フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

ヒグラシ

今週もヒグラシへ行く。

会社帰りに梅田でYちゃんと待ち合わせしてヒグラシへ。

ヒグラシに着くとRyuta君が開口一番に「太ったんちゃう?」
ば、ばれてる...。coldsweats02

少し話をした後、準備をして青ルートでアップ。

垂壁で茶色の9番に挑戦するが、何回やっても前回のところまでも行けずに敗退。

茶色の3番に挑戦するが、3手でフォール。

空いていたので、茶色の2番と8番に打ち込むが、これも登れず敗退。

途中で何回か茶色の7番に挑戦したが、2手目が取れずに敗退。

全然登れず、気が滅入ってきたが、気分を変えようと茶色の1番に挑戦すると、なんと今回は一撃出来た。これにはびっくり!

調子に乗って茶色の3番を登ると、これも完登出来た。

後はまた2番と8番に打ち込んだがだんだん高度が落ちてきたので、諦める。

ピンクの6番で盛り上がっていたので仲間に入れて貰う。
3手目まで行けたが、4手目が保持できず、敗退。

よれてしまったので9時過ぎに終了する。

2012年8月26日 (日)

ながの村清掃

6時起床。

山荘はまだ寝静まっていたので、コミュニティーセンターのトイレに行った帰りに起きておられたI村夫妻やsioちゃんたちと話をする。

7時ごろになってしいちゃんが朝ご飯を作り始められたので、お手伝い。
私は味噌汁と卵焼き担当。(毎朝家で作っているので、大丈夫)
でも卵5個で作る卵焼きは初体験で、結構頑張った。

朝ご飯の後、片付けは他の方にお任せして清掃の準備。

8時ごろコミュニティーセンターのグランドに集合する。

Cimg1770

Cimg1771

(今年も多くのクライマーが集まった。)

久しぶりの方たちと話に花が咲く。

TO隊長達から挨拶とや第二道場の状況説明や注意事項などが話され、清掃活動開始。

今年は花面公園の清掃だったので行こうとしたら、私は霧降山荘の清掃に回された。

しいちゃんが中心となって、普段はできないところまでしっかりと清掃した。

Cimg1772

Cimg1773

11時半ごろに花面公園集合ということになっていたが、昼食が早めに始まったと連絡が来たので、掃除半ばに花面公園に移動。

お弁当とお茶をいただき、話をしながら昼食をとる。
(毎年ありがとうございます。)

Cimg1774

昼食が済んで山荘に戻ってから、やりかけのものを済ませて、落ち着いたら12時半ごろだった。

しいちゃんたちはロックバレーに行かれるそうだが、発掘調査のため車が置けるスペースが少なく、早めに帰ろうと思っていた私は乗り合わせることが出来ずに断念する。

前面壁に降りようかと思ったが、降りても少ししか登る時間がないため、結局登りに行くことを断念する。

残っておられた皆さんに挨拶をして帰阪する。

今年も清掃に参加させていただいたが、地元の方たちに喜んでもらえてとてもうれしい。
これからも参加し続けようと思う。

しかし、持久力がかなり落ちているのはまいったなぁ...。もっと登りこんでリハビリをしなければ。

2012年8月25日 (土)

霧降る谷

日曜日にながの村の清掃活動があるので、土曜日から霧降る谷へ行く。

仕事に行くYちゃんを送り出してから、ちょっと家の用事をしてから出発。

霧降る谷の山荘には12時半ごろ到着。

マメオさんからの連絡で、前面壁で登られていると聞いたので、車を山荘に停めて徒歩で向かう。

ながの村は夏真っ盛りという感じだった。

Cimg1733

途中で花面公園に寄ると、ジャングルのようだった。

Cimg1734

渓谷を見てから岩場に移動。

前面壁の対岸に着くと、数グループが登っておられた。
渡渉の時に「期待していますよ(笑)」と言われたが、濡れるわけにもいかず、普通にわたってしまった。

Cimg1737

「亀の穴」に蜂の巣が出来ていると聞いたので見てみると、結構大きな巣が出来ていて、スズメバチがかなり頻繁に出入りしていた。

Cimg1738

これでは登れないなぁとがっかり。

岩場には、しいちゃんとマメオさんをはじめ、sioちゃん&タケゾウコンビ、やな兄さんなどがおられた。
その中でも久しぶりのA山君がおられたり、N田夫妻もおられた。
久しぶりだったのでしばらく話をする。

Cimg1739

(「空中散歩」を登られるA山君)

準備をしてアップに「高気圧ガール」を登る。
前面岩の左端にあるのだが、川の浸食で取りつきがえぐられており、「高気圧ガール」問題ないが、そこから右の何本かは大変なことになっていた。

準備をして登り始める。完全に忘れていたのでオンサイト状態でホールドを探しながら登り、何とか完登する。

マメオさん、しいちゃん、sioちゃんも登られてから荷物のところに戻ろうとすると、N田君が「Mr.ドーナツ」を登られていた。
クライミングがむっちゃ久しぶりだというN田君は結構苦労されていた。ちゃちゃを入れながらしばらく応援(?)する。

Cimg1740

(「Mr.ドーナツ」を登られるN田君)

しばらく休んでから「やっぱりラガー」を登る。
取りつきが下がっており、出だしからやばかった。
2ピン目で早々にテンションをかけて、後はテンテンで何とか終了点まで登り切った。

Cimg1742

(「やっぱりラガー」を登るyukio)

ちょっと休んでからマメオさんが登られた後、「春咲き」を登らせてもらう。

核心は問題なく登れたが、終了点まであと1ピンというところで力尽きてテンション。
何回も登ったことのある5.10台でテンションをかけてしまったことにむっちゃ凹む。持久力がむっちゃ落ちているなぁ。

Cimg1752

(「春咲き」を登るyukio)

Cimg1762

(「春咲き」を登られるしいちゃん)

Cimg1767

(「春咲き」を登られるsioちゃん)

私以外はみんなRPされていった...。

N田夫妻が帰られた後、ビレイをしたり河原で石を立てたりしていたが、5時ごろ終了。

Cimg1756

しんどいアプローチを登り返して山荘に戻る。

山荘でゆっくりして、風呂に入ってから晩御飯。

買い出しから準備までしてくれたしいちゃん、本当にありがとうございました。
むっちゃおいしかったです。

Cimg1769

夜になって○防夫妻や長老夫妻、I村夫妻も来られ、楽しい話で盛り上がる。

11時過ぎまで楽しく話して、私は車で就寝する。

2012年8月21日 (火)

ヒグラシ

今日は会社帰りに久しぶりにヒグラシへ行く。

ビルの入り口で長老さんに会ったので、話をしながらジムへ移動。

6時半頃ジムに入ったが、比較的空いていた。

受付を済ませ、準備をして早速登る。

青ルートがあったのでオブザベをして登ると、最後の一手がちょっと悪かったが難なく完登出来た。

ホールドと課題が新しくなっていたので、白課題を登り始める。

1~6番までは一撃出来たが、7番でだだ嵌り。
何回やっても最後の一手が止められず、後回しにする。

8番は一撃。9番は無かったので、10番を登るが失敗して三撃くらいかかってしまった。

11~15番は一撃出来て、7番以外すべて完登出来た。
で、7番を再び触るが、やはり最後の一手が止められず結局敗退。

茶色の1番を触ってみるが、数回打ち込んだものの登れず敗退する。

垂壁が空いていたので、移動する。

マンスリーの1,2番は一撃出来た。

垂壁の茶色課題をすべて登ろうと挑戦する。

5番は一撃出来たが、6番で大嵌り。
同じく6番で打ち込んでおられた常連さん(だと思う)と一緒に打ち込んでいると、その常連さんのアドバイスのおかげで何とか完登。
その方も私より少し後に完登された。

茶色の9番にも挑戦するが3つめのホールドに移ることが出来ず、何回か打ち込んだが結局登れず敗退する。

指が痛くなってしまったので、9時半頃終了する。

2012年8月19日 (日)

御手洗

今日は御手洗へ。

朝に家の用事をしてから出たので、出発は9時半になってしまった。
しかも道路が渋滞していたので駐車場に着いたのがすでに12時半になっていた。

駐車場でヒグラシのお客さんと遭遇。久しぶりだったのでご挨拶。

いつものように小鉄君とカイ君に挨拶に行く。
小鉄君は暑くてしんどそうだった。(それでもお腹をなでろとひっくり返ったが...coldsweats01

岩場に着くと凄い人だった。

いつものように「トラバース」と「無題」と「心神喪失」でアップ。
「ケロ」の岩で1グループが打ち込まれていたので、隙間を見てアップに「ケロ(2級)」を登らせてもらう。

ちょっと休んでから「ケロ(1級)」の打ち込みの仲間に入れてもらう。

一撃目でいきなりいいところを保持できたが、右手か寄せられずにフォール。

その後はしばらく1手目も止まらない状態が続いた。

一旦休憩して昼ご飯を食べる。

再び打ち込み開始。今日の「ケロ」は人気が高く、常に誰かと一緒に打ち込んでいる状態だった。

ヒグラシ仲間のYさんと打ち込んでいたときに、とうとう3手目の右手寄せに成功。
そのまま最後のガバまで取ったが、なぜかバランスを崩してしまいフォール...。
2級バージョンで1回も失敗したことのないところだったので、むっちゃショック!!
周りのみんなもびっくりしていたcoldsweats02

それからも休み休み打ち込むが、失敗ばかりで登れない。

それでも諦めずに打ち込んでいると、再び右手寄せに成功。
右手寄せの時に声を出してしまったために、みんなからガンバコールが。
これは落ちられないなぁと思いながら、今度は気を抜かずに確実に手と足を運び、無事完登。

何年やったか判らないぐらい長いことやっていたのでむっちゃうれしい!

その後は気が抜けたようにしばらく休みながら「タータシン」のトライを見ていたが、3時になったので終了する。

長年の宿題が終わってほっとした。

2012年8月14日 (火)

九州旅行 4日目

疲れていたのか、起きたらもう9時だった。

美味しい朝ご飯をいただき、またおばあちゃんと話をする。

お盆なので、しばらくすると親戚の方々が集まってこられた。

初めての方が多かったので、挨拶をして昼ご飯を一緒にいただきながら色々な話をする。
みなさんとても優しくて、楽しい時間を過ごさせて貰った。

3時頃用事があったので、おいとまする。
とても楽しかったので寂しかった。

用事を済ませた後、清水の滝を見に行く。

2012081115_91

(清水の滝)

昨日までの雨で水量が凄く増えていて、大迫力だった。

帰りに叔母さんに教えてもらった焼き肉屋に伊万里牛を食べに行く。

2012081115_92

(焼肉館 勝)

2012081115_93

(伊万里牛の取扱店)

美味しいお肉に大満足。

お腹もいっぱいになったので、大阪に向かう。

たいした渋滞もなく、軽快に走っていたが、深谷PAで力尽き仮眠を取る。

次の日は5時に起きて車を走らせ、9時前に自宅に帰り着いた。

今回、天気があまり良くなかったが、楽しい旅行になってとても良かった。
久住山は登り残してしまったので、また行きたいなぁ。
おばあちゃんにも会いたいし。

2012年8月13日 (月)

九州旅行 3日目

5時に起床。乾燥室に合羽などを取りに行くと、合羽は乾いていたが、Tシャツとかはあんまり乾いていなかった。

朝食が6:45からなので、朝風呂に行く。山で朝風呂に入れるなんてとても贅沢だ。

お風呂は人も少なくて、むっちゃ気持ちが良かった。

風呂を出てから食堂で「岳」を1冊読んで部屋に戻る。

片付けをしたり準備をしたりしていると朝食時間近くになったので食堂へ。
食堂のテレビではオリンピックの閉会式をやっていた。

時間になり、順番に朝食が配られた。
私たちは昼食も頼んでいたので、そのときに受け取る。

2012081115_60_2

(朝食)

2012081115_61_2

(昼食が入った袋)

朝食もとても美味しく、ご飯を二杯も食べてしまった。coldsweats01

部屋に戻って準備をして、8時前に出発。

2012081115_62

(今回泊まった部屋)

今日の行程は法華院温泉山荘ー鉾立峠ー白口岳-稲星山(時間があれば)ー中岳ー天狗ヶ城ー久住山ー三俣山(時間があったら)ー長者原の予定。

山荘から出て、鉾立峠の道が判らず、違う方向へ行きかけたが、無事修正。

鉾立峠への道は途中から火山岩がごろごろしていて歩きにくくなった。

2012081115_63

8時半前に鉾立峠に到着。

2012081115_64

2012081115_65

白口山登山道に入るが、あまり人が通っていないのか木や草が凄いことになっていた。

途中から草や木に邪魔されることなく進めるようになったが、楽なところばかりではなく、お助けロープなどが張ってあるところもあった。

2012081115_66

2012081115_67

(頑張って登るYちゃん)

白口山頂上には9時半頃到着。

2012081115_68

(白口山頂上)

雨は降ってないが、天気が悪く、風も強かった。
ここで水分を取ったり地図を見たりしてちょっと休んだ。

白口山を出発してしばらく歩いて10時ごろに稲星山の登り口に到着。

2012081115_69

(真っ直ぐ行くと稲星山、右へ行くと中岳)

風が強かったのでどうしようかと思ったが、稲星山へ行ってみることにした。
少し進んだが、草木が邪魔して大変だったのと天気が悪くて頂上に行っても何も見えそうにないので、断念。さっきのところまで戻って、中岳を目指す。

九重山と中岳の分かれ道に到着。

2012081115_70

(強風のため、中岳を示す看板が変な方向を向いている)

ここで雨が強くなってきたので合羽を着る。

中岳への道はちょっと急だが、草木に邪魔されるわけではないので、まだ歩きやすかった。
だが、途中に険しいところもあった。

2012081115_71

(鉄の梯子がかかっていたり)

2012081115_72

(フィックスロープが張られているところもあった。)

強風に耐えながら登って行き、10時40分ごろ中岳山頂に到着。

2012081115_73

(中岳山頂)

山頂はとても風が強くて、突風が吹くときは岩につかまっていないと体が持って行かれそうになった。

ここから天狗ヶ城へ向かう。

天狗ヶ城には11時ごろ到着。

2012081115_74

(天狗ヶ城頂上)

ここも風が強くて、写真を撮ったらすぐに移動した。

御池の方に降りると、この風雨の中で軽装なグループに避難小屋の位置を聞かれた。
地図を見せて(相手は持っていなかった)小屋の場所を教えたが、そこへ行くのも危ないので、元来た道(久住別れ方面)へ戻って行かれた。

2012081115_75

(御池のほとり。御池は天気が悪かったので写真に撮れなかった。)

ここから久住山に行く予定だったが、Yちゃんが風が強くて危ないと判断したので、山素人の私はYちゃんの意見に従い、久住山を断念。

久住別れの方に向かうと、山の影に入ったせいか風はかなり収まった。

久住別れには11時半ごろ到着。

2012081115_77

2012081115_76

(看板をつけていた木が朽ちて、看板が落ちてしまっている)

ここから北千里浜に向かうが、途中のしるし(道標?岩に黄色のペンキで丸が書いてある)が多すぎて、なんか変だった。

2012081115_78

(黄色の●が多すぎる)

しばらく歩くと左手に硫黄山が見えた。
曇っているのでよくわからないが、山から煙が出ていて、いかにもって感じ。

2012081115_79

(硫黄山)

12時半前にすがもり越避難小屋に到着。

2012081115_80

2012081115_81

(すがもり越避難小屋)

ここで昼ご飯を食べてゆっくり休む。

2012081115_82

(法華院温泉山荘のお弁当)

山荘のお弁当はとてもおいしかった。

目の前に三俣山がある。

2012081115_83

(三俣山)

ここに荷物をデポしてからみで往復しようかと考えたが、見ていると頂上付近の天気が悪く、さっきまでの強風の恐怖もあったので、Yちゃんと相談して断念することにした。

13時前に長者原に向けて出発

2012081115_84

(鐘を鳴らしていざ出発!)

下りは快適。

左手に硫黄山を見ながら進んでいくとどんどん天気が良くなってきた。

2012081115_85

(独特な風貌の硫黄山)

2時過ぎに登山口に戻ってきた。

2012081115_87

(長者原の登山口に到着。)

後ろを見てみると三俣山がきれいに見えていて、登っても問題なかったのではないか?とちょっと後悔。

2012081115_86

(きれいに見える三俣山)

車に戻って、九重連山登山を終了する。

ここからYちゃんのおばあちゃん宅へ移動する。

途中でせっかく九重に来ているのだからと「九重”夢”大吊橋」を見に行く。

2012081115_88

(九重”夢”大吊橋)

渡ろうかとも思ったが、時間もあまりないし、お金もかかるので、見るだけにしておいた。

汗をかいていたので、温泉を探していると、よさげな温泉を途中で見つけたので入っていく。

2012081115_89

(九酔渓温泉 つれづれ)

さっぱりしたので次は腹ごしらえ。

九州に来たらぜひ食べたいのが、「丸星ラーメン」。2度ほどBOTCHさんに連れて行ってもらってすっかりファンになっていた。
おばあちゃんの家に行く道からちょっと寄れば行けるので、丸星ラーメンで食べることに決定。

ネットで住所を探して、ナビを頼りに移動すると無事に発見。

2012081115_90

(丸星ラーメン 中は撮影禁止なので外観だけ。)

相変わらずのおいしいラーメン&おでんに大満足。

そこから今度は寄り道をせずにおばあちゃん家へ。

家に着くと、Yちゃんのおかあさんとおばあちゃんが迎えてくれた。
Yちゃんのおばあちゃんは結婚式に来てもらった時に会ってから、すごくファンになっていたので、とてもうれしい。

しばらく話をしてから就寝する。

2012年8月12日 (日)

九州旅行 2日目

5時に起床。

山を見ると綺麗に晴れていた。

2012081115_21

(三俣山と硫黄山)

このまま気持ちよく登れるかと思っていたが、朝ご飯を食べて準備をしているうちにだんだん天気が悪くなり、出発することには頂上がすっかり雲に覆われてしまった。

2012081115_22

7時前に出発。

2012081115_23

(登山口で写真を撮ったが、実はここからは登っていない(笑))

天ヶ池経由で登る予定だったので、長者原の湿原を歩いて行く。
一番近いところを行きかけたが、時間もあることだしと一番遠い散策道を通って行く。

2012081115_24

(「まだ生きている火山」の看板)

2012081115_25

(不思議な形の植物)

2012081115_251

(九州自然歩道の看板。この先少し行くと山道になる。)

この森は自然観察の森となっており、木々それぞれにネームプレートが付けられていた。

山道をどんどん歩き、8:40頃に天ヶ池に到着。

2012081115_26

(天ヶ池)

2012081115_27

(天ヶ池の自然について書かれた看板)

花の時期だともっと綺麗だと思われるが、それでもちらほらといろんな花が咲いていた。

2012081115_28

2012081115_29

2012081115_30

2012081115_31

2012081115_32

2012081115_33

2012081115_34

2012081115_35

2012081115_36

アラレさんみたいに花について詳しければもっと楽しめたと思う。

しばらく歩くと坊ガツルが見えてきた。

2012081115_37

山の景色を楽しみながらゆっくり歩く。

2012081115_38

(綺麗な蝶もいた)

9時半頃坊ガツルに到着。

2012081115_41

2012081115_39

(坊ガツルから見た大船山)

2012081115_40

(平治岳)

少し歩いて9:45に今日の宿泊地である法華院温泉山荘に到着。

2012081115_42

(法華院温泉山荘)

ここで軽く食事をしたり、水分を取ったりしてしばらく休む。

10:10に大船山に向けて出発。

近くに玖珠川の源流があった。

2012081115_43

2012081115_44

坊がつるキャンプ場を通って、10時半前にに大船山と平治岳の分岐点に到着。

2012081115_45

ここから大船山の登山道に入るが、途中から雲行きが怪しくなっていき、軽く雨が降り始めた。

それでも途中の景色を楽しみながら登っていく。

2012081115_46_2

(大船山登山道からの景色。中岳や久住山の頂上は雲がかかっていた。)

しばらく歩いていると雨が本降りになってきたので、慌てて合羽を着る。
強い雨はしばらくして止んだが、それからも降ったり止んだりだったので、そのまま合羽を着て歩くことにした。

12時頃、大船山と北大船山の分岐である段原に到着。
ちょっとだけ休んで大船山に向かう。

2012081115_47

しばらく歩いて12時半前に大船山頂上に到着。

2012081115_48_2

(大船山頂上。暑いから合羽の上だけ脱いだ)

ここで昼食を取ったり、横になったりしてゆっくり休む。

2012081115_49

(綺麗な蝶もいた)

山の上は雲の動きが速く、景色が見えたり見えなかったり。
写真を撮ろうとしたが、カメラを出すと曇るので撮れなかった...。

ゆっくり休んだ後13時半頃出発する。

頂上で合羽を脱いでいたのだが、途中でまた強い雨が降り始めたので、再び合羽を着ることになってしまった。

段原まで登り、今度は平治岳を目指す。

凄いブッシュをかき分けながら、途中の北大船山は2時過ぎに通過。

2012081115_50_2

(北大船山山頂)

しばらく歩くととても綺麗な景色が見られた。

2012081115_51

(後ろに見えるのが大船山)

凄い草の中を歩くので、雨は止んでいたが、草が濡れていたので、合羽を着たままにしていて正解だった。

しばらく歩くと平治岳が目の前に見えてきた。

2012081115_52

(平治岳)

平治岳に向かって歩いていると突然火山岩のガレ場が出てきた。

2012081115_53

ガレ場を降りてから気付いたが、どうも登山道を少し外れていたみたい。
大船山の時もそうだったが、結構道を見失いやすい。

3時前に平治岳の登り口に到着。

2012081115_54

同じところに降りてくるので、荷物をデポして空身で登ることにした。

3時に平治岳を登り始める。この山は道が狭いので、登りと下りで道が分けられていた。

2012081115_55

(上り専用の看板)

2012081115_58

(こちらは下り専用)

平治岳は結構な急登で、たまに険しい場所もあった。
(ちゃんと巻道も作ってあったが。)

2012081115_56

(岩が濡れていてちょっと怖かった)

途中から雨が降り出し、また遠くで雷も鳴り出したので、慌てて頂上に向かう。

15:25に平治岳頂上に到着。

2012081115_57

(平治岳頂上)

遠くだが雷がまだ鳴ったいたので、頂上には1分も滞在せずに早々に下山する。

下りはそんなに険しくないのだが、濡れた石などでスピードが出せず、15:50に荷物をデポした登り口に帰ってきた。
降りてきたときには雷も止んでおり、ほっとする。

ちょっと休んで法華院温泉山荘方面へ。

朝も通った大船山との分岐点は16時半頃通過した。

法華院温泉山荘には17時前に到着。チェックインをして荷物を部屋に運ぶ。
(大部屋は営業しておらず、すべて特別室(ロッジ)か個室だった。)

すぐに温泉へ。山の上の温泉はむっちゃ気持ちよかった。

風呂上がりの後、ちょっと部屋でゆっくりしてから6時になったので晩ご飯を食べに行く。

山の上とは思えないくらい豪華な料理にびっくり。しかもとても美味しかった。

2012081115_59

御飯を食べた後は濡れた服や合羽を乾燥室に干してから、8時頃就寝する。
隣の部屋の酔っ払い親父のうるさい咳にしばらく悩まされていたが、そのうち静かになったので、いつの間にか就寝していた。

2012年8月11日 (土)

九州旅行 1日目

お盆休みを利用して九州へ行く。
目的は九重連山に登ることと、Yちゃんのおばあちゃんに会いに行くこと。

8/10
仕事が終わってから準備をして9時半頃出発。途中で晩ご飯を食べて高速に乗る。

ちょこちょこ休憩を取りながら中国道を激走。
仮眠を取ろうと壇ノ浦PAに寄るが、車が多くて停められなかったので、素通り。5時頃に吉志PAで力尽きて仮眠を取る。

8/11
8時頃起床。今日は九重連山の登り口の長者原へ行く予定だったが、雨が降っていたので、どうしようか悩みながら車を走らせる。

九州道が混んでいたので、東から回ることにして東九州自動車道に乗る。

苅田北九州空港で降りて10号線を走るが、雨が強かったので、今日の登山は断念。
朝ご飯を食べようと車を走らせる。

車で走っていると八面山をナビに登録していないことを思い出し、八面山へ移動。いつもテントを張るトイレのところでナビに登録をして、移動する。

太平楽温泉のところで御飯が食べられることを思い出し、太平樂へ移動。
11時頃着いたが、食堂はまだやっていなかった。

2012081115_4

(太平樂温泉)

店内を見ているとでっかい卵焼きを焼いていた。それが太平樂名物の満巻(まんがん)らしい。

2012081115_3

この満巻と中津名物の唐揚げを購入して朝ご飯とする。

2012081115_1

(中津唐揚げと満巻)

2012081115_2

(満巻の断面はこんな感じ)

お腹もいっぱいになったので出発する。どこに行こうかと悩んでいたが、九重連山から近いことから、阿蘇山を見に行くことにした。

1時頃大観峰に到着。

2012081115_5

(大観峰。後ろに見えるのが阿蘇山だが、雲で頂上は見えなかった。)

少し歩いて大観峰の山頂に行く。

2012081115_6

阿蘇山が綺麗に見えるから大観峰と言っているのかと思ったら、ちゃんと三角点がありれっきとした大観峰という山だった。

2012081115_7

(大観峰の展望台にて)

帰りの売店で、プリンソフトを購入。美味しすぎてすぐに食べてしまったので、写真を撮るのを忘れていた。

小腹が空いていたので馬肉コロッケを買って食べる。

2012081115_8

(馬肉コロッケ。熊本と言ったら馬肉でしょう)

十分堪能したので、久住へ向かう。

途中で温泉に入ろうと黒川温泉へ行く。いっぱい旅館がありどこがいいのか判らなかったので、Yちゃんの叔母さんに電話で聞いてみると「山みず木」がいいと聞いたので早速行ってみる。

2012081115_9

(山みず木)

2012081115_10

(売店と温泉の入り口の建物)

2012081115_11

(トイレも風情がある)

入泉料500円でとても安い。早い時間だったせいか、お客さんはほとんどいなかった。
風呂は男女別で男風呂は露天風呂1つと内風呂が2つ。内風呂の一つにはシャンプーとボディソープが完備されていた。

とっても気持ちがいいお湯で大満足。

売店に8時間かけて抽出しているという水出しコーヒーが売っていたので飲んでみる。

2012081115_14

2012081115_13

(お湯を使わず、水だけで抽出している)

2012081115_12

(水出しコーヒー)

見た目は普通だが、わき水で抽出しているからか、とても美味しかった。

黒川温泉から九重に向かう間で見つけた食堂で晩ご飯。

2012081115_17

(お食事処 せのもと茶屋)

ここで「地どり定食」と「地どりの唐揚げ定食」と頼む。

2012081115_15

(地どり定食 地どりは塩焼きにされている。)

2012081115_16_2

(地どりの唐揚げ定食)

地どりの塩焼きと唐揚げ以外は同じ内容だった。
すべての料理が美味しくて大満足。

お腹も落ち着いたので、今度こそ九重に向かう。

目的地の「長者原ビジターセンター」には6時半頃到着。

2012081115_20

2012081115_18

2012081115_19

明日は天気になることを願いながら、早々に就寝する。

盆休み

8/11から8/15まで盆休み。

盆休みを利用して九州に来ています。

詳しくは後日アップします。

2012年8月 7日 (火)

シエスタ

会社から帰ってからYちゃんと一緒にシエスタへ行く。

シエスタに着くとつなぎの社長さんやまっさんがおられた。
まっさんと会うのは本当に久しぶりだった。

赤ルートが出来ていたので、オブザベしてみる。
つなぎの社長さんが登られた後、私も登ってみる。
オブザベが完ぺきではないためにホールドを探しながら登ることになり、途中でやばいところもあったが、無事OS。
グレードは私がOSできたので、5.10cからdというところかな。

マンスリー課題が新しくなっていたので挑戦する。
今月は30課題もあるらしい...。

1番から6番までは一撃できたが、7番はホールドを見落としたために二撃になってしまった。

8番は最後のところではまってしまい、打ち込んだが、最後の1手を飛ばすことで何とか完登出来た。

9番も少しはまるが無事完登出来た。

10番に挑戦するが、何回やっても1手目が届かない...。手順を変えてみると保持できなくて落ちてしまう。
何度か触ったが出来そうにないので敗退。

11番を触ってみると、三撃ぐらいで完登出来た。

そのあと、13番に打ち込むが全然登れず。

つなぎの社長さんがやっておられた22番にも触らせてもらうが、お話にならなかった。(当たり前か。)

その後もいろいろと打ち込んでいたが、9時半ごろ疲れてしまったので終了する。

2012年8月 5日 (日)

こうもり谷草取り

今日はこうもり谷の草取りに参加する。

7時半頃に着こうと思って5時に出たら7時に駐車場に着いてしまった。

車を停めて準備をして、草取りをする神社に移動。

Cimg1536

(大歳神社)

すでに5人ほどが来られており、作業をされていた。
その中にK崎氏がおられ、少し話をしながら作業を始める。

朝8時に集合なのだが、8時近くの段階ですでに凄く多くのクライマーが来ておられた。

Cimg1537

Cimg1538

(草取りの風景)

いつものことだが、集合時間の8時頃にはほとんど終了していた(笑)

懐かしい顔もいっぱいおられ、支部長さんやようこさんなどは本当に久しぶりだった。

今回も清掃には遠くは広島や岡山、四国からも参加されていた。

8時半頃草取りは終了。で、いつものように記念撮影。

Cimg1540

今回も大勢のクライマーが参加され、写真に写っておられる方だけでも100名を越えていた。(記念撮影前に帰られた方もおられたそうだ。)

記念撮影の後はU氏からの話があった。

Cimg1541

(話をされるU氏)

片付けを手伝って、イベントは終了。

暑いしどうしようかと思っていたが、しいちゃんとsioちゃんが登りに行かれるそうなので私も便乗する。

車に戻ってしばらくうだうだしてから岩場に向けて出発する。

Cimg1544

(むっちゃ快晴)

アプローチで帰ってこられるTO隊長とおメグさんに出会う。
どうしたの?と聞くと人がいっぱいだから備中に転戦するとのこと。
今から備中とは凄いモチベーションだ!

岩場に着くとさすがに凄い人だった。U西氏やSunnyKさん、isa父ちゃんがおられた日陰にお邪魔させてもらい、しばらく休憩。

岩場に移動するとsioちゃんが「哲学の道」に順番を入れていてくれていた。

まだ順番までに時間があり、sioちゃんが登りたいと言われたので「復活」にヌンチャクを掛けに行く。

しばらく登ってなかった私にとって5.11cはむっちゃ大変で、しかも5年ぶりぐらい登るためムーブも白紙状態なので、3ピン目以降は各駅停車でしか登れず、でも何とか終了点までは登り切った。

降りてきてちょっとすると「哲学の道」の順番が来たので、sioちゃんから登られるのでビレイをする。

次に私が登ったが、全然ムーブを覚えておらず、叫びながら力ずくで登って何とか完登。フォールせずに済んでほっとした。

Cimg1546

(「哲学の道」を登るyukio)

最後にしいちゃんが登られたが、初めての「哲学の道」に苦労されていた。

Cimg1548

(「哲学の道」を登られるしいちゃん)

一旦荷物のところに戻り、昼ご飯を食べてちょっと休む。

十分休んだ後、再び岩場に戻る。

岩場には知り合いが多くおられ、それぞれのルートで楽しんでおられた。

Cimg1556

(「哲学の道」を登られるじゃまさん)

Cimg1557

(「旅路郎」を登られるマメオさん)

sioちゃんのビレイをした後、再び「復活」を登る。
今回も3ピン目で撃沈。後はテンテンで終了点まで登り切り、回収して降りる。

帰ろうと思っていた時間になったので終了する。しいちゃんやsioちゃんも遠いため早めに帰るということで、岩場に残られている知り合いに挨拶をして、一緒に駐車場まで戻る。

駐車場で色々話をしていたら、かなり時間がたってしまい、5時頃に2人と別れて家に向かって車を走らせる。

今回も草取りに参加させていただいたが、久しぶりにお会いするクライマーがたくさんいて嬉しかった。
来年も是非参加しようと思う。

2012年8月 1日 (水)

双六岳 2日目

ご来光を見るために3時に起床。普段なら目覚ましが鳴る前に目が覚めるのだが、寝不足と疲れで目覚ましに気付かず、Yちゃんに起こして貰った。

音を立てないように準備をして、3時半頃に山荘を出発して双六岳山頂を目指す。

昨日までは直登のルートが雪渓で登れないらしかったが、昨日整備されたらしく、今日から通れるらしい。(またまた運がいい)

3:48 中道分岐を通過。

Cimg1397

整備された直登ルートが危ないようなら引き返すつもりで直登ルートを進む。

しばらく登ると雪渓があったが、綺麗に道が作られていた。

Cimg1400

(雪渓に作られた道)

この道がなければ危なくてたぶん登れないだろう。

頂上に近づいたところで平坦になったので、周りを見てみるととても幻想的な景色が広がっていた。

Cimg1402

4時半頃双六岳山頂に到着。

Cimg1405

私たちが一番乗りで、あと3人ほど登ってこられた。

周りの景色はとても美しかった。

Cimg1406

Cimg1415

Cimg1407

しばらく幻想的な景色を堪能していたが、4:53に日が昇り始めた。

Cimg1417

今まで2回ほどYちゃんとご来光を見ようと山に登ったが、曇ってみられなかったので、今回見られてむっちゃ嬉しかった。

しばらく景色を堪能する。

Cimg1476_2

(バリィさんも記念撮影。この後風が吹いてバリィさんを地面に落として汚してしまったcrying

朝ご飯を作って食べたり、景色を堪能したりしてから6時に三俣蓮華岳に向けて出発。

途中に雷鳥の親子がいて、とても和んだ。

Cimg1479

Cimg1485

(親鳥が1羽と雛が3羽いた)

1時間ちょっと歩いて三俣蓮華岳に到着。

Cimg1491

(三俣蓮華岳山頂)

ここからも景色もとてもすばらしかった。

Cimg1487

Cimg1489

Cimg1494

(白山も綺麗に見えた)

しばらく景色を堪能してから7時半頃出発し、巻道コースを通って双六小屋に戻る。

7:46 三俣峠を通過。

Cimg1496_3

この道も景色が綺麗で、堪能しながら進む。

Cimg1497_2

Cimg1498

Cimg1499

この道を歩いていると、昨日食事時に隣で、樅沢岳でも一緒だった夫妻が登ってこられた。少し話をして別れる。
これだけ偶然が重なると、またどこかでお会いできるような気がする。

どんどん歩いて9:15に中道との分岐に到着。

Cimg1505

ヘリコプターの音がしたので見てみると、隣の山(丘?)で救助しているみたいだった。

Cimg1506

ちょっと休んだ後、双六小屋まで一気に下る。

Cimg1507

双六小屋でしばらく休憩をして、お菓子を食べたり水分を取ったりしてから下山開始。

景色のいいところでちょこちょこ休みながら進んで、鏡平小屋に11:45頃到着。

Cimg1518

(鏡平小屋と言えば行きしも食べたこれ!)

Cimg1519

(山の上には雲がかかっていた)

ここで昼ご飯を食べながらしばらく休んでから出発。

しばらく歩いて13時半頃秩父沢に到着。ここで川の水を飲んで少し休む。

わさび平には14時半に到着。ここでも川の水を飲んでちょっと休憩。

しばらく歩くと急に涼しい風が吹いてきた。何かなと思ってみると、「お助け風(風穴)」があった。

Cimg1521

Cimg1523

そのままてくてく歩いて15時半頃新穂高温泉に到着した。

Cimg1524

車まで戻って、山の方を見るとだいぶ雲が出ていた。
(ほんとに運が良かったなぁ)

Cimg1525_2

温泉に入りたかったので、近くのお風呂屋さんに移動する。

Cimg1526_2

(奥飛騨の泉 中崎山荘)

入泉料800円で、とても気持ちのいいお湯でした。
(両腕を日焼けしすぎてお湯に浸けるのに苦労したが...。)

17時まで温泉を堪能して出発する。

途中で道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」に寄る。
お土産屋さんは閉まっていたが、食堂が開いていたので晩ご飯を食べることにした。

Cimg1531

(私は「飛騨牛朴葉味噌焼き定食」
注:この店は飛騨牛の指定店でした)

Cimg1532

(Yちゃんは「飛騨牛スジ入り焙煎カレー」)

Cimg1534

(デザートに「プレミアム濃厚ソフトクリーム」を購入♪)

Cimg1535

(お食事処 リバー亭)

お腹も満足したので、後は高速をひたすら走り、22時半頃帰宅する。

今回初めて北アルプスを登ったが、天気にも恵まれ、すばらしい景色が堪能できた。
双六岳から見た他の山々も登りたいので、また北アルプスに行きたいと思う。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »