にモーニングコールで目が覚める。
ロビーで朝ご飯を食べて部屋に戻り、出発の準備をする。

8時頃にロビーに集合。みんな集合したので、駅に向かって出発する。

Cimg0792

(マチュピチュ村で2泊したホテル「SANTUARIO」)

8時半頃マチュピチュ駅に到着。待合室でしばらく列車を待つ。

Cimg0793

Cimg0795

(帰りはこの列車)

列車に乗り込んでオリャンタイタンボへ。
途中の山々がすばらしかった。

Cimg0799

Cimg0804

Cimg0817

Cimg0818

(列車内はこんな感じ)

Cimg0821

(オリャンタイタンボ駅に到着)

ここから車に乗ってしばらく走り、昼食を食べに行く。

Cimg0823

Cimg0824

Cimg0831

Cimg0841

(このテントで昼食を食べた。)

Cimg0825

Cimg0826

Cimg0827

Cimg0828

(いろんな料理が並ぶ)

Cimg0832

(デザートもいっぱいheart01

Cimg0830

(ほぼ全種類食べましたcoldsweats01

Cimg0836

(馬と女性のダンスがすばらしかった)

昼ご飯の後はマラスの塩田を見に行く。

Cimg0845

(この写真ではよく見えないが拡大すると下の写真のようになる)

Cimg0847

Cimg0852

Cimg0857

(雪のように見えるがすべて塩の結晶である)

塩田の水をなめてみたらむっちゃ塩辛かった。(当たり前か)

またまた移動して、今度はモライ(農場試験場)へ行く。

Cimg0861

(モライ)

農場試験場と聞いたが、実際には何に使われていないかまだ判っていないらしい。

Cimg0864_2

(上の写真の隣にも同じようなものがあった。全部で3つあるらしい)

Cimg0869

(一番下まで降りてきた。高地なので結構しんどい)

Cimg0870

(一番下にはストーンサークルがあった。中にある葉っぱはコカのぱっぱだそうだ。)

Cimg0872

(側面には水を引き込んだと思われる溝がある。)

Cimg0874

(Uさんが色々な説を教えてくれた。声が響くので、ここでみんなで歌(ふるさと)を歌った。)

最下層から駐車場まで登ったが、これがまたしんどかった。

駐車場からあたりを見渡すと周りの山々がとても綺麗だった。

Cimg0880

Cimg0881

ここからまた移動して、今度はインディオのマーケットへ。

ここではアルパカの毛の加工を昔ながらの方法で行っていて、染色の方法や織っているところを説明してくれたり、見せてくれたりした。

Cimg0883

Cimg0897

Cimg0916

Cimg0917

Cimg0922

Cimg0927

Cimg0928

説明を受けた後は奥にある店で買い物。ふと広場を見ると誰もいず、みんな売り子さんになっていたのには笑ってしまった。

クスコに戻って、一旦ホテルに入る。
ちょっと休んでからロビーに集合して、晩ご飯を食べに行く。

Cimg0934

Cimg0933

Cimg0931

ここでは色々な料理の中で、ネズミの料理も食べられる。(ネズミはおもてなしの料理らしい。食べてみたが、私にはもう一つの味だった。)

Cimg0932

(デザートもいっぱいheart01

ここでもほぼ全種類を制覇!

このレストランではいろいろな歌や踊りのショーが見られた。

Cimg0938

(満員のお客さん)

Cimg0930

Cimg0941

Cimg0944

Cimg0947

Cimg0957

Cimg0958

Cimg0966

最後はお客さんもたくさん舞台に上がって凄く盛り上がった。

ホテルに戻ってシャワーを浴びる。
このホテルはバスタブも付いていたのだが、風呂に入ると高山病が酷くなると聞いたので、シャワーで済ませた。

また、マチュピチュ村でもそうだったが、ペルーのほとんどの場所では下水の都合上、トイレで紙を流すのは禁止されている。

Cimg0972

次の日も早いので、早々に就寝する。

ペルー旅行 4日目

4/7

今日のモーニングコールはちょっとゆっくり目で6時半。

7時頃に1階に降りて朝食を食べる。ここも5時から食べられるらしい。

8時前に集合して出発。今日はマチュピチュ遺跡へ行く。

ホテル近くからバスに乗り込み、約30分でマチュピチュ遺跡に到着。
ここに昔から行きたかった私は、道中で遺跡がちらっと見える度に大興奮。

Cimg0593

(マチュピチュ遺跡入り口にあるホテル)

Cimg0594

(マチュピチュ遺跡にはこのバスで。ひっきりなしに到着し、1日に2,000人くらい運ぶらしい)

チケットを受け取って入り口に並ぶ。朝早いのに凄い人だった。

Cimg0595

(マチュピチュ遺跡入り口のゲート)

入り口を入ってからはガイドさんの後ろにぴったり付いて話を聞いたり色々質問したりしながら展望ポイントへ移動。
展望ポイントに着いてマチュピチュ遺跡を眺める。あまりの感動に思わず涙ぐんでしまった。weep

Cimg0610

もう少し高台の見張り小屋へ移動。

Cimg0609

(見張り小屋)

ここから少し歩いてちょっと違う方向からのマチュピチュ遺跡を眺める。

Cimg0618

(後ろ(左側)は崖になっている)

しばらく展望を楽しんだ後、いよいよマチュピチュ遺跡の中へ入っていく。

Cimg0625

(市街地入り口)

Cimg0629

(市街地入り口を中から見たところ)

Cimg0627

(ひも(?)を通す突起物もあった)

Cimg0632

(石切場)

Cimg0641

(石切場にあったストーンサークル)

石切場はさながらボルダー天国なのだが、監視員の目が厳しく、登る事は出来なかった。coldsweats01
(入ったりしてはいけないところに入ったりしたら、すぐに監視員に笛を吹かれて注意される。)

聖なる広場へ移動。

Cimg0652

(聖なる広場)

インティワタナ(日時計)のある高台へ移動。
後ろを振り返ると聖なる広場や石切場がよく見えた。

Cimg0661

Cimg0663

(石切場には登りがいのありそうな石がごろごろしているなぁ。)

Cimg0666

(インティワタナ)

ガイドさんに付いて歩いて、遺跡内を散策。

Cimg0679

(聖なる岩。後ろの山々に似せた形らしい)

Cimg0682

(ワイナピチュ登り口)

ワイナピチュには元々ゲートもなく、登りたい放題だったらしいが、滑落者が多く出たため、予約制で、朝6~7時に200人、10~11時に200人と入場制限がされたそうだ。

Cimg0684

(ワイナピチュ山頂付近)

Cimg0703

(こんなかわいい動物もいた)

Cimg0705

(天体観測の石)

Cimg0708

(すばらしく綺麗な石組み。上の方にあるのが見張り小屋)

Cimg0713

(コンドルの神殿)

Cimg0722

(違った角度から。奥に見えるとんがった山がワイナピチュ)

一旦ゲートから出て昼食を食べる。

Cimg0728

Cimg0727

(バイキング形式で、飲み物はもちろんインカコーラ(笑))

昼からはインカ道を太陽の門までトレッキング。

Cimg0731

Cimg0737

(途中にあった薄かぶりの大岩。)

途中で雨が降ってきたが10分ほどで止んで、またいい天気に戻った。

Cimg0740

(途中の展望台(?)からマチュピチュ遺跡を望む)

Cimg0755

(太陽の門)

Cimg0756

(太陽の門からマチュピチュ遺跡をバックに記念撮影)

Cimg0768

(ガイドのUさんと。とても面白い人でした)

Cimg0760

(白い道はマチュピチュ村から遺跡に行くためのバス道)

Cimg0761

(太陽の門の標高は2,720m)

Cimg0762

(ワイナピチュよりも標高が高い)

しばらく景色を堪能してからマチュピチュ遺跡に戻る。

Cimg0776

(ツアー参加者全員で記念撮影)

バスのチケットをもらっていたので、ここからは自由行動。
しばらくマチュピチュ遺跡を堪能して、後ろ髪を引かれながらゲートを出る。

Cimg0786

(ゲート付近にあったお土産屋さん。お土産を買いたかったのだが、店員不在で店に入れずに断念。)

マチュピチュ村に戻って、マチュピチュ村を散策する。

Cimg0789

一旦ホテルに戻ってから晩ご飯へ。私たちが昨日行った店「インカワシ」へガイドさんが希望者を連れて行かれるそうなので、私たちも参加。
昨日と同じコースメニューだが、構成を変えて注文。今回も美味しかった。

ご飯の後、マチュピチュ村をまた見て回ってからホテルに戻る。

Cimg0790

(天気が良かったので今日一日でむっちゃ焼けた。)

シャワーを浴びて就寝する。

2012年5月 4日 (金)

ペルー旅行 3日目

4/6

今日も3時半過ぎにモーニングコールで目が覚める。

スーツケースを部屋の前に出してから、朝食を食べに行く。
メニューは昨日と一緒だった。

部屋に戻って準備をしてから集合場所のロビーに降りる。

今日でこのホテルとはお別れ。いいホテルだなぁと思っていたら、5つ星のホテルだったcoldsweats02

Cimg0479

5時前にバスに乗り込み、リマ空港へ移動する。

Cimg0481

搭乗手続きを済ませてからちょっと時間があったので、しばらく空港内を見て回り、時間になったので、クスコ行きの飛行機に乗る。

Cimg0487

クスコには1時間半ほどで到着。

Cimg0488

クスコは標高が高く、海抜約3,600m
クスコ空港でトイレに行ったが、時間が無かったので走ってしまい、頭が痛くなってしまった。(高山病の症状)

そのまま車に乗り込み、クスコ市街へ。

Cimg0496

(クスコで移動に使った車。)

クスコは町自体が世界遺産で、観光する。

Cimg0490

(サント・ドミンゴ教会)

Cimg0495

(太陽通り)

Cimg0500

(カテドラル)

Cimg0503

(アルマス広場にあった噴水)

Cimg0508_2

(ロレト通り)

Cimg0507

(組まれた石はカミソリの刃も入らないらしい)

Cimg0512

(ヨーロッパが侵略したときに作られたというバルコニー)

Cimg0513

(12角の石 もちろん周りの石との隙間は全くない)

Cimg0521

(アルマス広場)

自由時間の後、お土産屋さんによって物色。アルパカの毛で作られたお土産が色々と売られていた。

バスに乗り込み移動。

アワナ・カンチャ生活博物館に立ち寄る。
ここには多くのアルパカやリャマが飼われていた。

Cimg0530

Cimg0531

Cimg0532

Cimg0535

Cimg0537

Cimg0538

Cimg0540

Cimg0541

Cimg0542

Cimg0543

Cimg0544

(数日前に生まれたアルパカの赤ちゃんもいた)

Cimg0545

Cimg0546

Cimg0547

Cimg0548

Cimg0550

Cimg0551

アルパカやリャマはらくだの仲間だそうだ。
アルパカやリャマにむっちゃ癒された。(思わず写真もいっぱい貼ってしまったcoldsweats01

今日の昼ご飯はなぜかおにぎり。

Cimg0555

Cimg0556

ここらあたりで日本食を食べたくなるのだろうか...。

マチュピチュ行きの列車に乗るためにオリャンタイタンボへ移動。

Cimg0563

(ここにも遺跡があった)

Cimg0567

(オリャンタイタンボの駅)

マチュピチュ村には列車でしか行けない。

Cimg0570

(展望列車)

しばらく待って列車に乗り込む。

Cimg0572

(シートに付いていたマーク。ペルーの代表的なシンボルが描かれている。左上:マチュピチュ遺跡、右上:アルパカ、左下:ナスカの地上絵、右下:12角の石)

Cimg0573

途中で軽食も出た。飲み物はもちろんインカコーラをチョイス!

1時間半ほどでマチュピチュ村に到着した。

Cimg0574

(マチュピチュ駅。写っている列車は超豪華な展望列車。料金がむっちゃ高いらしい)

Cimg0575

(マチュピチュ駅を出てきたところ)

Cimg0577

聞いた話ではマチュピチュで大洪水があり、列車が全開通したのはほんの10日ほど前だったらしい。
マチュピチュ村ではまだ復旧作業が続いているようだ。

Cimg0578

Cimg0579

(マチュピチュ村のメインストリート)

この日私たちはオプショナルツアーを申し込んでおり、内容はマチュピチュ温泉に入って、マッサージを受け、晩ご飯を食べるというもの。
温泉には水着が必要だが、あらかじめ添乗員さんから水着とタオルが借りられると聞いていたので、ガイドさんに付いて温泉入り口付近の貸し水着屋で水着を借りる。
水着とタオルのセットで一人6ソル。1ソルが約30円なので、180円くらいで借りられた。
湯船はいっぱいあるのだが、ほとんどが冷泉で唯一暖かい湯船は人でいっぱいだった。

P4070090

時間が無かったので15分ほど入浴する。

温泉の次はマッサージ。フットマッサージだけだったはずだが、全身してくれるらしい。ゆっくりと時間をかけてマッサージしてもらい、むっちゃ気持ちが良かった。

最後に夕食。「インカワシ」というレストランでコースメニューをいただく。
前菜、メイン、デザートがいろんな種類から選べたが、全然判らなかったので、ガイドさんに1つずつ説明してもらって決めていった。

P4070093

P4070094_2

(前菜はそれぞれスープを1種類ずつ選択)

P4070100

(メインは2人ともペルー名物の「ロモ・サルタード」を選択)

P4070104

(デザートはチョコレートケーキとフルーツ盛り合わせだったのでそれぞれ頼んで分けっこした)

食前酒にピスコサワーというお酒が出たが、これがむっちゃおいしい。
お酒がダメなので、ちょっとだけしか飲めなかったのが悔しい。
料理はむっちゃおいしくてとても満足した。

P4070108_2

(レストラン「インカワシ」)

ホテルに帰って就寝する。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »