フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 小川山 | トップページ | 穂高登山 1日目 »

2012年9月30日 (日)

小川山クリーンクライミング

今年も小川山クリーンクライミングに参加する。

金曜日の9時には家を出るつもりが、洗濯機が壊れてなんやかんやしている内に出発が10時過ぎになってしまった。coldsweats02

高速に乗るまでにガソリンを入れて、寝屋川北ICから第二京阪道路に乗る。そこから京滋バイパスを経由して名神に入る。

途中横転事故のため大垣ICから岐阜羽島ICまで下道を走らされたが、その他は眠たくなったらSAかPAでちょっと休みながら、おおむね順調に長坂ICまでたらたら走る。

コンビニで朝ご飯と昼ご飯を買い込んで、廻り目平キャンプ場を目指す。

4時半ごろに廻り目平キャンプ場から数百メートル手前にある駐車場で仮眠をとる。

6時前に目が覚めたので、廻り目平キャンプ場に移動。

6時過ぎだというのにボルダーマットを抱えて岩場に向かうグループを何組か見かけた。
(早くから登りに行くなぁ。)

Cimg1835

(朝日に映える屋根岩)

テントを設営してゆっくりしているとクリーンクライミング主催のF原氏がおられたので、ご挨拶。用事を済ませてから、F原氏のテントへお邪魔する。

朝ご飯を食べながらしばらく話をしていたが、眠たくなってきたので、会場設置の時間を聞いて、テントに戻り30分ほど仮眠をとる。

8時前にF原氏のテントに向かうとすでに会場に行っておられると聞いたので、急いで駆け付け設営のお手伝いをする。

集合時間の9時が近づくと、パラパラとクライマーが集まってきた。

Cimg1840

9時過ぎにF原氏が挨拶され、イベント開始。

Cimg1842

(会場の様子)

F原氏の要請により、来られていたS野氏から安全についてのお話があった。

Cimg1845

今回はせっかく朝早くから集まってくれたからということで、朝からじゃんけん大会が始まった。

Cimg1848

(じゃんけん大会の様子)

何個か商品が出た後、解散になる。
毎年書いているが、小川山のクリーンクライミングは他の岩場で行われている清掃活動とはちょっと違い、岩場に登りに行くアプローチでごみを積極的に拾うというもので、ずーっと清掃を行っているわけではない。
で、イベントが午後4時からあるので、それまでに戻ってくるというものだ。

朝のイベントの後、F原氏にスタッフは午後何時に集合かを聞いて、いったんテントに戻り、ボルダーをしに行く。

クジラ岩周辺は混雑していると思われたので、いつも空いている親指岩下ボルダーエリアに行くことにした。

Cimg1852

(親指岩下ボルダー)

去年来たときは私一人で黙々と打ち込んでいたのだが、今回は決行の人数がおられた。
ボルダー人口もだいぶ増えているんだなぁと実感。

スラブでちょこっとアップしてから、去年登った葱岩にある「玉葱左」の再登に挑戦。

この岩は不人気なのか誰も来られず、貸し切りで打ち込みが出来た。

Cimg1856

(「玉葱左」を登るyukio)

前回完登した時のスタート位置が高すぎたのかなと思ったので、もうちょっと下からスタートするが全然できない。

かなり打ち込んでからYouTubeで確認するとスタート位置は完登したときのところで間違っていなかった。

去年と同じ場所のスタートで再登を試みたが、すでによれていて完登できず...。
寝不足だとパンプも早いのかなぁ。

眠たかったので、テントに戻る最中にF原氏のテントを覗くと、今年もピザを作っておられた。

Cimg1858

寝るために帰ってきたのに、ピザの誘惑に負けて一気に目が覚め、そのまま居座ってしまった(笑)

美味しいピザをいただき、しばらく話をした後、午後のイベントの準備をする。

金峰山荘から豚汁(150人分!)を運び、焚き火を燃やす。
(焚き火は私たちでは出来なかったので、来られていた別団体の焚き火のプロ(?)の方に付けてもらった。)
そうこうしているうちに、クライマー達がゴミを持ってきてくれたので、分別作業に入る。

ことしも多くのゴミが集まった。中にはタイヤを3つもぶら下げてこられた方もいらっしゃった(驚)

4時になったので、イベント開始。

Cimg1863

(イベントの様子。午後はやはり人が多い。)

今年のじゃんけん大会ではお手伝いで私もじゃんけんをさせてもらった。
なんか今年は変に強いみたいで、全員に勝って(あいこも含む)しまい、じゃんけんのやり直しを何回かしてしまった。

どうしても欲しいダウンがあったので、じゃんけんに参加すると勝ち残って、ゲットできた!
(今年の私はちょっと違うぞ!)

イベントも大盛況の内に終わり、後片付けを手伝ってから風呂に入り、F原氏のテントで晩ご飯をいただく。
大きなテントだが、9人も入るといっぱい。美味しい料理と色々な話で楽しいひとときを過ごさせて貰った。

10時過ぎに解散して就寝する。

日曜日は6時頃に目が覚める。
しばらくうだうだしていたが、6時半頃起きだして撤収準備をする。

Cimg1865_2

(台風が来るため午後から雨が降るとは思えないくらいいい天気)

ある程度準備をしてからF原氏のテントへ向かい、ちょっとしたお手伝いをしてから朝ご飯をいただく。
食べた後、片付けをしてから自分のテントに戻り、撤収作業を完了させる。

再びF原氏のテントに行き、皆さんと話をする。

しばらくするとY山夫妻が帰られ、Y寺&Y田ペア(イニシャルがYの方が多いなぁ)も登りに行かれた。

私はF原氏とFさんの話をしばらく聞いていた。(とてもためになった。)

話を聞くのが楽しくてなかなか離れられなかったが、台風が近づいていて帰りがどうなるか解らなかったので、10時半ごろF原氏達に挨拶をして廻り目平を出発。

途中の野辺山でお土産を買ったときに八ヶ岳をみたら、山頂の方は雲で隠れていた。

Cimg1867

長坂ICから高速に乗り、関西へ向かう。

途中の駒ヶ岳SAで昼食休みを取る。

Cimg1869

(駒ヶ岳SAから見た中央アルプス)

Cimg1872

(同じく南アルプス。こちらは木でよく見えなかった。)

昼ご飯を食べようとしたが、レストランもスナックコーナーも満員で食べられそうにない。

表の屋台で「ソースローメン」なるものが売っていたのでこれを昼ご飯にした。

Cimg1873

(ソースローメン)

SA内にあるコンビニでわさび入りのジンジャーエールが売っていたので購入。
まだ飲んでいないのだが、旨いんだろうか...。

Cimg1874

恵那を過ぎたあたりから雨が降り始め、だんだん雨足が強くなっていく。
道路は50km規制になっていたので、気を付けながらゆっくりと走る。

Cimg1883

途中で何回か眠くなったので、SAやPAで休憩を取りながら帰阪した。

今回も小川山クリーンクライミングに参加して、新しい知り合いもでき、とても楽しかったし、いろいろな話が聞けて良かった。

また来年も参加しようと思う。

最後にF原夫妻をはじめ、Y山夫妻、Y寺氏&Y田さん、Fさん、また一緒に遊んでくださった方々、本当にありがとうございました。

« 小川山 | トップページ | 穂高登山 1日目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488137/47279738

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山クリーンクライミング:

« 小川山 | トップページ | 穂高登山 1日目 »