フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 御手洗 | トップページ | 双六岳 2日目 »

2012年7月31日 (火)

双六岳 1日目

7/28から31まで会社の夏休みだったが、Yちゃんと休みを合わせるため8/1に有給を取り、7/31、8/1で北アルプスの双六岳に登ってきた。

7/30は何かと忙しくて準備に時間がかかり、出発できたのが23時ごろ。高速をひた走り、登り口である新穂高温泉に着いたのは4時半ごろだった。
数台分だけ駐車スペースが空いていたので車を停めて、すぐに寝る準備をして仮眠をとる。

6時に起床。ものすごくいい天気だった。

Cimg1240

(平日だというのに車がいっぱい)

Cimg1243

(雲一つ無いいい天気)

朝食を食べた後、準備をして7時ごろ出発する。

しばらく歩いて入山届を提出する場所があったので、記入して投函。7:20に出発する。

Cimg1246

(登山口)

8:05 笠ヶ岳の分岐点に到着。

Cimg1248

(笠ヶ岳への分岐点)

Cimg1250_3

(私たちは双六岳に登るのでこっち)

しばらく歩いて8:15にわさび平に到着。

Cimg1252

川の水を飲んでみるととてもおいしかった。10分ほど休んで出発する。

少し歩くと雪渓があった。北アルプスに来たんだなぁと実感する。

Cimg1257

Cimg1259

9:22 秩父沢に到着。

Cimg1260

Cimg1261

水がとても綺麗で美味しそう!早速水を汲んで飲んでみるとやはり凄く美味しい!

Cimg1263

(水を汲むYちゃん)

ここから槍ヶ岳が見えた。

Cimg1265

(左端に見えるのが槍ヶ岳)

少し休んでから家から持ってきた水を山の水に入れ替えて出発する。

9:50 チボ岩を通過する。

Cimg1268

Cimg1269

(チボ岩)

10:11 イタドリヶ原を通過する。

Cimg1272

10:45 シシウドヶ原に到着。

Cimg1276

雪渓の近くにベンチがあったが、団体さんがいたので通り過ぎる。

鏡平まであとどのくらいかなと思っていたら途中の石に「あと5分」の文字が。

Cimg1280

11:25 鏡平に到着。

Cimg1288

Cimg1287

(池に映った槍ヶ岳)

10分ほど景色を堪能して小屋に移動する。

Cimg1289

あまりに暑かったので、この贅沢!

Cimg1298

ここで昼ご飯を食べてから出発。

13:07 弓折乗越に到着。

Cimg1303

ここからの眺めは最高で、しばらく景色を堪能する。

Cimg1304

(最高の眺め)

Cimg1305

(しいちゃんに貰ったYちゃんお気に入りのバリィさん。)

十分堪能した後、山荘に向けて出発。

双六岳には多くの花が咲いており、一眼レフを持った方が多く登られていた。

Cimg1307

Cimg1308

Cimg1309

Cimg1310

Cimg1311

Cimg1312

Cimg1314

Cimg1321

Cimg1322

Cimg1323

Cimg1324

Cimg1325

Cimg1329

Cimg1330

Cimg1331

途中で雪渓を歩くところがあり、なんか嬉しかった。

Cimg1318

(楽しそうに雪渓を歩くyukio)

しばらく歩くと双六山荘とキャンプ場が見えてきた。

Cimg1333_2

14:30頃双六山荘に到着。

Cimg1335_2

(双六山荘)

受付を済ませて部屋に荷物をあげる。今日は客が多いそうで、もしかしたら2つの布団を3人で使って貰うことになるかもと言われた。

晩ご飯は16:30からでちょっと時間があったので、景色を見に行く。

Cimg1340

(鷲羽岳をバックに)

部屋に戻って少し寝ていると時間になったので晩ご飯を食べに行く。

Ca3b0088

ごはんはとても美味しかったし、同じテーブルで食べておられた方達と話も弾んで楽しかった。

晩ご飯の後、時間もまだ早かったので樅沢岳に行ってみる。
20分ほど登ると頂上に到着。

Cimg1345

(樅沢岳頂上)

ここからちょっと歩くと槍ヶ岳の絶景ポイントがあった。

Cimg1346

(すばらし眺め)

しばらくここで景色を堪能していると、日が落ちてきて、夕日に映える槍ヶ岳を見ることが出来た。

Cimg1383

これほど綺麗に見えるのは珍しいらしく、とても感動した。

日が沈んでから暗くなるまでにと山荘に引き返しているときに笠岳を見るとバックの雲が夕日に映えてとても綺麗だった。

Cimg1389

山荘に戻ったら、布団は1人1つずつ使えることになっていたので安心する。
明日の準備をしてから8時頃に就寝する。

« 御手洗 | トップページ | 双六岳 2日目 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/46575970

この記事へのトラックバック一覧です: 双六岳 1日目:

« 御手洗 | トップページ | 双六岳 2日目 »