フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月11日 (月)

綿向山

年始に六甲山縦走に行ったメンバーと樹氷を見るために綿向山へ行く。

3時前に起床して準備をし、M夫妻宅へ向かう。
M夫妻宅には4時過ぎに到着。
そこでM夫妻とMちゃんと合流。

そこから綿向山へ向かうが、途中でHさん宅に寄って、Hさんをピックアップしてメンバーがすべてそろう。

綿向山駐車場が判らずにちょっと彷徨ったが、7時前に無事到着。

Imgp0964

(綿向山の駐車場)

駐車場には1台車がいただけでガラガラだった。

トイレに行ってから準備をして7:15頃出発。

Imgp0966

(綿向山へ出発。シャッター速度が遅くて写真がぶれてしまった。)

Imgp0968

(夫婦松 クロマツとアカマツが寄り添って生えている。)

Imgp0969

(まだこの辺は雪が少ない)

Imgp0974

(ちょっとどんよりしている。)

Imgp0977

(綿向山登り口 近くにヒミズ谷出会小屋がある。)

Imgp0980

(鉄の橋を渡って山道へ)

Imgp0981

(だいぶ雪が多くなってきた。)

しばらく歩くと道が雪に覆われて滑り出してきたので、アイゼンを着ける。

Imgp0982

(アイゼン装着!)

Imgp0983

(6本爪のアイゼンは初めて付けた)

アイゼンを着けて歩いてみると、驚異の安心感にびっくり!

8時頃1合目を通過。
約15分後、2合目に着いたのでちょっと休憩。

Imgp0990

Imgp0992

(まだ少し土色は見えるが、登山道はすっかり雪に覆われた。)

しばらく歩いてなんか広いところに出たと思ったら、3合目に到着。

Imgp0994

3合目から少し登るとあざみ小舎があった。

Imgp0995

(あざみ小舎)

ここは素通りして先に進み、8:45に5合目に到着。


Imgp1000

(五合目小屋)

Imgp1001

(晴れていれば景色はいいんだろうが、今日は暑い雲が垂れ込めた。)

小屋に入ってしばし休息。
休憩している間に雪が降ってきた。

小屋を出てしばらく歩くと、綺麗な樹氷が出てき始めた。

Imgp1004

Imgp1007

しばらく歩いて9:20頃7合目に到着。

Imgp1009

(行者コバで記念撮影)

しばらく休んでから先に進む。

Imgp1015

少し歩くとバリケードが作ってあり、夏道には行けないようにしてあった。

Imgp1018

(冬季以外は通ってはいけないそうだ。)

Imgp1020

Imgp1024

(写真ではわかりにくいが結構な急登)

今回はわかんも持ってきたが、登山道は踏みしめられていて、出番がなかった。
もっちはせっかく持ってきたのだからと、わかんを付けてわざわざ新雪を選んで歩いていた。
(しばらく歩いたら疲れたようで、外していたが...(笑))

Imgp1031

(わかんを付けて歩くもっち)

坂をある程度登ると、樹氷がもの凄く綺麗なところに出た。

Imgp1032

Imgp1034

Imgp1040

Imgp1042

Imgp1049

(小さな枝に雪が付いて成長している。)

9:50過ぎに竜王山への分岐点に到着。

Imgp1060

樹氷がとても綺麗だったので、しばらく写真タイム。

Imgp1062

(うちの専属モデル)

Imgp1065

(むっちゃ綺麗だった)

10時頃頂上に到着。

Imgp1066

Imgp1067

Imgp1068_2

(セルフタイマーで記念撮影。ちょっと傾いてしまった...。)

Imgp1069

(頂上有った展望図。確かめられなかったが、北アルプスまで見えるらしい。(ほんまかな?))

Imgp1071

(展望は全くなかった...。)

Imgp1072

(小さな社もあった)

10分くらい頂上にいたが、展望もないし雪も降ってきたので下山開始。

Imgp1074

私たちが早すぎたのか、登りはほとんど人に会わなかったが、下りは結構登ってくるグループに会った。

五合目小屋に寄って早めの昼ご飯を食べる。
ラーメンを食べたりして暖まってしまうと小屋から出るのがおっくうになってしまう。

ぱらぱらと降っていた雪も止んだし下山再開。

Imgp1078

(下山中)

12時頃ヒミズ谷出会小屋に到着。ここでアイゼンを外す。

Imgp1079

ここから駐車場まで歩くが、朝は凍結していて滑りまくりだった道路が少し溶けていたので、危なくはなかった。

12:20頃駐車場に到着。

Imgp1083

トイレに行ったり、登山靴を脱いだりしてから近くにあった温泉へ移動する。

永源寺温泉「八風の湯」に13時前に到着したが、満車でしばらく並ぶことに。

20分ほど待っているとようやく順番が回ってきて、車を停めることが出来た。

Imgp1084

(永源寺温泉「八風の湯」)

風呂を堪能し、せっかくだからと晩御飯(まだ夕方だが...)を食べた。
ここの料理はむっちゃおいしくて大満足!

6時ごろ出発して、Hさん、M夫妻、Mちゃんと順番に送って、自宅へ戻った。

今回初めてといっていいほど久しぶりに雪山を登ったが、とても綺麗で感動した。
今度は晴れている日に登ってみたいなぁ。

2013年2月 3日 (日)

笠置

年末からちょっとごたごたしているんだけど、時間が空いたので、久しぶりに笠置へ行く。

Yちゃんを見送ってから、9時半ごろに笠置のキャンプ場に到着。
10時ごろまでゆっくりしてから岩場へ移動する。

まだ早かったのか、岩場にはあんまり人がおられなかった。

いつものようにアップで「のっぺりカンテ」の横の岩を登る。

フィネスの岩に移動して、左端の7級ぐらいの課題を登り、「フィネス」を登る。
今回は無事に一撃出来た。

「本家笠置」も触ってみるが、何回か挑戦しても登れなかったので上流に移動する。

「親指君」のところに来たが、誰もおられず、貸し切り状態。

ちょっとゆっくりしてから打ち込み開始。

顔見知りの方(名前は知りません)と話をしたりしながら、しばらく打ち込むが、まず足を上げるのにかなり苦労した。

ちょっと疲れたので、トイレに行くと、「本家笠置」で登られている方がおられたので、ちょっと見学。
その方はムーブ限定で登ろうとされており、面白そうだったが、靴を置いてきてしまったので参加できず残念だった。

sakaさんが来られたのでご挨拶。

しばらくだべっていたが、親指君の場所に戻る。

昼ご飯を食べてから再び打ち込み開始。
「親指君」は人気課題なのでいつもならすごく順番待ちなのだが、今日は私を入れて3人だけ。そのうち1人は「豆餅」の方が面白そうと抜けられたので、2人で休み休み打ち込む。
(結局そのあとも「親指君」には2,3人来られただけだった。こんな日もあるんだなぁ...。)

1手目は問題なく止まるようになってきたが、2手目が止められない。
もう一人の方は1手目が違うので、ムーブは参考にならないが、ちょっとしたヒントをもらい、2手目が止められるようになってきた。
そこから3手目に手を出すが、何度やっても止められない。

しばらく打ち込んでいたが、2時半ごろに眠くなってきたので、しばらくお昼寝。(寒かったけど...。)

3時の音楽で目が覚めて、再び打ち込みをしようと思い、登り始めるが指が痛くて登れない。
そのあとも2,3回触ったがやはり指が痛いので、3時半前には終了する。

久しぶりの岩場は楽しかったし、「親指君」も進展があったのでとてもよかった。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »