フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

ヒグラシ

久しぶりにヒグラシへ行く。

出張で三田に居てたため、ヒグラシに着いたのは7時を回っていた。

青テープでアップした後、マンスリー課題を登る。

垂壁から片付けていこうと登り始め、すべて1,2撃で登れた。

他の壁へ移って何個か触るが、全然登れなかった。

宿題になっている茶色の2番に打ち込むが、前回の最高到達点と同じところまでしか登れなかった。

垂壁が空いていたので移動する。

茶色の9番に打ち込み、何度か目で終了点1手前のホールドが保持を保持するが、ムーブを起こしているときに失敗してフォール。
その後も何度か登るが2手目のホールドをうまく保持できずに敗退。

常連さんが茶色くらいの課題に打ち込んでおられたので、仲間に入れて貰う。
散々打ち込んで2手目までは取れるようになったが、3手目への乗り込みが出来ずに敗退。

よれてしまって登れなくなってきたので、9時過ぎに終了する。

2012年10月28日 (日)

シエスタ

用事をしていたら遅くなってしまったのだが、ちょっとでも登ろうと3時過ぎにシエスタへ行く。

まずはいつものように白テープ+水色テープでアップ。
約1ヶ月登っていなかったのでどうかなと思ったが、無事完登。

マンスリー課題に挑戦する。

1番から8番までは一撃出来たが、9番でつまずく。
2回触って登れなかったので、後回しにして10番へ。

10番も一撃出来なかったが3撃目で何とか完登。

コーヘー君に9番のコツを聞いたので、再び挑戦。
途中でS水氏と岩場の話で盛り上がり、その後数回打ち込んで何とか完登する。

その後11番、12番、14番に打ち込むもすべて敗退....。

気がつくと5時を過ぎてしまっていた。用事があったので終了する。

2012年10月21日 (日)

祭り

この土日に、現在住んでいる地区周辺の祭りがあった。

土曜日に家にいるとお囃子が聞こえてきたので表に出てみると、マンションの前の道をだんじりが通ってきた。

Imgp0486

家に戻ってしばらくすると、今度はマンションの裏の道を通っていたので、ベランダから写真を撮る。

Imgp0493

日曜日。10時半頃にだんじりが集結する場所まで行ってみると多くの観客がおられていて、すでに2つ(角田・本庄)のだんじりが停まっていて、3つめ(中野)が走ってきたところだった。

Imgp0501

(角田)

Imgp0502

(本庄)

Imgp0505

(中野)

中央分離帯のだんじりが曲がってくるところがよく見えるところに陣取って、だんじりの走る様を見る。

Imgp0508

(横枕)

Imgp0517

(箕輪)

Imgp0529

(今米 ここだけ御輿だった)

Imgp0542

(加納)

Imgp0558

(川田)

Imgp0575

(古箕輪)

Imgp0587

(吉原)

Imgp0604

(中新開)

Imgp0642

(だんじりが勢揃い)

すべてのだんじりが集まったので、これで終わりだと思い、御飯を食べてから自転車を駐輪所まで取りに行き、帰りに通るとだんじりがそれぞれの地区に帰るために順番に出発して行くところだったので、最後のだんじりが行ってしまうまで再び見ていた。

実家近辺にこれほど大きな祭りは無かったので、とても興奮した。
荒々しいお囃子を聴くと、とても気分か高揚するし、やっぱり祭りはいいなぁ。
(おかげで登りに行きそびれたけど...coldsweats01)

2012年10月 9日 (火)

穂高登山 3日目

今日は下りだけなので、4時頃起床する。

朝ご飯を食べてから、撤収準備をする。
途中で朝日が出てきたので「モルゲンロート」を写真に撮ろうとするが、昨日の方が綺麗だったのが残念だ。

Hodaka056

今日下山なので、涸沢キャンプ場からの風景を写真に納めておく。

Hodaka057

(奥穂高岳)

Hodaka058_3

(奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳)

7時頃出発する。来るときは横尾からのルートだったので、帰りはパノラマコースで下山する。

Hodaka059

Hodaka060

パノラマコースは眺めはいいが実は健脚コースで、結構厳しいらしい。
テントの受付をしてくれた人はパノラマコースを帰るなら9時には出発してくださいと言っていた。

パノラマコースを歩いていると名前の通りすばらしいパノラマが見られた。

Hodaka062

Hodaka063

しかし、聞いたとおり難路でもある。

Hodaka064

Hodaka065

(ロープが張っていたり、道が細くなっていたりする)

難路だが随所に景色が綺麗なところがあるのは魅力的だ。

Hodaka066

(槍ヶ岳(右端)も見えてきた。)

さらに悪路は続く。

Hodaka067

Hodaka068

(結構しんどいアップダウンもある)

Hodaka069

(槍ヶ岳が正面に)

Hodaka070

しばらく歩いて8時頃に稜線に到着。
ここでしばし休む。

Hodaka071

(気持ちのいい稜線。奥に見えるのは屏風ノ頭)

10分ほど休んで出発する。

Hodaka072

少し進んだところで屏風ノコルに到着。

Hodaka074

ここで屏風ノ耳に行くかどうかしばらく相談。
せっかくだからと荷物をデポして登ることにした。

急登もあったが空身だから楽勝。
途中の道でもすばらしい景色が見られた。

Imgp0352

(穂高方面)

Hodaka075

(サイノカワラ)

Hodaka076

(もうすぐ屏風ノ耳に到着)

9時前に屏風ノ耳に到着。

Hodaka077

ここからの眺めは最高だった。

Photo

(クリックで拡大します。)

Hodaka078

(槍ヶ岳)

Hodaka079

(北穂高岳)

Hodaka080

(奥穂高岳)

Hodaka081

(前穂高岳)

しばらく景色を堪能して下山。
屏風ノコルには9時半頃戻ってきた。
荷物を担いで出発。

ここからも悪路ほどではないが歩きにくい道が続く。

Hodaka082

Hodaka083

Hodaka084

(ようやく歩きやすい道になった。)

Hodaka085

(途中こんな木橋もあった。)

12時に新村橋に到着。

Hodaka086

Hodaka087

(新村橋)

Hodaka089

(途中で猿も見かけた。)

昼ご飯をどこで食べようかと話していたら、Yちゃんが明神近くの店の岩魚がとても美味しいと聞いたと言うことで、その店に行くことにした。

13時過ぎに明神橋に到着。

Hodaka090

Hodaka091

(明神橋)

店を発見!

Hodaka092

(嘉門次小屋)

イワナ塩焼き定食を注文したら、40分かかりますと言われたが、せっかくだからと待つことにした。(実際には30分くらいで出てきた。)

Hodaka093_2

(イワナ塩焼き定食)

噂通りむっちゃおいしかった。

美味しい昼ご飯を堪能して14時過ぎに出発。
川向こうの道は行きしに通ったので、ちょっと遠回りになるが、散策路を進むことにした。

Hodaka094

(木道が気持ちいい)

Hodaka095

(岳沢への分岐点)

Hodaka096

(水がむっちゃ綺麗)

Hodaka097

15時前にカッパ橋に到着。

Hodaka098

(カッパ橋)

五千尺ホテルの前で一休み。
ソフトクリームが売っていたので、思わず購入。

Hodaka100

しばらく休んで出発。
15:15頃、上高地バスターミナルに到着。

バスを待っていると北穂高岳で会った人と偶然会ってびっくり。

少し待ってバスに乗り、駐車場に戻ってきた。

駐車場前の店でお土産を買ったら、精算時に風呂が割引になることを聞いたので、指定された風呂屋さんを探す。

沢渡大橋駐車場の隣にその風呂屋さんを見つけた。

Hodaka101

(梓湖畔の湯)

この風呂屋は前の駐車場に停めても割引になるそうだ。
ゆっくり温泉に浸かってから帰阪する。

今回穂高岳を登ったが、景色も綺麗だったし、とても面白かった。
また北アルプスに行きたいなぁ。

2012年10月 8日 (月)

穂高登山 2日目

3時頃起きる予定だったが、なかなか起きられず、3時半頃ようやく起きる。

朝ご飯を食べてから準備をする。
今日もここに泊まる予定なので、必要な物だけリュックに詰め直す。

テントから出ると幻想的な景色が広がっていた。

Hodaka019_2

Hodaka020_6

荷物を持ってトイレに行くために涸沢ヒュッテに行く。展望台付近にはもの凄い数のカメラを持った方達がおられた。

トイレに行くとこれまた凄い行列。余裕を持って行ったので良かったが、危機的状況であの列に並ぶのはとても危険だ。

トイレから帰ってきて、展望台付近を通ったときに、朝日で赤くなった涸沢岳が見られた。

Hodaka021_2

帰ってから聞いたら、「モルゲンロート」というらしく、結構有名らしい。(知らなかった...coldsweats01
みんなはこれを撮るために集まっていたようだ。

6時前にキャンプ場を出発して奥穂高岳に向かう。

Hodaka022

(朝日に映える涸沢岳)

しばらく歩くと日が照りだし、暑くなってきたので、上着をしまう。

Hodaka023

(今日も快晴!)

登り始めた頃は周りにあまり人がいなかったのでなんで?と思っていたが、しばらくすると人が増え始めた。
(ちょうど登る人の少ない時間帯に登り始めたみたい。)

Hodaka024

Hodaka025

綺麗な景色を眺めながら、登っていく。

難所と言うほどではないが、鎖場やはしごなどもあった。

Hodaka026

Hodaka027

出発から2時間強で穂高岳山荘に到着。

Hodaka028

Hodaka029

ここで少し休んでから奥穂高岳に向かう。
ここから急に角度がきつくなり、順番待ちも発生していた。

Hodaka030_2

(奥穂高岳へと向かう登山道)

9時過ぎに奥穂高岳登頂。

Hodaka032

ここからの眺めは最高だった。

2

(クリックで拡大します。)

Hodaka031

(前穂高岳)

Hodaka033

(西穂高岳 手前にはジャンダルムが見える。)

Hodaka034

(槍ヶ岳 手前右手には北穂高岳が見える。)

Hodaka036

(いつものようバリィさんも槍をバックに記念撮影)

しばらく景色を堪能してから、穂高岳山荘まで降りる。

ここで今後の動向を少し話し合って、当初の目的通り北穂高岳まで行くことにする。

11時前に出発してまずは涸沢岳に向かう。

約15分で涸沢岳に到着。

Hodaka037_2

ここでも少しの間景色を楽しむ。

Hodaka038_2

(槍ヶ岳と北穂高岳(右側)。間に大キレットも見える。)

Hodaka039_2

(穂高岳山荘と奥穂高岳)

今回から一眼レフを持ってきて、それで撮影していたのだが、涸沢岳から北穂高岳までの悪路に備えてリュックの中にしまう。(すでに傷だらけですがweep
ここからは今まで使用していたデジカメの出番だ。

涸沢岳を出てしばらくは歩きやすかったので楽勝かなと思っていたが、少し歩いたところでその思いはぶち壊された。

Hodaka041_2

(奥に見えるのが北穂高岳)

Hodaka042_2

(ほぼ垂直に降りていく鎖場)

今回私たちは涸沢岳から北穂高岳に向かったが、同じルートを歩くなら北穂高岳から涸沢岳に向かった方が断然楽だ。
今回行った方向だと結構垂直に近い崖を降りることになり、足下が確認できずかなり怖い思いをした。(登る方が断然樂。)

Hodaka043_2

(途中で涸沢がとても綺麗に見えた。)

Hodaka044_2

(北穂高岳の南陵付近の鎖場を登るYちゃん)

北穂高岳の南陵のピークを踏もうとしたが、どうやら禁止されているみたいなので、そのまま降りて14時頃北穂分岐に到着。

Hodaka045_2

ここで少し休んでから北穂高岳北陵を目指す。

Hodaka046_2

(北穂高岳山頂はもうすぐ)

14:15北穂高岳登頂。
残念ながら槍ヶ岳は雲に隠れてしまっていた。

Hodaka047

Hodaka048

ゆっく休んで景色を楽しんたあと、14時半頃涸沢のキャンプ場に向かう。

ここの下りも途中で綺麗な景色が見られた。

Hodaka049

(涸沢カール方面)

Hodaka050

(常念岳)

ただ、このルートは景色がいいだけでなく、険しい部分が何カ所かあった。

Hodaka051

Hodaka052

Hodaka053

Hodaka054

疲れていたのでゆっくり行動する。

Hodaka055

(もうすぐキャンプ場。昨日に比べたらずいぶんテントの数が減った。)

休み休み降りて、17時半頃ようやくテントに到着。

晩ご飯を食べてしばらく話をしていたが、今日も20時前に撃沈してしまった。

2012年10月 7日 (日)

穂高登山 1日目

10/7~9で穂高を登ってきた。

6日の晩に出発し、沢渡に着いたのが3時頃。
沢渡大橋の駐車場は順番待ちの列が出来ていたので、少し戻って沢渡岩見平の駐車場に車を停める。(ここも空きが3台分しかなかったcoldsweats02)

少し仮眠を取り、5時過ぎに起床。
準備をして6時過ぎに駐車場の隣にあるバス停に移動。

はじめに来たバスはすでにいっぱいだったので乗ることが出来なかったが、次のバスで何とか補助席に乗ることが出来たので、上高地へ移動する。

6時半過ぎに上高地のバスターミナルに到着。

Hodaka001_4

ここでトイレに行ったり、入山届けを出したりして準備を済ませ、7時前に出発する。

約1時間で明神に到着。

Hodaka002_2

ちょっとだけ休んで先に進む。

9時頃、徳沢を通過する。

Hodaka003_2

(徳沢にある「みちくさ食堂」)

横尾に向かう最中で真っ赤に色づいた木があり、紅葉が始まっていることを実感する。

Hodaka004_2

徳沢から1時間ほど歩いて10時過ぎに横尾に到着。
ここでしばらく休む。

Hodaka005_2

Hodaka006_3

(横尾大橋)

15分ほど休んで出発する。

Hodaka007_2

かなり人が多かったが、ここまでの道は広かったので、歩くのに問題なかったが、ここからは道が狭くなり、順番待ちや対向待ちで自分のペースでは歩かせてもらえなかった。

11時頃本谷橋に到着。川縁だったのでここで少し休んでいこうと思っていたが、あまりの人の多さに休む場所もなかったので、そのまま通過。

Hodaka008_2

(本谷橋)

しばらく歩いて涸沢に近づいたところで視界が開け、綺麗な紅葉が見えた。

Hodaka009_2

13時頃涸沢ヒュッテに到着。

Hodaka010_2

予定では行けるようなら穂高岳山荘のキャンプ場まで登る予定であったが、寝不足のために疲れてしまっていたので、ここにテントを張ることにした。

Hodaka011_2

(涸沢カール)

Hodaka016_2

(紅葉がすばらしい)

テント泊の受付をして、パネルを借りようとしたが、とっくに無くなっていた。

Hodaka012_3

(もの凄い数のテント)

平らな場所を探してテントを張って、仮眠を取る。
私が寝ている間Yちゃんは色々と準備をしていてくれた。

Hodaka013_2

(今夜のお宿)

16時頃起こしてもらい、晩ご飯の準備。
夕食の後暗くなった道をトイレのため涸沢ヒュッテまで行くと、展望台にカメラがずらーっと並んでいた。何を撮っているかと眺めてみると、中で電気を付けている多くのテントがとても綺麗で、どこぞの夜景みたい。
それを写真に撮っているようだ。
涸沢ヒュッテから遠いところにテントを張ってしまったので、カメラを取りに行けずに残念だった。

テントに戻ってしばらく話をしていたが、19時頃に撃沈してしまった。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »